いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
忠武路は私たちが受け付ける! 浮び上がる星'総集合'
‘俳優飢謹’という話がある。 毎年数多くの作品があふれ出るが当然な人物がなくて少数の演技者らにだけラブコールが傾く状況を自嘲的に意味する俗語だ。 その上にドラマは減るが映画分野で行けばこのような‘俳優飢謹’状況ははるかに深刻だというのが関係者たちの話だ。

ところが今年が過ぎたら監督らのこのような悩みも少しあまりしないはしないかと思う。 多くの作品に出演してはいないが抜群の演技力に次世代俳優の可能性を見せたこれらが大いに発見されたためだ。

最も目につくこれはまさにユ・アインだ。 27日現在の国内ボックスオフィス1位を占めている‘ワンドゥギ’で小心な反抗児ワンドゥギ役を担って熱演した彼は劇中キャラクターとのシンクロ率100%を自慢して青春スターのイメージを脱いで俳優で跳躍中だ。

何よりハンサムな容貌に寄り添わないで自ら引き受けた人物を研究していく姿が以後歩みをより一層期待させる。 だまされる分からないと思った神秘な雰囲気を漂う特有の魅力度ある。 ドラマ‘成均館スキャンダル’での‘コロ病’に続き‘ワンドゥギ病み’まで実現させている。

これと共に‘ただあなただけ’でソ・ジソプと恋人で演じたハン・ヒョジュも‘再発見’となったケースだ。 その間しっかりしていて溌刺とした役割を主に引き受けたハン・ヒョジュは今回の映画を通じて愛する男に向かって純情を守る女ジョンファ役を演技、胸がしびれた愛をスクリーンに再現した。

純情漫画でたった今飛び出してきたような容貌ももちろん人気要因だが彼女には数万枝感情と表情を表現やり遂げることができる知恵がある。 真剣な演技者での姿勢になった幾つにもならない20代女優だ。

そうであるかと思えば昨年新人賞をさらったソンセビョクのバトンを譲り受けるこれも登場した。 演劇俳優出身のオジョンセがその主人公だ。 彼は来る11月3日国内アニメーションとしては最初に残酷スリラーを標ぼうする'豚の王'とこれより一日前の2日予測不可能カップル誕生ストーリーを伝えている'カップルズ'で観客らを探す。

'豚の王'でオジョンセは15年前の真実を掘るために友人チョンジョンソク(声ヤン・イクジュン)を訪ねて行くファン・ギョンミンの役割で、一寸の前を予測することはできないカップル誕生ストーリーを扱った'カップルズ'では友人の友人を愛した自称'都市のハイエナ'ポンナムの役割に出てくる。 二つの映画全部彼の比重がとても大きい。

高い比重も一役するがオジョンセの活躍はこれを跳び越える程すごい。 特に‘カップルズ’では彼の存在自体が笑いポイントだ。 映画あちこちでコミカルな容貌を誇示して観客らを笑うようにする。

オジョンセのような映画に出演したイ・ユンジもやはり今年最も引き立って見える俳優中1人になる展望だ。 ‘カップルズ’中反転の鍵を握っている彼女は映画の中キャラクターを説明するために直接アイディアを出すなど活躍した。

さらに愛らしいが独特の交通警察子軟餌という人物に自身を継ぎ合わせたようにとても似ていていて驚くべきだ。 イ・ユンジでなければこの役割を誰が消化できたかと思うほどだ。 自身と最も適当な服を着たようにして卓越した選択であったという考えさえする。 また、演技に欲を出すことができる俳優なのですでに次期作に対する関心が増幅される。

この他にも‘最終兵器弓’のムン・チェウォン、キムムヨル、‘高地戦’イ・ジェフン、‘サニー’カン・ソラ、シム・ウンギョン等も忠武路を導く主役で好評受けている。 今後の活躍がより一層期待される。

[OSEN 2011-10-28 08:53] 元記事はこちらから

ss20111030-10.jpg ss20111030-11.jpg

※忠武路の新星に真っ先に名前があがるなんてすご~い^^
別窓 | [ユアイン]その他話題 | コメント:0 | top↑
<<新鋭イ・ジェフン、引き続いた新人男優賞受賞注目 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘るつぼ’に続き… ‘ワンドゥギ’興行突風>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。