いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画"ワンドゥギ"イハン監督、"ユアイン、キムユンソクに出会ったのは幸運"
"ワンドゥギは私が着実に夢に見てきた映画だ"

去る20日封切り日に合わせて出会った映画"ワンドゥギ"のイハン(41)監督は照れた顔でこう言った。

"暖かい小説は多いが、このように登場人物たちを見つめる視線が好きな作品は稀であった"というのが彼の説明だった。この監督は、シナリオ作業をしながら小説を読んでもらった時の感じを生かそうと努力した。

実は映画は小説とたくさん変わらない。この監督は"私も原作ではこれそれ変えようと努力した。もっと映画をもって、よりドラマチックに...しかし、すればするほど、他の成長映画と同じでばかりいた。ワンドゥギだけの色がなくなるのも嫌だった。ワンドゥギはンワンドゥギだけの色がある映画ということをその時悟った"

"ワンドゥギ"はこのように理解しているが、慣れていない映画。ポンハジマンポンハジていない映画として誕生した。

この作品の制作が確定し、製作陣は満場一致で、"ドンジュ先生"役に俳優のキムユンソクをキャスティングしたかった。この監督も同じだった。その後、残りの主な役割は主人公の"ワンドゥギ"。

候補に乗せた俳優は多いが、適当な俳優がなく苦心していた時に候補だった俳優ユアインに会うことになった。この監督は"実はユアインが最初から、この役割の適格者という考えは聞いた"と回想した。 "しかし、何度も会ってみるとユアインの中にワンドゥギの気質があった"としながらユアインを主演に選んだ理由を伝えた。

"ユアインが"成均館大スキャンダル"で急に大きな関心を受けたが、以前の作品たちでも演技は着実に上手にしてきた。ただ目立たないれていないだけだ"と彼の演技力にも力を加えた。

キムユンソク、ユアイン、キムサンホ。三人の俳優の組み合わせは非常に新鮮だ。俳優キムユンソクがなければ、どうだったろうか。イハンは、"もしキムユンソクの役割を他の人が引き受けたらオテトウルジ想像もつかない。キムユンソク、ユアイン、キムサンホ、この三人の俳優の組み合わせは、最高の組み合わせです。これらの俳優たちをキャスティングした私はただ運が本当に良かったようだ"と笑って見せた。

この監督は"キムユンソクは、他の俳優たちとの調和を知っている俳優だ。自分が飛ばないでも映画を際立たせる特別な才能がある。一方、ユアインは天才性がみられる"と絶賛を惜しまなかった。

前作"恋愛小説"と"青春漫画"などのメロ映画で有名な監督だが、今回の映画では恋愛感情も、十分にいかすことがなかった。この監督は"今回の映画で最も重要なことはドンジュ先生とワンドゥギの関係、そして母親とワンドゥギの関係だと思っていた。だからメロはもちろん、ワンドゥギが持っている貧困、悲惨さ、多文化の話はしなかった"と話した。

ただ観客が眺めなけれするのは"ワンドゥギ"が世の中の不満で反抗児ができていないこと。奥が深いヨルイルゴプサルイン彼が家族を眺める視線に目を合わせてくれることだけだ。

この監督は、最終的に"映画を何十回も見たが、残念な部分があまりにも多い。しかし、これまで私が撮った映画の中で残念な部分が最も少ない作品の人件費は確実だ"として熱心に物足りなさを消した。

[イートゥデイ 2011-10-26 14:06:05] 元記事はこちらから

ss20111027-3.jpg

ちょい自動翻訳妙ですが省略~
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<[インタビュー①]イハン監督が語る‘ワンドゥギ’ | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ユアインの参政権所信発言"20代の政治の話はなぜ生意気なのか" >>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。