いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ユ・アインに投げた‘軽い質問’ 2種類‘スキャンダルそして..’(インタビュー)
‘成均館スキャンダル’を通じて多くの女心を握り揺さぶったコロユ・アインがデビュー作四捨五入以後7年ぶりにまた制服をきちんと着た。 もちろん同じ年頃らどうしどうのこうのする学院物ではなくて荒っぽい愛? より一層違う。

70万部以上が売れてベストセラーランキングにモチ ハニ位置している‘ワンドゥギ’. いったい誰が本中にあるワンドゥギを実存人物のように表現できようかと思う多大な関心の中に‘反抗児’ユ・アインはフィリピン混血という地位までかぶって話題の‘ワンドゥギ’席を横取りした。

すでに広く広がったように、また、自ら認めたようにユ・アインは学生時代‘遠慮なく’反抗児であった。 反抗児の基準を誰が決めるかはよく分からないけれど彼が過ぎた歩みを見ればクダク平凡でなかったこと万は明らかだ。

自由奔放な性格に趣味が文を書くことのユ・アインは弁舌やはり優れた。 自らに対する分析、状況に対する理由、真剣な内心まで.. 映画‘ワン得が’封切り前進行されたニュースエンとインタビューでユ・アインは率直でないように率直に質問に対する返事を打ち明けた。 質問を投げれば投げるほど、返答を聞けば聞くほど負担になることはまた、初めて。 ‘最も軽く’投げた質問に最も真剣に答える彼とのインタビューはまだあやふやなことが多い。

★アイドルうらやましくない人気‘格別な自負心’

“ソンスが作ったことでしょう。 ふふ。”

ユ・アインの人気は相当する。 アイドルのように目に見えて表面に現れないのでよく感じられないということだけで分かってみればアイドルあんなに行けという。 ‘ワンドゥギ’製作報告会とマスコミ試写会当時ユ・アインのファンたちは取材陣らに誠意ある贈り物まで準備して彼を応援した。 歌謡界でない映画界ではなかなか見られない光景に驚いたことも事実.

“なぜそのように人気があったようなのか”と軽く尋ねたところユ・アインは“少し重く答えてもかまわないのか”として長く説明し始めた。 彼はファンたちと疎通する方法を確かに知っていた。

“幅が広い人気というよりは(笑い)私は割った方々がとりわけ深々と好んで下さい。 以前からそうしましたよ。 ファンの数が多くて持つ爆発力とマニア指向が多いが深さが深くなるのは爆発力が沸騰しましたよ。 事実マニアでなければ私を好んで下さるのが本当に.. なかなか容易なことではないことです。(笑い)他の俳優らに比べて本当に自分勝手にでどこへ行くかも知れなくて、それでファンたちは時々‘これを良がるべきかどうか’したりもするのにまだいらっしゃいます。 ハハ。 それが私の容貌や行動が素晴らしくてハンサムなことでなくそのまま私を面白がられることです。”

ユ・アインはファンと俳優の関係に対して“ファンたちの水準にだけ合わせて彼らが願うことだけすることも正解ではなくてまた、彼らが望むのを完全握りつぶしたまま私がしたいことだけすることでもないようだ”と話した。 ファンたちの考えよりは一歩程度先んじていなければならないことがスターだ。

“俳優も大衆芸術横打つならば停滞されなくさせることが重要なようです。 そのようにしようと努力中でしょう。 わざわざ逃げる場合もあってあの前にさっと飛んでいけばそれをまた楽しんで下さい。 当然良いです。 良いこともたくさんして。(笑い)ペンドム雰囲気自体がちょっと格別なようなことはします。 それなりの自負心もあって.. ‘私のファンたちは違って’といたずら方法の話といえば自分たちはまた、それを認めます。 こうしたことでしょう何. ハハ。”

★さく烈するようさく烈しないスキャンダル..なぜ?

どうしてもチョムディ若いスターであるだけに気になるようになるのはやはり彼の恋愛史だ。 “人気がそんなに多いそうだ”といえば“私ですか?”と反問. “スキャンダルなぜ出ないで下さい”と単刀直入に尋ねたところ何秒間言葉がなかった。

“イテウォンもしばしば行って明洞も行って街路樹の道はこの頃ちょっと気乗り薄になりました”として休息期間中歩みを伝えただけユ・アインはその他俳優らに比べて自由な魂を持っている。 だからかかっても一回ぐらいはかかったような誰かとのデートはまだ全く無消息. うわさもない。

これにユ・アインは“芸能人らと別に親しく過ごさないので..”と言葉を濁した。 もちろんスキャンダルが芸能人と国は法はないが同じ年頃俳優らと一つになって通いながら演技者の道をまた考え、故郷へ1年間逃げた転籍があるだけに俳優に戻ったユ・アインはひとまず芸能人の友人らに会うことがまだちょっと敬遠されるようだった。

“芸能人は芸能人の友人が多くなければならなくて親しくならなければならなくてそうしたのはよく分からないです。 過去に一度そのように集まって通った時これはちょっと違うのではないかと思う考えたので。(笑い)また、私に対する先入観らもあるようで.. ところで今は心ちょっと開けてみるか考え中です。 本当に。”

★ユ・アイン、ファッション、俳優、誤解

‘俳優’というものを話す時ユ・アインは最も真剣だったし最も難しかった。 彼を囲んであれこれ話が行き来するということを俳優本人が分からないことはない。 好評もあって酷評ももちろんある。 ツイッターを通じて時々苦しい内心を表わすけれどもそれに対する反応やはり分かれる。

だが、ユ・アインは自身の人生とことをとても重要だと考えていたしあるナッ有閑知識人は明らかに違う。 “顔ちょっと平坦だから自分の演技ほどほどにしてみるよ”という風土が広まったこの頃、ユ・アインやはりそのような形でデビューしたし,だから彼は本当に俳優に新たに出ている今“始める時はしたくてしたのではない”と話した。

“今はしたくてすることでどんな演技でももっとしたくなりましたよ。 問題はすればするほど演技が何かよく分からないです。 これだから幼かった時は何も分からなかったことでしょう。 演技をしてみなかった人々は本当に分からないです。(笑い)幼い時は俳優または、演技という性質を知って‘私、俳優なるよ’とする夢を持つことはできないでしょう。 しながらも分からないし今私が習いながらも俳優がいったい何かいつも悩むことになります。 どんな方向、どんな道に行かなければならないすることが最もさらに重要で難しいことなのにそれは偶然に運良くて演技をすることになった後に悟ることになります。 普通はそうします。 先輩ら中でも‘何も分からないまま三十になった。 20代に何して生きたのか分からない’でおっしゃる方々もおられるでしょう。 私はその悟りを少しはさらにはやく得たようです。”

ファッションに多くの関心を持って好むことやはり延長線上にある。 ユ・アインは“服着られないことよりは服も不自由ないのがより良いのではないか”として“以前には俳優が見せかけにだけ気を遣うと服服も不自由ないことに対する先入観があった。 まだ少しは存在するが良くなることはあったようだ”と説明した。

“‘真剣に接近しなくちゃ’と考えます。 常にあらわれる人々で私もまたあらわれる人だからどんなイメージを形成するかが重要です。 私たちの世代は自ら服を選んで着た世代です。 それで以前から関心も多かったしまた、ファッションは自ら作って自らを表現できる部分が多いですね。 それが映画ではある程度感覚になり得ます。 センス良い人は何をしても上手だという言葉あるでしょう。”

最後に今俳優としてどんな位置にあるようかと尋ねたところユ・アインは“誰も見ないので甘える友人だったら今は少しずつユ・アインの色を作ってそれを押しつけて継続して深くさせていく段階のようだ”としてさっと笑った。 まだ離して金を儲けて家買った俳優でもないということが彼の説明.

“常にさらに熱心にするべきだが今でも悪くはありません。 私の力で、私の足で階段を踏んでいて不当に誰などに背負われるのは嫌いで。 今後も自身はあります。 誰が日おさなくても。”

ユ・アインの成長期が素早く伺える映画'ワンドゥギ'という70万部が販売されたベストセラー小説を原作で世の中の陰に隠れているのが気楽なヨリョドムサルの反抗児ワンドゥギとそのようなワンドゥギを世の中の外で引き出そうとする独特の先生ドンジュ、お互いにメントイジャメンティがなった二人の男の愉快で胸暖かい話を描く。

[ニュースエン2011-10-21 08:14:57] 元記事はこちらから

ss20111022-6.jpg ss20111022-7.jpg ss20111022-8.jpg

※去年はソンス、今年は映画を通してアインの声をたくさん聞けることが嬉しい^^

これからはジフニも~;;
別窓 | [ユアイン]その他話題 | コメント:0 | top↑
<<ソン・ジュンギ、ユ・アイン誕生日パーティーびっくり登場'今年も共に' | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '成均館スキャンダル'よく金4人衆、1年ぶりに全部急成長>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。