いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ユ・アイン"'ワンドゥギ'とは'ユ・アイン代表作1番'"(インタビュー②)
俳優ユ・アイン(25)が映画'ワンドゥギ'(監督イハン)を'ユ・アインの代表作'で作りたいという欲を表わした。

70万部以上販売された話題のベストセラーを原作で製作された映画'ワンドゥギ'は世の中から隠れるのが気楽な18才ワンドゥギが彼を世の中の外で引き出そうとする先生ドンジュと互いにメントとメンティが成っていく話を描く。

ユ・アインは劇中不遇な家庭環境に勉強もできないが戦いだけは誰にも負けない反抗児トワンドゥギを演じた。 映画のタイトルロールだ。

彼は"私だけの思い出にだけ残っている独立映画を除けば私にフォーカスを合わせた作品は今回が初めてだ"として"商業映画で興行にも成功するならば'ユ・アインの代表作'でも十分に可能だ"と声に力をのせた。

"試写会見た方々が皆'とても良かった'でします。 期待ぐらい出てきてくれて楽しくて、一人だけの満足を離れて多くの方々と喜びを分けることができて幸せです。"

映画でワンドゥギは今まもなくゆがむといっても全く変なことがない不遇な環境の青少年だ。 障害を持ったお父さん、突然ぷつんと飛び出してきた外国人ママ、学校の援助を受けなければならない程貧しい家眼患頃、ここにワンドゥギはさらに勉強にも関心がない。 客観的に見るにはそのどんなのとも比較できない最悪の状況.

だが、ワンドゥギは意外に純真で早熟だ。 どんな重大な決定に先立ちお父さんの許諾を求めて、何かをするかを選択すれば狂ったようにぶらさがって陥る。 そしてその中にワンドゥギの魅力がある。

"映画素材がとても暗いうえにたくさん取り扱ったことでどのようにすれば愉快で新鮮に描き出すことができるか悩みをたくさんしました。 ストーリーはたとえ陳腐になるが愉快な視線を失わなくしようと考えましたよ。 笑いの中でも落ち着いているということを失わないで、ゆがまないでオーバーしなくしようと念を押しましたよ。"

映画にはあちこちに笑いコードが隠されている。 場面場面ごとにぷつんと触ればわっとあふれそうな'笑いふろ敷包'が存在していること。 そして観客は瞬間をのがさないで笑い出す。

"たくさん計算して精魂を込めて演技してこそ正確で虚しくない笑いが出てきましたよ。 簡単に演技しようとしなかったです。 完成本を見れば笑いが多い現場そうだけど実際にはとても真剣な中で進行されました。"

劇中ワンドゥギは自身が分けた線中にその誰も受け入れない。 友人らによって'いじめ'になるというよりは自らを自分だけの性中に閉じ込めて世の中と遊離して生きる人物だ。 これに対してユ・アインは"ひたすら自分の世界にだけ閉じ込められていたワンドゥギが自分の卵を破って世の中に向かって歩き出す姿が印象的"と評価した。

"あえて誰かを教えて習ってこそメントとメンティがなるのではないでしょう。 鋭敏なお隣りおじさんも教卓の前で悪口をならべるドンジュも分かってみれば全部師匠ですね。 たとえ10代を啓蒙しようと製作された映画ではないが撮りながら学習の姿勢を持つ方法に対してたくさん習うことになりました。"

20日封切り.

[ジョイニュース24 2011-10-20 14:52] 元記事はこちらから

ss20111020-6.jpg ss20111020-7.jpg ss20111020-8.jpg

※もしたとえ今回思うような結果が出なかったとしてもアインは作品に自信を持って満足していただろうけど、こんな風に大衆にも認められ愛されてどんなにか嬉しいだろう。代表作1番は間違いないですね! アンティークは商業的ヒット作の想い出としてよろしく・・・。
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<ユ・アイン"キム・ユンソク先輩の手を握って'追撃者'を跳び越えたい"(インタビュー③) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ユ・アイン"'ソンス'の物足りなさ'をワンドゥギ'で解いた"(インタビュー①)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。