いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ユ・アイン"'ソンス'の物足りなさ'をワンドゥギ'で解いた"(インタビュー①)
20日封切りする映画'ワンドゥギ'(監督イハン)は18才少年ワンドゥギの目に写った世の中を描く。 不遇な家庭環境に勉強もできないが戦いだけは誰にも負けない反抗児トワンドゥギは'バカ'ドンジュ先生に会いながら閉じられていた心の扉を開いて世の中に向かって一歩踏み出す。

俳優ユ・アイン(25)は70万部以上販売された同名のベストセラーを映画化した'ワンドゥギ'のタイトルロールを引き受けた。 内在した痛みと悲しみを隠して生きていく不良高校生トワンドゥギのイメージはブラウン管とスクリーンが作り出した俳優ユ・アインの姿と全く似る。

ユ・アインは'成長ドラマ四捨五入'(2003年),'西洋骨董洋菓子店アンティーク'(2008年),そして'成均館スキャンダル'(2010年)に至るまで着実に作品でさまよう青年の姿を描き出して好評を得た。 そしてもう一度'ワンドゥギ'を選択した。 今度は実際年齢より7才も幼い18才高校生の役割だ。

ユ・アインは"'ワンドゥギ'という揺れる青春の完結版"としながら"ワンドゥギは俳優の生活を送っている自分と似ていた。 非正規契約職の俳優はいつもその終わりを分からなくて不安な職業"とワンドゥギと自身の共通点を挙げた。

"私は去る6年間新人でした。 昨年'成均館スキャンダル'で人気を得たが'ユ・アインの作品'と見るには難しい感が多かったんですよ。 それで'ワンドゥギ'が良かったです。 私の中の多様な姿を見せることができましたよ。"

彼の話のようにユ・アインは'成均館スキャンダル'でコロ役で出演して大衆的な俳優になった。 狂った馬のように暴れる経た男だが愛する女性を守るための暖かい心の所有者だった彼はドラマ放映ずっと'コロ病'というニックネームを得た。

これに対して彼は"人気と認知度上昇を狙ってドラマ出演を決めたのが事実"としながらも"コロのおかげで作品選択の幅が広くなったし大衆ともう少し親密に近付くことができた"と自評した。

だが、物足りなさも大きかった。 彼は"どうしても'成均館スキャンダル'を私のドラマというには無理がある"として"放送分に出演しない日もあったし、ドラマでコロの人物に対してより一層奥深く食い込むこともなかった。 そのし終えることができなかった恨を'ワンドゥギ'で解いた"と明らかにして笑いをかもし出した。

"'ワンドゥギ'は10代を啓蒙しようとする映画ではありません。 代わりに'新しい視線'を見せます。 先生と弟子、メントとメンティという食傷ぎみである素材を陳腐でなくて新鮮に扱いました。 見慣れないがどこか必ず存在しそうな先生と弟子、メントとメンティの話でしょう。"

映画には原作が存在する。 おかげで彼は映画撮影時々原作小説を読みながら文の中のワンドゥギと映像の中のワンドゥギで形象化やり遂げる過程を研究した。

彼は"明らかに本だからさらに大丈夫なのが存在する。 テキストを映像に放てば変わる部分がある"として"映像に出てきたワンドゥギはもう少し早熟で優しかった"と説明した。

引き続き彼は"映像ではもう少し豊かになった感じを受け取るの"としながら"ワンドゥギをはじめとしてワンドゥギの学校の友人ら、家族、隣住民たちキャラクターが一つ一つ生きていて、そのキャラクターが調和を成し遂げて多彩だという気がする"と表現した。

"'ワンドゥギ'は10代を啓蒙しようとする映画ではありません。 今までたくさん扱ったメントとメンティの関係を陳腐でなくて新鮮に扱いました。 見慣れないがどこか必ず存在しそうな先生と弟子、メントとメンティの話でしょう。 この頃雰囲気見ては映画うまくいきそうです。(笑い)"

[ジョイニュース24 2011-10-20 14:51] 元記事はこちらから

ss20111020-3.jpg ss20111020-5.jpg ss20111020-4.jpg

※ようやく自分の作品に出会えたんだな^^
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<ユ・アイン"'ワンドゥギ'とは'ユ・アイン代表作1番'"(インタビュー②) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ユ・アイン、映画‘ワンドゥギ’で青春スター予約>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。