いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘ワンドゥギ’キム・ユンソク、“ごり押し感動は本当に嫌いで”
しばらく、映画監督はキム・ユンソクの顔で多様な深さの闇を見たいといった。 前作<黄海>(2010)は‘闇のキム・ユンソク’の頂点であるように見えた。 長々1年間、笑う時さえ背筋が寒くなった野獣の生きることを吹きだして“鏡の中の私の顔が私さえ嫌いな時頃”彼は<ワンドゥギ>シナリオを受けた。 韓国で映画一本を担うことができる、幾つにもならない‘ワントップ’俳優が1年目ある映画現場にプッパギョあったので、彼のわき腹をチクチク刺しまくったシナリオが<ワンドゥギ>一つだけか。

現場でもときどきさまざまなシナリオを読んだ彼は次の住みかは‘トンジュ先生’の日差し良い屋根裏部屋で決めた。 “出演を決める時簡単に‘イエス’を投げる方でない。 ひとまず長所があれば映画が行かなければならない方向を十分に検討して、製作スタッフと討論した後とても薄情に‘イエス’とする。”(笑い)薄情な(?) キム・ユンソクの心を動かしたのは、人物の現実性だった。

“すべての映画は基本的に作り出した話だからドキュメンタリーのように現実性に命を賭ける必要はないが、観客がどこかあんな人一つくらいあるだろうと、とついてくる程の現実性は必須だ。 私にはドンジュ先生が屋根裏部屋で生きるという設定が本当に楽に触れたよ。 芝居しながら自炊を長くしたので、セットがわが家のように気楽でなじんだ。”

キム・ユンソクはドンジュ先生が長い間の友人のように気楽だったとしても、<ワンドゥギ>の、ドンジュ先生は本当にまれな先生だ。 授業しようという学生たちに“学院であらかじめみな進度抜いてきては何の声か?”としてごり押し自習をさせて、基礎生活受給者弟子に支給される食べ物を奪う面白味(?)で生きる。 させることもしなかったのに弟子の離散家族対面を計画しないか、突然に夜中に訪ねてきて高校生弟子に‘カン焼酎’を薦める。

“それが良くはないか。 私はドンジュが100パーセント‘良い先生’と考えない。 ただしこの人は他の先生が行けないことは特別な才能があるだろう。 自身のからだを下げて学生たちと目の高さを合わせるということだ。 そして本人の短所を絶対隠さない。 素晴らしく見えるために、尊敬を受けるメント振舞いをするために整える人でない。 それがドンジュ先生の魅力だ。 多分<ワンドゥギ>が封切りすれば一方では‘世の中に何あんなめちゃくちゃの先生がいるか!’として怒る観客もあることだ。 100人が映画を見て100人全部‘ドンジュ先生良いです’という声を聞きたくなかった。 それは現実ではないから。”

図式的なメントナ明るく素敵な師匠で飾らない代わりに、彼は‘ドンジュ先生’に自然人キム・ユンソクの経験を代入することによって現実性を満たした。 “やさしいと考えた。 もし私が演技者志望生を教える先生だったら、果たしてその子供たちに何の話をしたのだろうか? 自活力だ。 どんな誰に会っても自身の色を表わすことができる自活力. 一言でライオンが絶壁に子投げて置いて私の力に上がってこいと教える方式だ。”

彼の指針は容赦ない。 “どんな俳優がパク・チャヌク、ポン・ジュノ、ホン・サンスのような名監督に会った時はあきれるように上手にして、他の現場ではめちゃめちゃになる? そうしてはいけないだろう。 どんな現場、どんなスタッフ、どんな相手俳優と共にしても私の色をよどみなく表わすことができなければならない。 多分ドンジュ先生がワンドゥギをはじめとする子供たちに望んだのもそのような自活力そうだと考えると先生演技が楽になった。”

ここで少しの間、キム・ユンソクの‘気楽だ’という話にうっかり安心してはいけない。 もちろん<ワンドゥギ>の、ドンジュ先生は今までキム・ユンソクが演技したキャラクターをあわせて最も‘キム・ユンソク’のように見える目つきと語り口、手ぶりを見せる。 瞬時見るには精巧に整えて色を塗った感じが殆どない。 ワンドゥギとドンジュ先生が感情を‘ぷつんと’さしつさされつする場面を見ていようとするなら、キム・ユンソクとユ・アインが閑静な公園でしゃべってキャッチボールをして遊ぶ光景が思い浮かぶ。

だが、そのすべての安らかさはキム・ユンソクが<ワンドゥギ>出演を“薄情にイエス”して以来、最後後詩の録音をする日まで徹底して調整した感情だ。 “この映画を説明する時、‘ヒューマンドラマ’という。 人間味と感動を入れた話. こういう映画で繊細な表現が生きていなければ、そのまま終わりだ。 個人的には一方的に強要する感動は…本当に嫌いだ。 感動を強要しないで観客を滑らかに映画の中に招く最高の妙策は科しなかった生活コメディと考える。

暖かい笑い、この感情船を調整するのが本当に容易ではないことだ。 そして最後にこの映画が感動的であると言う自画自賛のわなに陥らないように、作る人皆が徹底して冷静にならなければならなかった。”キム・ユンソクは現場でスローガンのようにこういう話をしたんだ。 “美しいメロ禁止、ポシャシ禁止、トッピング禁止、人工甘味料禁止、パステルトーン禁止、素敵な対四頭節以上禁止!”(笑い)

<ワンドゥギ>が感動を強要しないながらも胸一角を暖かくさせる、笑いを乱発しないながらも気持ち良く笑うことができる映画になることができたのは、理性的なキム・ユンソクの感情調整のおかげだ。 キム・ユンソクはこの鉄則を人生のメントらに学んだ。 “芝居した時期に色々な演出家師匠らに会いながら客観的に演技を眺める視線ができた。 ある師匠様がおっしゃった。 演技が上手なためにせずに、正確にしろ。 ‘上手にする’という観客がする評価であって、俳優がたてる目標ではない。

その漠然とした目標にどういう方法で到達するだろうか。 演技を‘正確にする’と考えれば表面のかっこうに陥る余裕がない。 それで私も後輩らに話す。 男は素晴らしいことしなくて、女は美しいようにだけしなくても、すぐにその瞬間演技が二倍以上良くなると!”(笑い)短い演技授業だけでも核心がズボズボと届くのを見ると、彼は‘メント’の資質を持って生まれたようだ。

カメラの前ではなくてカメラ後から冷徹で理性的な演出で俳優らを訓練する姿も想像してみるとすてきに似合う。 “監督? ハハ。 合う。 考えてみると幼い時は俳優になることとは夢にも分からなかったが、映画監督になりたいという夢はあった。 そうだな。 クリント・イーストウッドおじさんのように演技と演出二つとも立派に並行できるならばしてみるだけのことはあるだろう。 そうする時が自分にも来ればことだろう。 ところで果たして来るか? 分からない。 まだ。”(笑い)

[ムービーウイーク 2011-10-07] 元記事はこちらから

ss20111016-11.jpg ss20111016-12.jpg ss20111016-13.jpg

※アインはキムユンソク氏からたくさんのことを学んだことでしょう。素敵な演技先輩に出会えたことも財産^^
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<「ワンドゥギ」ユ・アイン、キム・ユンソクの恋愛メントなる! 100%キス秘法伝授! | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 男、男に会う..‘ワンドゥギ’キム・ユンソク&ユ・アイン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。