いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ワンドゥギより私がさらに反抗児です
‘ワンドゥギ’主人公ユ・アイン

障害お父さん外国人ママ置いたワンドゥギの傷・苦悩に同感
演技ために高校1年の時辞退
明らかでない俳優なりたくて


-文を書くのが好きだというでしょう?

“文を乗ってどこでも行くことができるからです。 最近‘容認’という詩を書いたが、‘容認は狂人という話を恐れてはならない。’何このように始めます。”

-狂人…?

“感受性あふれる人が外部の視線に感受性が萎縮してはいけないというんです。”

誰かは彼のあの感受性を‘虚勢’で代えた後、‘俳優ユ・アイン’を覗いて見る余地を閉じる。 ケーブル放送に出てきてぞんざいな言葉混ざった語り口などを見せた破片的な姿を‘礼儀をわきまえないということ’でざっとまとめることだ。

“そういう話ら同意します。 そのような部分が私にあって立つでしょう。 だが、そうとばかり見るのは不適当です。 誰も一つの姿だけあるんじゃないですね。 私中に相反した姿もあって。 また、私がそのように場合がないことでもないよ。”

彼の率直な言動は時には‘若い友人の反抗’という視線と触れ合ったりもする。 演技のために高等学校1学年の時自ら退いた彼の‘選択’までこのイメージに積み重ねてしまう。

“私たちの世代をとても美化するのか分からないが…. 当然でないシステム、マンネリズムに対して何か話せば‘稚気幼い反抗だ、反旗を翻す、お前らはよく分からない’といいます。 こういう考えもします。 理解と同意を求めなければならない側はいつも子供たち、青春入れなければならないか? この前私のツイッターにこういう文を書きましたよ。 ‘嶺湖南を分けて南北を分けて左右色で世の中を分けたのが子供たちか?’”

彼は事実‘表面のかっこう’というものも“私が追求する洗練さではない”といった。

“美しい人が美しいふりをしない時さらに美しく見えて、権威ある人が権威を下ろす時権威が与えられるように、素晴らしく見えようとしない時さらに素晴らしいというのが私考えでしょう。”

それと共に彼は“かえって規則性、パターンが見えない、何をするのか明らかに見えない俳優になりたい”とした。

彼が選んだ映画<ワンドゥギ>(監督イハン・20日封切り)はユ・アイン(25)に対する色々なイメージの膜を取りはらいてものさびしく‘俳優ユ・アイン’でまた見るようにする作品で記録されるだろう。 ‘コロ病’ができるほど人気を呼んだドラマ<成均館スキャンダル>の後続作で、フォームを作る男でない‘かわいそうなワンドゥギ’だなんて。

-次にはこういうのを選ぶだろうという規則性を破られたよ。

“背信と離反の楽しみ?(笑い)”

<ワンドゥギ>はキムニョリョン作家が書いた同じ題名のベストセラー小説が原作だ。 屋根裏部屋に住むワンドゥギはせむしお父さんとフィリピン出身お母さんを置いた、成績が底辺の高等学校2年生だ。 ‘こいつトワンドゥギ’で呼んで干渉する担任先生‘ドンジュ’(キム・ユンソク)をチュギョダルラゴまで祈るが移住労働者のために努める彼を見て心が少しずつ開かれる。 ないと思ったママまで現れたワンドゥギが生きていく希望を抱いてみる。

去る14日閉幕した釜山国際映画祭で上映する当時外国記者たちが涙を拭くほど温みがにじみ出る。 映画ずっと愉快な笑いも流れて多文化、教育、疎外された隣などの問題を入れた映画の器が重くない。

-この作品、何が引かれたでしょう?

“ワンドゥギの早熟だ。 自分も分からないまま早く成長することになったワンドゥギが悲しく見えました。 貧困、障害者お父さん、外国女性ママ…. 途方もない苦痛と悲しみ、苦悩を体験しながらあのように早く成長することになったことでしょう。”

最近ソウル市内カフェで会ったユ・アインは“ワンドゥギは私の学生時代と符合した友人”と話した。

“出た学校を止めて、この子は止めなかった小心な反抗児ではあるが。 シナリオを見ながら出てきて同一視される人物でした。 ところでワンドゥギは優しいです。 ママを初めて見ても怒らないで‘韓国語上手にしますね。 ラーメン召し上がって下さい’というでしょう。”

ユ・アインは“各を捉えた<成均館スキャンダル>の‘コロ・ムンジェシン’よりワンドゥギが私にははるかに気楽で自由だった”とした。 もちろん心配もあった。

“このように弛緩した配役に会ってござを敷いてくれたが、まともに遊ぶことができなければどうしようか。 遊び場で砂だけ波高座っているのはでない街ですって。”

だが、ユ・アインは反抗と孤独だということの境界にソン・ワンドゥギの感情船でさ迷わない。 ‘演技メント’になったキム・ユンソクは解き放した担任先生役を担って演技の丈夫さを見せてくれる。

彼はこの作品が“回って回って(ここまで)来た私の人生が証明受けて認められる作品になったら良いだろう”とした。 彼と別れる頃、検定試験を経て大学に行った理由を尋ねた。 “今でもインターネット コメントを見ればまぬけで自ら退いただろうという方がいます。 いやということを見せてあげたかったんですよ。 また、高等学校卒業証書程度はなければならないのではないかと思って。”

時には私たちが誰かの仕方なかった選択を自分の便宜部隊で裁つ‘固定観念のパターン’に閉じ込められるのではないのかという考えがふとかすめて行った。

[ハンギョレ 2011-10-16 20:23] 元記事はこちらから

ss2011016-7.jpg ss20111016-8.jpg

※釜山国際映画祭で記者さんも泣いただなんて嬉しいな^^
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<男、男に会う..‘ワンドゥギ’キム・ユンソク&ユ・アイン | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 青春スター、史劇上手にすれば自ずと再照明.. 'トップスター登竜門'>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。