いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
"カメラがまわる時はあらゆる事を放棄できて"
"芸能人だから放棄できない部分が明確にあります。 だがカメラがまわる瞬間あらゆる事をみなあきらめることもできそうです。 私がこわがったがその瞬間だけは恐ろしくありません。 極端に言って死ぬこともできそうです。"

俳優ユ・アインは真剣にある単語ある単語きちんと話した。 来る20日封切りする映画'ワンドゥギ'で主人公ワンドゥギ役を担ったユ・アインは13日ソウル、三清洞のあるカフェで行ったインタビューですべてのことには"態度と視線"が重要だと話した。

ユ・アインは2003年成長ドラマ'四捨五入'を通じてデビューした。 '結婚できない男'(2008)を経て大きい人気を得た彼は'成均館スキャンダル'(2010)を通じて大衆スターで位置づけた。

映画は2007年'良いではないのか'に出演して縁を結んだ。 美男が大挙登場する'西洋骨董洋菓子店アンティーク'(2008)を経てチャン・ナラと出演した'空と海'(2009)に出演したが、ドラマのように'大当たり'をさく烈させられなかった。

そのようなユ・アインが'大当たり'に挑戦する。 今回は映画'ワンドゥギ'を通じてだ。 キム・ユンソクと呼吸を合わせた'ワンドゥギ'という師弟の間を媒介に多文化、教育問題など社会全般をおとすスペクトラムがかなり広い映画だ。 第1回チャンビチョンソニョンムナクサンを受賞したキムニョリョンの同名小説を踏み台三隠この映画は107分の上映時間の間軽快な足の動きを維持する。

現実より8才も幼い役割をする気持ちに対して尋ねると"負担になったりしたが、人々が考える私の進路を破りたいので挑戦した"という言葉が帰ってきた。

"'成均館スキャンダル'以後の人々の期待値があるでしょう。 ところでそのようなイメージを破ればさらにおもしろいそうだと考えました。 '演技変身'そのような大層な話よりは人々が考える当然の順序に従わなくなりたかったです。 何かに閉じ込められたくなかったんですよ。 そのような時点に'ワンドゥギ'シナリオに会うことになりました。"

高校生役割をしながら自身が高校時代に感じた思い出のしおりを生半可に持ち出しはしなかったという。 現実の風景を入れようと'今'学校に通う学生たちと会って彼らの感性を感じようと"努めた"とする。

"この頃子供たちは本当に個人的です。 私たちの時は皆同じく食べて、皆同じくしゃべったが、この頃は何でも一人でする場合が多いです。 皆一人で何かをしながら各自の好みを尊重する雰囲気です。 考えるのも明確だったんですよ。 私どもの世代とは非常に他の風景なのに、そのような文化がうらやましかったです。"

'ワンドゥギ'というその間韓国映画にたくさん登場しなかった多文化を基盤とするが新しい内容ではない。 悪口は降り注ぐが擦れ違う学生を教え導く心優しい教師が登場するなど古い設定が映画あちこちに根をおろしている。

ユ・アインは"シナリオがおもしろくはなかったがよく読まれた"として"明らかに流れる側面があるが、話に対する態度と見解が良くてこの作品を選択した"とした。

"愉快ながらいかにも強情そうでなくて、安い笑うことがありませんでした。 大きい話がなかったが小さいプロットらの連結をついて行くには無理がなかったです。"

映画で高校生の役割を消化した彼もやはり疾風怒涛の時期を経た。 通常の学生たちのように朝起きたくなかったし、授業時間を退屈だといった。 しかし彼が他の学生と違った点は"とても嫌いならばなぜ通って"という根本的な質問を投げたとのこと。

"'嫌いならばなぜ通って'という質問を私自身に本当にたくさん降り注ぎました。 当然であるように広がることに対して私は幼かったときから今まで'なぜ当然なのか'として質問を投げたりしましたよ。 それでも'ワンドゥギ'のように空回りしはしなかったです。 勉強をできないこともなかったんです。 社会的、さらに政治的な人間でした。"(笑い)

彼は高校時代地方で芸術高を通って芸能人になりたくてむやみにソウルに上がってきた。 芸術高に通ったが、面白みを感じられなかった。 それでご両親の反対を押し切って学校を止めた。

"演技をしてみないで演技が何か知らずに、俳優にならなく見えて俳優が無言紙は分からないでしょう。 その時は俳優がそのまま素晴らしくて尊敬を受ける職業そうに見えて良くなりたかったです。 俳優は初めに顔ハンサムな子供たちならばある程度はできることじゃないの。 人物が'平坦な'友人がうっかり芸能人になるように、私もそのように芸能人になった場合でしょう。"

しかし本来'四捨五入'で俳優の道を歩いてからは"どんな俳優になる?"という質問が"本能のように"浮び上がったという。演技をしながら説明することはできないどんな壁にあたった。 "ぼうっとした状態"が持続した。演技に対する興味を失った彼はむやみに故郷へ降りて行った。 考えなければならなかった。 そしてその考えの結果は低予算独立映画'私たちに明日はない'(2007)の出演につながった。

"その時習は俳優と言うなら、嬉笑した存在、代えることはできない存在にならなければならないと考えました。 そして20代始めには芸術に心酔していたりもした時期でした。 何か方向を模索しなければならなかったし、その摸索の答案がすぐに独立映画でした。"

しかし直ちに生活する者の困窮するということが彼を訪ねてきた。 '四捨五入'以後で広告する方とったことがないという彼は20代始めを経済的、心理的底辺で送ったという。

"俳優になる"という決心をした以後にはあらゆる事を自身が責任を負った彼はいくら難しくてもご両親に手を借りなかった。

"地方出身がソウルに上がってきて一人で生活するのが容易でないでしょう。 家賃も押されてガスも切れましたよ。 一年にそんなことがずっと反復されました。 時々出演料を受けても放蕩にその金を使ったことのようです。 いくら難しくてもご両親には絶対頼らなかったです。 そのような'独立的な態度'が今の資産になったようです。 'やヨン曳航するのだ、ママ助け必要なくて、私の人生はママが責任を負わなくても良くて'とはでに話して家を出ましたね。 ところでどのように頼ります。(笑い)その間難しいことも多かったがそのような経験がみな良い資産になったと考えます。"

同年輩の俳優中に注目するほどの俳優がいるかとの質問に彼は"'番人'の"イ・ジェフン"としながら"その映画を見てしまったと思った。 あんな映画に出演するべきだったのに…"と惜しんだ。

持って生まれた才能があると考えるかとの質問には"運命ということ信じる"として"モーツァルトになりたいことでサリエリになりたくはない。 ある程度の才能はあるようだ"として笑った。

[聯合ニュース 2011-10-14 05:43] 元記事はこちらから

ss20111016-3.jpg ss20111016-4.jpg

生まれながらの天才モーツァルトかあ^^
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<BIFF熱したソ・ジソプ・ユ・アイン・チャン・グンソク、興行展望は? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [スターインタビュー]ユ・アイン"カメラ回ればキム・ユンソク先輩と同級">>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。