いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘ワンドゥギ’ユ・アイン、“世の中で一番かわいそうな奴”
ユ・アインはなぜ<ワンドゥギ>を選択したのだろうか? 誰でも彼に会えば一番最初に投げる質問といった。

“2010年冬だったことだ。 ドラマ<成均館スキャンダル>(KBS2)をちょうど終わらせた直後、<ワンドゥギシナリオを受けた。”やっと追い落とした制服を26才になってまた着ることに決心した若い俳優の深い悩みは彼が<ムービーウィーク>で直接使って送った二通の手紙(496号と497号連載)に詳細に記されていた。 それにもかかわらず、インタビューは“いったいなぜ?”という答で始まった。

“<私たちに明日はない>(2006)のジョンテのために俳優ユ・アインを注目し始めた人々は<成均館スキャンダル>が‘背信’とらした。 君は‘その道’に陥ってはいけないと。 <ワンドゥギ>で私道を探して幸いだと。 <成均館スキャンダル>のコロのために俳優ユ・アインを見守り始めた人々は<ワンドゥギ>が‘背信’といった。 どのように脱いでしまった制服なのにまた着るか。 ずっとコロのように素敵なキャラクターを見せてくれと。”(笑い)

子役俳優で演技を始めて8年. <成均館スキャンダル>は彼に“少し平安なことは俳優の人生と少し具合が悪くなった人間の生”を全部投げかけて離れた。 ユ・アインはその残像をはね除けたかった。 “心の声に耳を傾けた。 今は小またに速く歩いて浮かれ出ることより遅れて重くて手にあまるかも知らないが大きい一歩をふまなければならない時という気がした。”それと共にユ・アインはじっと目を合わせてとんでもない話をした。 “その考えながら私が本当に哀れだった。 私、哀れなのではないか?”

哀れだ。 この感情は彼が<ワンドゥギ>を置くことができなかった決定的な理由だ。 “瞬間的に人気にうっとり酔って横行してふざけてもかまわないが、私はそうできない性格ということを悟ったことだ。 反対に他の人々ならば1ヶ月10日を部屋のすみに閉じこもって涙で夜を明かすほどの苦痛が近づいてもすっかりはまって痛く感じることができない。 私はなぜこのようにあくどい人になったのだろうか? かえってその悩みのために苦しんでいるところに<ワンドゥギ>に会った。 世の中に。 こいつ、私と全く同じじゃないの? 世の中に。 このようにかわいそうな奴があるとは。”

世の中で一番かわいそうな置く。 <ワンドゥギ>で‘ワンドゥギ’が自身を描写した言葉だ。 表面的にワンドゥギである‘不遇な家庭環境’と表現できる大部分の要素をもれなく整えている。 障害を持ったお父さん、世の中に生まれてからいくらも経たない血塊を捨てて離れたフィリピン出身お母さん、幼い時期から自然だった貧困、本当に付けるところない学校生活等等. だが、ユ・アインにはこういう外部的条件が重要ではなかった。

“それは表面的な不幸だ。 本当に不幸は個人がその不幸を受け入れる方式だと見る。 こいつはみな受け入れる。 孤独なことも、悲しみも、苦痛も、喜びまでも。 その感情らを胸の引出しの中にきちんと入れながら特別そぶりを見せない。 よく鉄がはやく聞いたという。 ところで考えてみよう。 やっと18才にそのように物心つこうとするならどれくらい大変な時間を過ごしたかもを。”

ユ・アインの目じりにはしばらく水気が膨らんだ。 “エゴ、下手すると私たちの映画がこんなにまで重いとは誤解するだろうね。”フフッと笑って話を回しながらも、彼の声はしばらくぬれていた。 “結局私は‘ワンドゥギ’を演技したことでないようだ。 その子供から発見した私を演技したのはかもしれない。”が話やはり重要だ。 <ワンドゥギ>でユ・アインはなぜこの映画にもう会ったような程、あきれるようにワンドゥギを理解して表現して出す。

ユ・アインは本能的に演技する細胞を持って生まれた俳優のようだ。 特に彼が相手と呼吸して反応する‘リアクション’ではその才能がきらびやかに光る。 “ばれたようだ。(笑い)リアクションが私の演技の全部かも知れない。 こういうパターンを‘ユ・アインの色’と良く評価するならば感謝するが、あの子は常に‘私のもの’だけすると批判することもできる。 私はまだ私を劇中に放つ演技が気楽だ。

大部分新人俳優がそうだ。 少し特別な個性を吹きだすことだけでも三,四作品は耐えることができる。 いつかは観客がその個性を食傷ぎみがる瞬間が来るだろう。 ただしその瞬間が<ワンドゥギ>ではなかったら良いだろう。 もう少し私を興味深がって魅力的に考えて、リアクションだけ上手にしてもかなり上手にすると称賛すれば良いだろう。”(笑い)自身を明快に把握しているこの若い俳優は現場でも‘好き嫌い’を明快に伝達するほうだ。

<ワンドゥギ>では‘メント’キム・ユンソクとひと声で“うじゃうじゃとうごめく過剰感動、マン質マンしたにせ物希望は絶対辞退!”と叫んだ。 “世の中に具体的な希望ということがあるか? その上まだ20才もならない、粘り強い不幸の中に鍛練された子供に? 絶対反対した。 もちろん商業映画として観客に親切にメッセージを伝達しなければならない義務もある。 だが、野球でまた希望を探したワンドゥギとは。 とても嫌いだった。 この映画を置いておきたい程嫌いだった。 イハン監督様に申し上げた。 非現実的で、きらきらする未来はならないと。”

結局<ワンドゥギ>の結論は変わった。 ワンドゥギを囲んだ現実は変わらない。 代わりに少年は同じ現実の中で笑う方法を習う。 “映画の中でワンドゥギが初めて笑う場面を最も最後の撮影の日に撮った。 キックボクシング スパーリング相手にコンおかゆになるべく殴られる場面だ。 コンテで見た時は変だった。 苦痛だがなぜ笑うだろう? ところで24時間殴られて知ることになった。 そのように合えば本当にパッと明るくゲラゲラ笑うことになる。 身体的作用は直接経験せずには本当に分からないことだ。”(笑い)

<ワンドゥギ>を終わらせたユ・アインはこの頃ぐんぐん俳優の‘身体的準備’に対して苦悩中だ。 “事実<ワンドゥギ>で体で表現する場面は障る部分が少ししてから。 切って付ける編集技術では限界がある。 本当に私のからだが現実的に反応してこそ本当にその人物のように見える。 こういう考えたところに<ラ ビアン ローズ>(2007)を見た。 ア…、話す言葉を失った。 あの境地に到達する俳優の前で映画何便とったと私も俳優ラプシで押し切ってはいけない。”

彼は毎日毎日覚醒中だ。 巻きこまれないで私を守る方法も悟って、俳優としてからだを使う方法も悟って、事実酒を嫌うという衝撃的(?) 事実も悟っている。 次期作で彼が見せてくれる演技を期待するほかはない。 ここに大きいフックあるバンイ追いついた。 “これから毎度この映画が遺作だと考えようとする。 そのような作品に会えばはるかに良くなるようだ。”やはり熱い青春は恐ろしい。

[MOVIE WEEK 2011-10-07] 元記事はこちらから

ss20111010-9.jpg

※せっかくイイ記事も自動翻訳で妙ですが・・・。アインが選ぶ作品を今後も楽しみにしています。

ワンドギ、アイン記事追っつかないなあ。。。
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<[スターインタビュー]ユ・アイン"カメラ回ればキム・ユンソク先輩と同級" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [‘ワンドゥギ’ユ・アイン エッセイ] “私はこいつ! トワンドゥギだ”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。