いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘ワンドゥギ’ユ・アイン、“私は相変らず血塊新人俳優”
ユ・アインが<ワンドゥギ>を選んだのは、‘世の中で一番かわいそうな奴、ワンドゥギ’が自身と恐ろしいほど似ていてからだった。 とても痛ましくてまったく引き離すことはできない人物の中に、青春スターと新人俳優の間、そのどのあたりで裕福だった26才青年ユ・アインはこつこつ歩いて入った。

その激しい悩みの過程をユ・アインが直接<ムービーウィーク>に手紙に書き送った。 単語一つ、文章一つに考え深い青年の悩みがたっぷりある。

<ワンドゥギ>シナリオが手に握った時、インターネットには真っ最中‘コロ病症候群’どうしてする記事があふれ出ていた。 ドラマ<成均館スキャンダル>(KBS2,2010)が終わった直後であった。 人気や認知度どれ関係なく中途半端なまま、7年を俳優で生きてきた芸能人にそれだけ幸せな時間がまたあるだろうか。 少しの間は純真に陶酔して肩に力もちょっと与えてそれで良かったが。 あがる道はどこでおりて行く道はまた、どこか測ろうとすれば気をしっかり持たなければどこにホイップ伴われるかも知れない時だった。

私は正確に私が体験した時間と経験ぐらいだけ、粗野に訪ねてきた人気を理解してまた恐れていた。 それだけすりへったまま‘ワンドゥギ’に会った。 映画だ。 それも17才少年とのことだ。 せいぜい成人演技者のタイトルを付けたが、この子供は初めて演技を始めて引き受けたドラマ<四捨五入>の‘アイン兄さん’より幼い友人だ。 俳優の運命は本人の意志と関係がなく定義されてまた、そのように流れているようだ。 私は子役イメージを脱ぐことが出来ない青二才俳優であり、メディアは‘コロ’キャラクターこそ成人演技者での真の発足とかなんとかする食傷ぎみである言葉で私の運命を導いていきつつあった。 もしかしたらワンドゥギが当時私に向かった目らの期待と予想を裏切りながら、同時に私がそれらを追い落として超然とするようになるように助ける必然的な選択だったかもしれない。 私にはそのような状態が切実だった。 無名の俳優は人生を耐え忍ぶ各自の方式がある。 私には外界でムォラドゥン“個人の省察と成長がさらに重要だ”としてふんぞり返ることがその方法だった。 ‘そうだ、こぼしてしまおう’と決心した。 そして監督様と製作会社代表様との初めてのミーティングでワンドゥギに出せと脅した。

運良くもここまでひっくり返ってきた。 封切りが目の前だ。

インターネットが沸きかえると有名劇場に扉だけあるポスターが掲げられ始めた。 インタビューいくつかを終わらせて、ファンたちの反応を調べて、何週残っていないマスコミ試写や釜山国際映画祭考えに胸がむずむずとする。 以前にはまぬけに行き過ぎてきた瞬間が今度はかなり鮮明なグラフに連結されて目の前に繰り広げられるのを見ると欲がちょっと出ているようだ。 これから告白したかった。 それでこそこの見慣れない負担からちょっと自由になりえると考える。

‘完ぺきにかわいそうな奴’映画<ワンドゥギ>に登場する台詞だ。 世の中にちりんと二ある家族とは障害を抱いているお父さんと叔父. 裂けるように貧しい基礎生活需給対象者と学校で需給品で受け入れる‘初物の半分’にタマゴも贅沢なラーメン一つ沸かすのが日常だ。 全く分からないまま生きたお母さんはフィリピンから来た外国人労働者だよ。 青天の霹靂だ。 家問題で頭腐らせるのも足りなくて、学校では担任ドンジュの行き過ぎた関心に狂ってしまう状況だ。 いったいこの子供はどこまで哀れなことができるだろうか。 <ワンドゥギ>のシナリオを半島まだ読まなかったが、私の初めての映画<私たちに明日はない>(2006)のジョンテが浮び上がった。 幼い時体験した事故で睾丸が一方しかない、いんちき宗教に陥ったお母さんを置いたやはり裂けるように貧しい子供. 総一袋持てば世の中に勝つことができることという分別がなくて雲をつかむような願いを抱いた、過去の少年を思い出させて運命の中でまともに苦闘一度打つことができないワンドゥギがさらに胸がしびれるように近づいた。 手にあまる人生の重さを全て私のものに受け入れて静まった少年. それがワンドゥギだ。 憐憫という3人称の視線でなく全て個人の不幸の中に入ってワンドゥギの荷物を私が担うことができるだろうか。

ワンドゥギの世の中をみな覗いて見る前に、精神的苦痛より肉体の苦痛が先に訪ねてくる。 アクションスクールでの訓練が始まったのだ。 ワンドゥギの脱出口はキックボクシングだ。 本来一度も吐いたことなしで飲み込んだ苦痛がはじめてキックボクシングを通じてワンドゥギの肉体であふれる。 目二個には一日が遠いといって血豆が座る。 私は毎日のように半日を野球練習と体力訓練、ボクシング練習に送った。 こういう訓練が初めてではなかったのに色々なインタビューで明らかにしたように、運動は適性ではなかった。 一度は監督様に糾弾をするに至った。 “なぜ映画の中の青春は音楽でなければ運動しか突破口がないか”で。 半分は不平で、半分は真心だった。 三月を近く満たすとふるい大入試生ができた。 足の裏にタコがうすくしみこむ時ぐらい<ワンドゥギ>撮影が始まった。

常に私がまた映画を出来ないのかも分からないと考える。 毎度映画が劇場で下される時ごとにそうした。 前作が下された後には感情よりは現実的不安がより大きく私を押さえ付けた。 私はキャスティングするのに十分に負担になる俳優になっていた。 <空と海>(2009)が封切りしたのも、すでに2年近い時間が過ぎたようだ。

だが、相変らず血塊の新人俳優で私はまた、現場に立った。

[MOVIE WEEK 2011-09-23] 元記事はこちらから

ss20111010-4.jpg ss20111010-5.jpg

MOVIE WEEK記事続けます~
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<[‘ワンドゥギ’ユ・アイン エッセイ] “私はこいつ! トワンドゥギだ” | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [ビハインドストーリー]ハプニング天国釜山、ムン・チェウォン、ユ・アイン、チャン・グンソクにどんなことが?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。