いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ワン得が'ユ・アイン'ソンス'コロよりすばらしかった、学生時代反抗経験おかげ?
俳優ユ・アインが"全てのものにさまよった学生時代が'ワンドゥギ'に多いに役に立った"と話した。 その間の作品でも模範生よりは反抗的なイメージを主に見せた彼は'ワンドゥギ'でも反抗的気質を持った高2学生トワンドゥギに変身した。

ユ・アインの新しい顔、トワンドゥギは不遇な家庭環境に勉強もできないが戦いだけはその誰にも負けない学生だ。 コプチュインお父さんと知的障害を病む叔父を触るのが嫌いで世の中と背を向けて生きるがお隣り隣であり担任のドンジュ先生(キム・ユンソク)が介入し始めながら人生が変わる。

反抗的な役割をたびたびしたおかげで今回の役がやさしかったかも知れない。 だが、それよりは学生時代本人も反抗児であった時があるので今回の演技に多くの役に立ったと話す。 ユ・アインは"すでに多い所で記事化されて知らされたが全てのものにさからった時期があった"として"だが、そのおかげで'ワンドゥギ'に会ってとても役に立ったようだ"と回顧した。

映画の中でユ・アインは涙を流して、大きく一度笑ってみて、荒っぽく愛して、キックボクシングをしたりもする。 アクション、メロ、感動まで幅広い演技領域を全部見せるわけだ。 その中ともすると走って、パッと触ればげんこつを突き出すなかで肉体的にも大変な点が多かった。 しかしユ・アインはキックボクシングを習ってたくさん合うシーンを演技したことに対して気楽だったと話した。 彼は"合う演技がさらに気楽だ。 見る方々が感じられたかも知れないが殴らないで合うのにそれがさらに痛快で解消される部分があったよ"と楽しかった撮影所感を明らかにした。

だが、劇中フィリピンの母親を置いた混血児で出演する理由に深みのある表現に限界を感じたという。 ユ・アインは"事実混血という事実を知ることになった時10代高校生には大きい混乱だ。 その感情を深く表現するには自分自身に限界があったのではないかという気がする"と惜しい点を告白した。 また、混血児を演技するために撮影の時ごとに皮膚の色を濃く扮装しなければならなかったことも大きい苦衷だったと伝えた。

しかしこういう努力があったのでユ・アインは'成均館スキャンダル'の時よりさらにすばらしく見える。 '成均館スキャンダル'のコロは女心を揺さぶる魔力のカリスマを持っていましたがワンドゥギは'演技が上手だよ'という気がする演技を見せられなかった。 だが力を抜いて、きれいな顔に戻ったユ・アインはからだにぴったり合う'ワンドゥギ'をお目見えする。 ユ・アインの容貌や他の魅力でない演技を見ても満足するほどの成長だ。

[スポーツソウルドットコム 2011-09-27 17:16] 元記事はこちらから

ss20110927-5.jpg

※早く見たい~(>_<)
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<「ワンドゥギ」釜山国際映画祭オープン シネマ前売りオープンと同時に売り切れ | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [現場] 「ワンドゥギ」ユ・アイン“演技したくなくて逃げたことがある”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。