いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キム・ユンソク•ユアイン主演「ワンドゥギ」第16回釜山国際映画祭公式招請
キム・ユンソク、ユ・アイン二人の男の愉快で胸暖かいメントリングを通じて今秋観客らの心をとらえると期待される映画<ワンドゥギ>(提供/配給CJエンターテインメント¦製作(株)ユ比喩フィルム、オナドムビス??¦監督離韓)が来る10月6日開幕する第16回釜山国際映画祭‘オープン シネマ’部門に公式招請されて話題を集める。

世の中に背を向けた小心な反抗児‘ワンドゥギ’と世の中にさからうオジラプ先生‘ドンジュ’、お互いにメントとメンティがなった二人の男の愉快で胸暖かい話を描いた映画<ワンドゥギ>が第16回釜山国際映画祭‘オープン シネマ’部門に公式招請されて映画ファンたちの耳目を集中させている。

話題の同名ベストセラー小説を映画化した作品であり韓国最高の演技派俳優キム・ユンソクと忠武路のホットな俳優、ユ・アインの出会いで期待を集める映画<ワンドゥギ>. オープン シネマ部門は最も大衆的ながらも作品性ある作品をお目見えするセクションで釜山国際映画祭委員会側は“いわゆるワンソース マルチ ユース(One Source Multi Use)の可能性を提示する時期適切なテキストだ。世代葛藤をはじめとして教育、多文化、障害など現代社会の核心イシューらを愉快についた”と<ワンドゥギ>の選定理由を伝えた。

アジア最大の映画祭りの釜山国際映画祭オープン シネマ部門に招請された<ワンドゥギ>は10月9日(日)海雲台、センタムシティに位置した‘映画の殿堂’野外劇場で上映されて、この日キム・ユンソク、ユ・アイン、イハン監督をはじめとして出演俳優らの舞台挨拶が進行される予定で関心を高めさせている。 封切りに先立ち釜山映画祭オープン シネマ部門に公式招請されて観客らの期待と関心を一身に受けている映画<ワン得が>. 時には執拗さで時には温みでワンドゥギを導くドンジュとそのような同舟を通じて変化していく反抗児ワンドゥギ、最悪の縁で会って最高の反転を夢見る二人の男の特別な教頭で今秋観客らに愉快な笑いと暖かい感動をプレゼントするだろう。

映画<ワンドゥギ>の原作のキムニョリョンの同名小説は2008年出版新年20万部が販売されたのに続き今まで70万部以上の販売高を記録したし、演劇でも上演されて11次アンコール公演に突入するなど出版界に続き公演界でも興行作で登板してイシュー化されたことがある。 青少年から成人まで多様な読者層をひきつけたベストセラーを原作で悪口を口について生きるが個性と人間味あふれる教師‘ドンジュ’に変身したキム・ユンソクと荒いが深い内心の反抗児‘ワン得’に帰ってきたユ・アインの新しい姿、そして2人の俳優の完ぺきな演技呼吸がより増して期待を集める映画<ワンドゥギ>. どこでも見られなかった意外性あふれる斬新なキャラクターと彼らが表わす愉快で胸暖かいストーリー、ウィットあってユーモラスな大使が観客らに忘れることのできない笑いと感動の瞬間をプレゼントするだろう。

時には不倶戴天の敵のようで時には暖かい家族のような二人の男ワンドゥギとドンジュの特別なメントリングで愉快な笑いと面白味、胸暖かい感動をプレゼントする映画<ワンドゥギ>は現在の後半作業中で、来る10月観客らを探す予定だ。

[財経日報 2011-09-16 02:20] 元記事はこちらから

ss20110916-1.jpg

※クヘソンちゃん監督作リュドクファンくんチョスンウ氏主演の「桃の木」も同じく釜山国際映画祭で初お目見えというご縁、ドクファンくんとアイン二人ともと共演したイオンくんも喜んでるだろうな。ぜひジフニにもアインの「ワンドゥギ」ともども釜山に観に行って欲しい!
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<ユ・アイン"芸能人はあらゆることが誤解だ..被害を与えたことない" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | キム・ナムギル-チョンソミン-オ・ヨンス、 がありがとう>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。