いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
パク・ユチョンの二番目ドラマはなぜ失敗したか?
マネジメント作品選択見識問題…劇中の役割微々、糊口キャラクター転落

JYJパク・ユチョンも小包母語ジンクスは避けることができなかった。

パク・ユチョンの二番目ドラマMBC ‘ミス・リプリー’(脚本キム・ソニョン演出チェ・イソプ)が19日、16回で放映終了した。 視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによればこの日放送された‘ミス・リプリー’最終回は15.4%の全国視聴率を記録して月火劇1位を記録した。

外形的にだけおいてみる時パク・ユチョンの二番目ドラマは成功したわけだ。 しかし内心を覗いて見ればそうでない。

パク・ユチョンは初めてのドラマ デビュー作‘成均館スキャンダル’で成均館儒者イ・ソンジュン役に自身の魅力を精一杯広げて出したが‘ミス・リプリー’では存在感が微小だった。 二つの作品全部女主人公が引き立って見えるドラマだったが‘成均館スキャンダル’がイ・ソンジュンというキャラクターの力でパク・ユチョンを一層光るようにしたのに反して‘ミス・リプリー’でソン・ユヒョンというキャラクターも、パク・ユチョンも見られなかった。

劇中ソン・ユヒョンのチャン・ミリ(イ・ダヘ扮)に対する盲目的な愛の理由が全く説明されないのに視聴者たちの共感を引き出すことができなかった。 ドラマの中比重はヒラヤマ(キム・ジョンテ扮)と似ていたがかえってキム・ジョンテの存在感に押されて‘糊口’キャラクターに転落した印象を抱かれた。

もちろんこれはキャラクターを解釈やり遂げるパク・ユチョンの誤りで見るには無理がある。 ‘ミス・リプリー’は当初シン・ジョンア前東国大教授の学歴偽造事件でモチーフを取ってきたという事前広報とは違い朝ドラマをほうふつさせる程のどん詰まり展開で非難された。 可能性ない展開と出生の秘密、昏睡状態、拉致など刺激的な素材が総網羅しながら視聴率だけ高い不名誉ドラマに選ばれた。

それならパク・ユチョンの二番目ドラマが失敗したことは結局この作品を選んだマネージメント社の見識が原因にならざるをえない。 前作‘成均館スキャンダル’を通じて演技者専業に対する可能性を光を当てた彼だがマネージメント社の誤った選択がパク・ユチョンを小包母語ジンクスの道に導いたわけだ。

その上パク・ユチョンは‘ミス・リプリー’の事前広報を置いてMBC芸能局と葛藤を表わして物足りなさだけ残した。 全面的にパク・ユチョンの誤りだと見る訳には行かないがこれによって‘ミス・リプリー’出演陣は芸能番組を通じて視聴者たちと会う機会を失うことになった。

JYJワールドツアー日程と撮影スケジュールが重なりながら海外ロケーションやはりパク・ユチョンのスケジュールに全面的に合わせるなど先輩演技者らの不便を企てた。 何より無理なスケジュールで演技者としては新人のパク・ユチョンが演技に集中することができる環境を造成できなかった。 ‘ミス・リプリー’出演は可能性がある新人演技者パク・ユチョンに多方面で心残りだけ残した。

[ノーカットニュース 2011-07-20 11:02] 元記事はこちらから

ss20110723-1.jpg

※ところどころ意味不明な自動翻訳がありますが切なすぎる評価であることはわかる;;

マネージメント社の誤った選択かあ・・・
別窓 | [成均館]カラン寄り記事 | コメント:0 | top↑
<<ヒョン・ビン・チャン・グンソク・パク・ユチョン…最高韓流俳優は? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | "'成均館スキャンダル'の'見つけた',最高人気OST">>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。