いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[パク・ミニョン]美しく見えれば良いことで偏見破ればより良いだろう
- <猫> パク・ミニョン-

<成均館スキャンダル>の男装女‘ユンヒ’が与えた青い程度ならば少なくともその余韻を少しは楽しむことができた。パク・ミニョンにはそのような余裕は好事のように見えた。直ちに恐怖映画<猫>の撮影が彼女に駆け寄った。初めての映画という期待をもう一度考える間もなしで彼女は今ドラマ<シティーハンター>の撮影で忙しい。 インタビューが終われば80人のスタッフが彼女を待っているドラマ撮影会場でまっすぐ行かなければならないといった。一つのキャラクターを撃破するような強いエネルギー.彼女は相次いだ挑戦がすぐにパク・ミニョンという固定イメージを無限変身させる解答だと確信した。<猫>とともにすでに次の映画が待たれる俳優パク・ミニョンに会った。

-初めての映画挑戦だ。

=即興的で相手のリアクションを見ながら演技するスタイルだ。 ドラマは瞬発力を要すると私に合ったと思ったし、それでドラマ側でたくさん食い込んだ。 映画をしてみると前にもっとしなければならないように見えたよ。 会社では嫌いだが(笑い),ロマンチックコメディもしてみたくてとても濃いメローもしてみたくて映像が美しい映画も残してみたい。 いつもドラマだけとって見たら余裕がなかった。 韓信韓信を最高のコンディションでとりたい。 今回その欲が出た。

-ジャンル色が強い恐怖映画に挑戦したのはちょっと意外だ。

=初めての映画だというのが象徴でずっと残ることだ。 皆“何年が過ぎても君が見たくない演技がずっと出てくるのだ”だよ。 ところで一度挑戦してみる必要があったジャンルという気がした。 なぜか前に年齢さらに取ればしないと思ったジャンルだよ。 私が上手にするのが何かもう分かるからそうした側にだけしようとしたと思ったよ。 自らをタイトに引き締める意味でもしてみるべきでしたかった。

-ジャンル特性上女性キャラクターは受動的で典型的にならざるをえない。

=ジャンルとキャラクターは相棒のように付いて回る。 ロマンチックコミック物の女がキャンディで男が王子であるように恐怖ジャンルならば弱い女が驚いてくれなければならない。 それでこそ観客も感情移入ができる。 カギはこの典型的なキャラクターをどのように自分化するかだ。 答が決まっているといって負担になったり、私は違うようにしてみるべきで、こういう考えはしなかった。 そのまま状況を楽しむならば思わずリアクションが出てくることで、それがたとえ違うところですでに見たこととしても正解だと考えた。 蹴られる私と共同作業した監督様、スタッフが作るから私の演技は確信があるようにした。 CGの力を信じている。 (笑い)

-ビョン・スンウク監督前作が<愛する時話すものなど>だ。恐怖の色が少し違う余地があるとみられる。

=監督様尋ねるとどのように恐怖映画をとられるかと思ったよ。<成均館スキャンダル>をとっている時会ったためか常套だけねじればすぐに高尚な人様だと思ったよ。そのような方が恐怖物をしようというと意外性があることだ。<よどみなくハイキック!>の笑わせた演技をしたパク・ミニョンが恐怖演技をするのも意外性だ。イ・チャンドン監督が恐怖映画製作をしたとのことも意外性だ。 <詩>きて<密陽>を製作する製作会社で恐怖映画だなんて少し知った似合うのではないか?その意外性ら、不協和音がかえって特異な作品を作ったと思った。このジャンルをよく知っている人より他の感性が出てくることも同じで。

-どうだったか。期待したとおりの効果が現れるか。

=とても簡単に見たことであった。 (笑い)普通10時間ならば後詩を取るのになんと私たちは17時間程度かかった。 監督様がそれだけディテールだから信頼できながらもとる時はちょっと大変だった。 私はその演技が合うようだが微細な差を度々つかみ出されると果たしてあれが正解だろうかと思う摩擦もあって、混乱もあった。 ドラマはまさにモニターできて監督様のディレクションが合うのかすぐ次与えれば知ることが出来る。 ところで映画は封切りの時まで待たなければならない。 確信を持つべきなのにそれが容易ではなかった。

-ユニ(<成均館スキャンダル>)があまりにも強烈なキャラクターだったが抜け出す時間もなしですぐにソヨンへ渡らなければならなかった。

=序盤にあまり荷が重かった。何の考えなしで頭を空けてこいとの注文を受けて、撮影前にパリに行ってきた。1週間、長くもなかった。半年の間とったが一週間休暇与えて今までしたことを空けてオということだ。やはり序盤にはちょっとさ迷った。毎度感じるのに以前キャラクターを捨てて他のキャラクターを着るのが容易ではない。幸いなことは<猫> 撮影がやさしくないので自ずから集中になったよ。 (笑い)

-最近スケジュールがずっとそうだ。<猫>終わるやいなやドラマ<シティーハンター>撮影を始めた。

=<猫>撮影終わったことで翌日<シティーハンター>台本リーディング行ったが、ア、私が今誰だろう.ユニだったか、ソヨンだったか。私も(<シティーハンター>)は突然明るくならなければならなくてそれでこんがらかったよ。ところで誰何かのせいにするか。私がすると決めたが。そういうのをティー出ないようにちらちらと追いつかなければならない。もちろんそのようなスケジュールを望んだのではない。最小限一ヶ月の空白は必要だ。

-撮影はどうだったか。猫を囲んだ殺人事件を暴く役割だが本人自ら閉所恐怖症という心理的トラウマがあるキャラクターであった。

=飼育だった。 (笑い)周辺に何もないセットに一日四食食事提供. ソヨンが閉所恐怖症がある設定だとセットも苦しくデザインされた。 もちろんそれが必要だった。 ところでそのような環境でとって見たら思わず精神的に憂うつになったよ。 本来明るい性格なのに確かにダウンして荒廃されたよ。 心理的にちょっと大変だった。

-<よどみなくハイキック!>’でデビューとともに注目されて引き続いたドラマ<自鳴鼓>で大衆の外面という苛酷なことも払った。<成均館スキャンダル>が演技思春期から抜け出す転換点といったが、<猫>以後今の自身はどうなのか.

=初めてちょうど駆け足した時より余裕ができた。 ところで大いに変わってはいない。 まだ演技がひもじくて新しいキャラクターもしたい。 この頃は20代半ばにも年を取るふるまうようだ。 (笑い)出た継続22才であること同じだが時間がとてもはやく流れる。 20代始めに別に活動しなかったので今は走る時間だ。 出演作DVDと台本が積もる時ごとに私が倹約するように時間を使ったんだなあと思って満たされる。

-本人が考える‘認められること’は何か.<シティーハンター>の場合、予想より低調な評価なのにそのような反応をハンドリングする余裕はできたか。

=選択から意外性があるほうだ。<猫>が意外だったように<シティーハンター>する時も皆が意外といった。ところで私はそのまま何、よく問い詰めない。したければ何でも即興的にする。ドラマはもう自ら基準ができた。キャラクターが良かったり作品がおもしろかったり二つのうち一つはなければならない。 <シティーハンター>は監督、作家に対する期待で皆引き止めるのにもしたし、私が選択した作品はそれが栄えようが違おうがさらに熱心にすることになる。

-俳優と言うなら自身の成功的イメージを保存しようとする側面も無視することはできない。ところで作品選択のパターンで見るならば毎度それを破ろうとする試みが見える。

=ずっと卵を破って出たい。本当にパク・ミニョンの姿はなんだ、するほど。限定されたイメージを作るのが商業的には良いが面白くなくなる。俳優を選択した最も大きい理由が多様なイメージを見せることができるということであった。偏見をずっと破るところでエネルギーと楽しみを感じる。<よどみなくハイキック!>の柳眉を見て<成均館スキャンダル>の、ユニを任せることにはならなかったが違う姿を見せると機会ができることだ。挑戦をするのが青春ではないのか。ジャンルを行き来して冷たい水と熱い湯を一回ずつ味わうのが結局私の演技にも役に立つ。

-そのような選択基準のために挑戦することも習得することも多い。からだが苦労だ。

=大変で死にそうだ。<シティーハンター>は本当苦労しないことと思ったが、‘アクション私も’になっている。(笑い)ところでそのまま台詞だけすることよりインパクトある場面が私をさらに熱心に仕事をできるようにしてくれる。それでも私は遠かった。ハ・ジウォン先輩は難しいことだけ尋ね歩くのではないか。この前授賞式で会ったがドレス着ているのにも運動選手だと思った。 (笑い)片方では偉かったり、片方では私がいくらしても先輩だけは下手だろうと思った。私がこういうことでは死ぬだろう、一件<成均館スキャンダル>しかなかった。先輩は何度を‘死んでこそ’したか。

-‘美しい’という基準が格別だからくることができる選択だ。

=私がそんなものかなりしないこと同じなのではないか。ところで<シティーハンター>もユ・トシンこうしたこと欲張りだ。ひらひら耳と美しく出てくるならば大変で死にそうでもする。プロが熱心にする姿は選択でなく義務と考える。俳優と言うならその役割に最善を尽くすのが義務だ。 それだけ結果を見せようとするなら努力をしなければならなくて、その努力を惜しまないと称賛を受けるべきことは違う。 それで自ら少し緩くなったと考えれば次の作品はとても大変なことを選ぶことだ。 私のキャスティング記事見て今回大変なことするよしたければ私が私を捕まえるかけたと思え。 次の作品を見れば前作をどれくらい熱心にしたのかそうでないのか知ることが出来ることだね。 (笑い)

-そのような意味で次の作品が気になる。

=この頃は私がちょっと増えるのが見えたからなのかマネジャーらも要求をたくさんする。 とても急でないならばたくさんしてみたい。 ところで大変だ。 やさしい役割にはたやすくは魅力を感じない。 刺激的なことだけ食べて見たら刺激的なのがおいしくて引くことだ。 男装演技をハニ少々タフではタフなようでもなく、王女役割をしてみると少々美しくては美しいようでなくて、恐怖映画をしていると少々涼しくては涼しさが感じられることもない。 年輪が積もるならば水が流れるように自然な演技を探すだろうが今はひとまず刺激的な挑戦をするようだ。

[cine21 2011-07-04 08:30]  元記事はこちらから

ss20110710-2.jpg ss20110710-3.jpg ss20110710-4.jpg

※ソンスから猫、そしてシティーハンターへとミニョンちゃんずっとがんばってるんだもん、その苦労が報われるといいな。
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
<<ハム・ウンジョン・パク・ミニョン、本人出演映画合う?所見るように | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ハム・ウンジョン·パク・ミニョン、映画広報誠意がなく広報士泣きっ面>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。