いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
インタビュー:『成均館』随一の花男、ソン・ジュンギ「コロへの思いは…」
 朝鮮時代のエリート校「成均館」での若者の夢や友情を描く青春フュージョン時代劇『トキメキ☆成均館スキャンダル』。「花の4人衆」の中でも、ひときわあでやかで白い肌に笑顔が輝いていたヨリムことク・ヨンハ役を演じたソン・ジュンギ。コロ(ユ・アイン)との「カップル」エピソードなど、気になることをズバリ、聞いてみた。

― ゴージャスで余裕があるク・ヨンハ役はソン・ジュンギさんにピッタリだと感じましたが、ご自身はどう思いましたか。

「まず、ク・ヨンハは豪華でなければなりませんでした。理由は、顔も良いし衣装や外見を豪華に見せることによって、ヨンハの心理的な部分を表現する道具になったためだと思います。ヨンハのことを考えれば考えるほど、彼の持つコンプレックスを隠すための道具なのだと理解するようになりました。それからは、実は僕自身はアクセサリーを身に付けるのが好きではないのですが、衣装チームにいろいろなアクセサリーを準備して欲しい、一度来た衣装でない衣装を用意して欲しいと強くお願いしました。それが、ヨンハを表現する重要なアイテムでしたし、より豪華に見せようと努力しました。実は、どう見られるか負担だったのですが、視聴者にも好評でありがたかったです」 

― ク・ヨンハ役を受けて、どんな苦労がありましたか。

 「この撮影が始める前までは、本当に分かりませんでした。正直言って、とても大変でした。ストレスもたくさん受けましたし、このキャラクターをどう表現したら良いかも分からずとても負担に感じていました。ヨンハは、原作でもシノプシスでもとにかく明るい性格の人物だったので、僕自身も明るく冗談っぽく演じれば良いと簡単に考えていました。ところが、演じれば演じるほどそうではないことが分かっていって。ヨンハの持つ感情や秘密、好きな女性などが後半に進むにつれ少しずつ出てくるようになって、ヨンハという人物の一辺だけを見て演技してはいけないと考えるようになりました。ここまで悩むとは思いもしませんでしたが、演じてみて感じた苦労や悩みが大きかった分、達成感も大きかったです」

― 多面性を持ったキャラクターでしたが、演技のポイントはどこでしたか。

「ヨンハの演技で一番大きなポイントとして、瞬間瞬間で変化する表情などを短い時間でたくさんお見せしたいと思っていました。例えば、ハ・インスとのシーンではよく表現されているのですが、笑いながら話していても言葉にはとげがあるんですよ。笑っていたのに、急に無表情になったり、無表情だったのにまた笑っていたり、そんな姿でヨンハを表現したかったです」

― コロに対する感情の演技についてはどうでしょう。

 「同性愛に関する質問を多くされたのですが、今までコロに対して愛する感情で演技したことは一度もないんです。全て皆さんの妄想でしょう(笑)。むしろ、曖昧な感じを表現したと思っていました。視聴者の方たちがク・ヨンハはコロが好きなのかなあと気になるように」

ss20110423-1.jpg ss20110423-2.jpg ss20110423-3.jpg


インタビュー:『成均館』随一の花男、ソン・ジュンギ「『俺はク・ヨンハだ』の意味は…」

― 『トキメキ☆成均館スキャンダル』では「俺はク・ヨンハだ」というせりふが有名になりましたが、アドリブですか。

「いいえ。台本通りでした。この作品の作家さんは、本当にセンスがあるせりふを書いてくださって、とても感謝しています。特に好きなのは、もちろん『俺はク・ヨンハだ』です。使いやすい言葉で、このせりふのおかげでCMも撮ることができました(笑)。ですが、このせりふはただの流行語というのではなく、シーンごとに感情が違いました。ただ軽い感じで言う時だけではなく、例えばハ・インスに対しては勇気を出して、『これ以上ふざけた真似はするな。俺はク・ヨンハだ』と言ったように、さまざまな意味をもっていて、面白いと感じました」

― ほかに、気に入っているせりふはありますか。

「一番思い出に残っているせりふは、最後の回でコロに向かって…このシーンでは笑っちゃいそうだったのですが、『俺のいる場所はここか』というせりふがあって、撮影中は嫌だったのですが、今思うと記憶に残っていて面白いです。何か余韻が残っているみたいで。でも、撮影中は本当に…(笑)。そうでなくても、ゲイだという噂もあったりしたので(笑)」

― 年末の授賞式で、コロを演じたユ・アインさんとのカップル賞を受賞しましたが、どんなお気持ちだったのでしょうか。

「『男男カップル』に関しては複雑な気持ちでした。授賞式で候補にあがっていたのは知っていたのですが、僕自身が授賞式のMCを務めていたので少しは予想していました。ユ・アインさんは全然知らなかったようですが(笑)。ファンの方たちが楽しんでくだされば、それが一番なのでいいんですが、受賞はどうかなあ。実際、僕たちのカップルは何もなかったので(笑)。それに、舞台の上ではユチョンさんはミニョンさんと、チャンヒョクさんはイ・ダヘさん、と皆さんきれいな女優さんと立っていたのに…僕はヒゲもそってないアインと一緒なんて…(笑)」

―「花の4人集」の中では、唯一ラブラインがなかったのですが、それについてどう思いましたか。

「正直、がっかりしましたね。初めは、シノプシスにヒョウン(ソ・ヒョリム)とのラブラインがあると書いてあったので、そのつもりで撮影に入ったんですよ。ですが韓国ドラマは、面白い要素が生まれたらそっちを優先するので、残念な結果でしたが、僕が現実を素直に受け入れる方なのですぐにあきらめて、よりク・ヨンハという人物に集中するようになりました。僕はただ楽しんで撮影したわけではなく、真剣にやりました。ですので、今はラブコメディーをやっています。相手役がハン・イェスルさんで、今とても幸せです(笑)」

―ソン・ジュンギさんは成均館大学の学生ですが、自分の学校にゆかりの作品に出演した感想は。

「学校側はとても喜んでいますね。宣伝になったので(笑)。最近は映画の撮影であまり出席していなかったのですが、数日前に学校に行ってきました。その時教授から、『昔の成均館には毎日通って、うちの大学にはあまり出席しないのか?』って怒られました(笑)。でも、何だか誇らしい気分ですね」

DVD『トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>』(発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ)は2011年4月20日より、TSUTAYAでのみレンタルがスタートした。4月22日、DVD-BOX1&2(発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:東宝)が発売になる。

[朝鮮日報日本版 2011-04-23 12:36:28] 元記事は(こちら)や(こちら)から

ss20110423-4.jpg ss20110423-5.jpg ss20110423-6.jpg

※いや~ほんとヨリムお肌つるつる、無精ヒゲなんてのびるのかな(笑)。ビューネのCMみたく後ろからハグとか耳元でささやくとかして欲しい(爆)。
別窓 | [成均館]ヨリム寄り記事 | コメント:0 | top↑
<<'ソンス' DVD,日本発売と同時オリコン4・5位進入 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ユチョン主演「成均館スキャンダル」独占配信開始!チャン・グンソク「美男ですね」とコラボ企画も! >>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。