いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
インタビュー:ユ・アイン「『成均館』コロの初登場シーンが魅力的」
 朝鮮時代のエリート校「成均館」での若者の夢や友情を描く青春フュージョン時代劇『トキメキ☆成均館スキャンダル』。「花の4人衆」の1人、コロことムン・ジェシンというキャラクターを魅力的に演じたユ・アインにインタビューした。

―コロの役をどうしてもやりたいと積極的だったそうですが、その理由は。

 「コロは複合的な性格です。多くの面が後ろ姿やしぐさからもよく表れるキャラクターで、とても魅力的に感じました。また、この役を通してユ・アインという俳優を認識してもらえたらと思いました。デビューして時間は経つんですが、今まではあまり人気のあるキャラクターが少なかった(笑)。単に演技に満足しながら楽しく撮影することも重要ですが、コロ役で、多くの方に知ってもらえると思いました」

ss20110411-4.jpg ss20110411-5.jpg ss20110411-6.jpg ss20110411-7.jpg 


―その役を射止めた時の感想は。

 「実は、キャスティングされた瞬間から悩みが始まりました(笑)。ですが、やはりとてもうれしかったですね。多くの俳優たちが演じたいと思っていた役でしたので。達成感もあった半面、とても心配でしたし負担感もありました」

―コロ役を演じる上で何か研究したり考え出したことはありましたか。

 「キャスティングされて初めにすることは、そのキャラクターを作り出すことです。ですが、今回のコロの場合は『力を抜こう』『無で作ってみよう』と考えていたようです。シノプシスには身長が何センチだとか、筋肉がどれくらい、といった情報も書かれていたのですが、コロの性格を考えてみたら、『完全に力が抜けている人物』だというイメージが強かった。それは、コロの歩く姿を見ていただければわかると思います。服だって、別に自慢の身体を見せたくて肌けているのではなく、面倒で適当には羽織っているだけなんですよ。そういうコロの内面的な部分を表現したいと思いました。きれいな籠の中にいるペットのような感じではなく、その辺で遊んでいる動物のような…そんな感じを表現したかったんです」

―コロの一番魅力的なシーンを教えてください。

 「コロの初登場シーンですね。ユニを助けるために刺客のように登場するのですが、20話分のコロとユニの関係やコロの魅力をうまく表現したシーンだったと思います。実は1話では、このシーンだけの登場なのですが、とてもインパクトもあってよかった。ファンの方たちは、剣を振り回す僕の姿が好きみたいですね(笑)」

―カッコいいアクションシーンが多かったのですが、準備したことはありましたか。

 「アクションスクールに通ったぐらいですね。後は、身体作りをしました。いい身体ではないので恥ずかしいのですが(笑)。僕が今までやってきた作品のほとんどにアクションシーンがあったので、慣れてはいましたが、大変でした」

―コロは、恋心を抱いていたユニが近づくだけでしゃっくりが出たり、自分の気持ちを表現できないというキャラでしたが、実際のユ・アインさんはどうですか。

 「とても積極的です! 自分の気持ちをはっきり表現するし、少しせっかちです(笑)。コロのような消極的で好きな人を見ているだけの男とは全くの正反対。だけど、ちょっと素っ気ない感じで表現するような気もします」

インタビュー:ユ・アイン「『成均館』4人の中で友達になりたいのは…」

―「花の4人衆」のイ・ソンジュン(ユチョン)、キム・ユンシク(パク・ミニョン)、ク・ヨンハ(ソン・ジュンギ)、ムン・ジェシン(ユ・アイン)の中で、誰と親しくなりたいですか。

 「どうだろう…全員普通じゃないので(笑)。でもキム・ユンシクと友達になりたいですね。他の子たちは欠陥している部分が多いんですよ。でも、ユンシクはとても健康的で気持ちがいい子なので、隣にいたら、僕自身も彼女に恋をするのではないかと思います」

―ですが、劇中ではヨンハと仲がよかったですよね。年末の授賞式ではカップル賞まで受賞され、受賞式後にソン・ジュンギさんがユ・アインさんと気まずくなったと言っていたのですが、実際はどうでしたか。

 「それは冗談ですよ、初めから気まずかったので(笑)。ただ、2人の仲がいいシーンが多かったので視聴者の皆さんがそういう関係だと受けとってくださって『男男カップル』として有名になったのですが、実際の僕たちは全くそんな関係でもありませんでしたし…。それに、話題になったことをドラマに活かす場合もあるじゃないですか。僕たちも、そんな感じで気楽に考えていましたね」

―年の近い俳優たちばかりとの共演という点はどうでしたか。

 「実は、年の近い方たちと一緒に仕事することが得意ではないほうなんです。と言うのも、僕のデビュー作が同学年の子たちとの青少年ドラマだったので、集まるとどういう問題が起こるのかよくわかるんですよ(笑)。ですが、このドラマの撮影時は問題が一切なかったですね。気を遣ったりぶつかったりすることもなく、同僚として気持ちも通じ合っていていたし、僕が今まで持っていた同年代俳優たちの悪い思い込みを崩してくれました。『成均館』を通して、自分が同年代俳優さんたちとも共演できるんだという自信が少しついたようです」

―『成均館スキャンダル』撮影後に成長したなと感じたことは。

 「作品を選択できる範囲が広くなりました。どれだけ自分の準備が整っていて、うまく演じる自信があっても、選択できる機会がなければ悲しいです。俳優として、いろんな作品を選択できるようになったのは大きなプラスになったと思います。これが僕自身、一番望んでいたことのようです。もちろん人気がでて、楽しく演技できるようになったこともうれしいです。俳優としてこれからもずっとやっていきたいので、とても大きな力になってくれた作品になったと思います」

―後悔していることや心残りはありますか。

 「後悔というか、キャラクターに対して残念に思っていることはありますね。ユニとの関係で、コロがもう少し積極的になってユニと近づく姿を見せられたらよかったのにと思います。どのような方法でも、一度でも少し思いを表現した方がコロらしかったのではと思う時があります。ですが、各キャラクターにも運命がありますよね。ユニは、イ・ソンジュンと結ばれる運命で、コロもその運命に従わなくていけないので(笑)。そんな点が心残りではあります」

―今後演じてみたいジャンル、役柄はありますか。

 「今まで、典型的なメロドラマをやったことがないんですよ。個人的にメロドラマは濃くしつこいイメージがあるので、さっぱりとした内容がいいです。日本のドラマのように、愛に執着するというより、愛し合う人たちの物語という感じのメロドラマに出演してみたいですね」

 DVD『トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>』(発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ)は2011年4月20日より、TSUTAYAでのみレンタル開始。4月22日、DVD-BOX1&2(発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:東宝)が発売になる。

ソウル=野崎友子通信員

[朝鮮日報日本版 2011-04-11 17:16:06] 元記事は(こちら)と(こちら)から

ss20110411-9.jpg ss20110411-10.jpg ss20110411-11.jpg ss20110411-8.jpg

※取材した15媒体が今後徐々に明らかになっていくのでしょうが、テレビ東京はどう絡んでくるのか注目です~。
別窓 | [成均館]コロ寄り記事 | コメント:0 | top↑
<<‘ワンドゥギ’ユ・アイン、全スタッフにスタッフ服贈り物話題 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | YOO AIN(ユ・アイン)日本公式ファンクラブ結成>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。