いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キム・スヒョン'太陽を抱く月'が大切だ、私をひざまずくようにして”
MBC <太陽を抱く月>の強行軍を終えるやいなや休む開くことなく続いた日程に多少疲れるとみられたりしたが依然として年齢よりあどけない顔で明るく笑うキム・スヒョンと向き合って、彼にそのように多くの女心が病んだという事実がなんだか少し現実感なしで感じられることもした。 “~です”と“~である”の間、真剣だが硬直した顔とぶらぶら揺れて自然な身振りの間、キム・スヒョンはその境界に立っていた。

インタビューをする間キム・スヒョンの顔は適切な答えを選んでこれを私の中で精製された文章で表現しようと思う風とそんなことなど関係なく率直に話したい心の間で多少緊張していた。 だが、写真撮影が始まるとすぐに唇をピクピクして首をかしげたりズボンのすそを触ってみる姿がちょっと楽になったように見えた。 “私はちょっと野心家です”と気兼ねなく話していた二十二歳のキム・スヒョンは“会社と熱心に相談してみます”として冗談を言う二十五歳の男になった。 作品の力でなく俳優の力で視聴率を牽引できる、言葉どおりスターになるようにしたフォンを経て彼はどんなものを得てまた、なにかを失ったようにした。 誰にでも当然の成長の結果だ。 すべての成長がそうであるようにその姿がたくさん感心で少し惜しかった。

ss20121212-1.jpg

キム・スヒョン'太陽を抱く月'が大切だ、私をひざまずくようにして”…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
KBSスター芸能PD相次いだ離脱、なぜ?
ナ・ヨンソクPDまで...KBS PD昨年13人離職した理由

KBS 2TV ‘ハッピーサンデー-1泊2日’を演出したナ・ヨンソクPDがCJ E&Mで籍を移す。 ナPDに先立ち、昨年KBS芸能局で他社で離職したPDは10人余りを越える。 巨大コンテンツ企業家CJ E&Mの活発な招聘活動だけでなく総編開局などメディア環境を考慮しても少なくない数値だ。 同じ期間KBSドラマ局で離職したPDがただ2人というものを考慮すれば芸能PDの離職比率はより一層目立っている。 地上波放送3社中唯一KBS芸能PDの離職が頻繁な理由は何だろうか。

◇MBC,SBSより少ない月給、相対的剥奪感感じるほかはなくて

“人材が不足して苦労はさらにたくさんするが、月給はMBCやSBSより少ないです。 成果金は言うまでもないよ。 状況がこれだから内部でも名前知らせて、良い条件で提案がくれば‘出て行きなさい’でする雰囲気です。”

公企業であるKBSが民間放送であるSBSより年俸が少ないのはすでに良く知られた事実だ。 問題は‘相対的剥奪感’だ。同じ業種で似た仕事をしてでも相対的に少ない年俸が動機付与を低くすること。

それでも業務強度が弱いことではない。 KBSの芸能局規模は地上波3社をあわせて最大規模だ。 ところがプログラムに投入される人材規模は他社に比べて多くない。

あるKBS芸能PDは“リアルバラエティプログラムの場合、編集しなければならない分量が相当する。 だがKBSは他社10分の1水準の編集者力でプログラムを作っている”として“製作費も多くて2倍が超えて違いが生じる。 環境が劣悪にならざるをえない”と吐露した。

また他のKBS関係者は“結局選択は個人にかかっていた”としつつも“KBSに留まるならば想像もできない金額を提示するのに揺れなかった人は珍しいようだ”と話した。

◇見えない壁、新しい試み制限

ケーブル チャンネルや総編放送が公営放送のくびきから抜け出して表現の制限や限界がないという点も芸能PDの心を揺さぶっている。

KBSでCJ E&Mに移したあるPDは“新しい試みを自由にすることができる”として“KBSは公営放送だと見ると視聴層も広く捉えなければならなくて、新しい実験をすることが大変な面があった。 もうもう少し自由な環境でアイディアを実現することができる”と離職の長所を挙げた。

今年旋風的な人気を呼んだtvN ‘応答せよ1997’はKBS出身シンウォンホPDとイ・ウジョン作家の作品だ。 シンウォンホPDはCJ E&Mに来る前‘ハッピーサンデー-男椅子格’を演出した。 離職を通じて他の分野に挑戦したし、満足するほどの成果を勝ち取った。

反対に‘成均館スキャンダル’を演出したキム・ウォンソクPDは音楽放送であるMnetで韓国版‘グリー’を製作する予定だ。 芸能とドラマの壁が崩れたのだ。

あるKBSドラマ関係者は“ケーブルチャンネルのようにお互いの領域を自由に行き来するのは現実的に難しい”として“(部署を)移すにしても各自の領域が違うという考えが強くて以前の経歴は認めない。 年次があっても小お手伝いをする助演出からしなければならないが、誰がしようとするか”と話した。

◇政権により変わる雰囲気、安定的にプログラム製作するのが難しくて

政権により巻きこまれる内部の雰囲気もまたKBS芸能PDの離職を加速化するという指摘だ。

公営放送であるKBSは大統領が社長を任免する。 自然に政治的指向によりラインが形成されて、プログラム演出にも支障を受けるほかはない。 安定的にプログラムを作るのが容易ではない。 先月退いたキム・インギュ社長もやはり政治色によりKBS内部に尖鋭な葛藤を招いた張本人だ。

あるPDは“社長が3年に一回ずつ変わるが、その時ごとに要人も変わる”として“いっそ民営放送会社ならば社長にだけよく見えれば良いが、あちこち顔色を見るのにプログラムを安定的に作り難い”と告白した。

また他の関係者もやはり“自然にコネ作りとなる”として“PDは多くて、芸能プログラム編成時間は限定されている。 制限された機会をつかむために自然に保身を図ることになる”と話した。

[ノーカットニュース 2012-12-08 07:02] 元記事はこちらから

※MBCは横暴社長で揉めてるけどKBSもなんだか大変だなあ。それよか記事中"成均館"のキムPDがMnetで韓国版"グリー"を製作予定って、むしろそっち超気になりますが(>_<)

別窓 | [成均館]関連記事 | コメント:0 | top↑
‘太陽抱月-ソンス’ミュージカル再誕生、第2のキム・スヒョン・パク・ユチョンは誰?
‘太陽を抱く月’と‘成均館スキャンダル’が2013年ミュージカルで再誕生される。

公演企画会社イダエンタテインメントは10日“2013年既存興行作だけでなく、国内創作ミュージカルの地平をより一層広げる多数の大型創作ミュージカル作品をお目見えする予定”としながら2013年ラインナップを発表した。

そのうちの最も目につく作品がまさにチョンウングォル作家の代表作‘太陽を抱く月’と‘成均館儒者の毎日’だ。 ‘太陽を抱く月’はキム・スヒョン、ハン・ガイン主演のMBCドラマで製作されて視聴率40%を越える大記録をたてた。

また‘成均館儒者の毎日’は‘成均館スキャンダル’と名前を変えてドラマで製作されたし当時パク・ユチョン、パク・ミニョン、ソン・ジュンギ、ユ・アインなど青春スターが総出動、大きな愛を受けた。

製作会社側は“国内市場だけでなく製作初期から海外市場を念頭において企画された作品で、最近より一層活発になっている韓流ミュージカルの流れを続けさせると展望される”として“ドラマとはまた他の色の公演をお目見えするだろう”と伝えた。

ミュージカル‘太陽を抱く月’は6月末芸術の殿堂トウォル劇場で、ミュージカル‘成均館儒者の毎日’(成均館ロマンス(仮題))は10月初めウリ金融アートホールで公演される。

[TVデイリー 2012-12-10 11:13] 元記事はこちらから

ss20121210-1.jpg

※ミュージカルが製作されることは以前から記事になってはましたが具体的な時期と劇場まで発表されるとは驚きました! "製作初期から海外市場を念頭において企画"だなんて堂々開き直るところをみると韓国上演から遠からず海外公演(日本)の予定があるのでしょう。"ウェルテル"みたいに終わったら次日本とかだったりするかな、どんなキャストになるか楽しみ~^^

本来いるぼん本室カテゴリーのミュージカル話題ではありますがこればかりはこちらに~。来年はあと秋に"宮"が大阪であるし忙しい忙しい(>_<)
別窓 | [太陽抱月]その他周辺 | コメント:1 | top↑
NHK BSプレミアム「太陽を抱く月」放送直前特番公開収録潜入レポ
今日は両親お泊まりでいないのでひとり目覚ましいくつもかけて起床~。もし起きれなくて気づいたらお昼だったなんてことにでもなったらどうしようと(ありがち)ここ数日超プレッシャーだったんでホッとした~。朝からお留守番させるモモとフニにはたっぷりご飯食べさせて、いざ向かうは天下のNHK!

■『太陽を抱く月 放送直前スペシャル』 2013年1月13日(日)夜9時(BSプレミアム)
出演:ハン・ガイン、キム・スヒョン、キム・ユジョン
虻川美穂子(北陽)、田代親世(韓流エンタメナビゲーター)


集合時間(もう書いてもいいですよね)10:00少し前に着き余裕で本人確認、整列してたんですがそのあと延々日向で待たされスタジオに案内されたのは40分くらいだったでしょうか?

廊下通路両脇に"太陽を抱く月"ポスターがいくつも貼られる中を通って(下のプレスシートと同じ絵柄)スタジオに誘導されますがザ・テレビ局って感じで内心ドッキドキ~。6段ほどの雛壇みたいな客席には丸いお座布団とお土産袋が置かれてまして↓

ss20121209-12.jpg ss20121209-13.jpg
Bがなんなのか後半わかります(笑)

切り取ればクリアファイルになる"王女の男"クリアバッグに"太陽を抱く月"プレスシート(日本語タイトルロゴが超ステキ~)とキャスト出演予定のお知らせ、あと下に横にしたのは"太陽を抱く月"抗菌マスクケース! 反対側はプレスシートと同じスヒョンくんガインさん向かい合った写真で、領収書ケースにもなりますと、要はチケット入れたりするのにも使えそうなミニクリアファイル。チラシによるとBSドラマイルを貯めて交換できるものらしいですがこれ嬉しい^^

ステージと客席はけっこう距離がありまして大きなカメラが4、5台にハンディカメラさんに両脇モニター。この人数だと客席写り混む危険大と、整理番号はけっこう早かったものの後方列に着席。後ろがプレス席なのでわざわざここを狙って撮すことはあるまいと! 

着席してから責任者的なPDさん(中条恒彦似の優しそうなおじさん、お兄さんか?)が前説。今回の応募には50組100名のところ4000通の応募があったんだとか!(どよめき&拍手~) あと合図で拍手の練習したり、みんな笑顔で~とか、スタジオライトが強くて暑くなりますが気分が悪くなったら教えてくださいとか(生スヒョンくんがいるのに退場できるかい!)、地震など緊急の場合は係員の指示にとか(さすがNHK)注意も堅苦しくなく気さくな雰囲気で話の上手な方でした。それから進行中流れる映像は本放送は吹き替えだけど今日は字幕って、ここでも一同拍手~。

間もなくして今日のMC田代親世さんと北陽の虻ちゃんが、客席左右に分かれているその中央通路から登場。客席前で簡単に挨拶、虻ちゃん蝶ネクタイに半ズボンと少年ぽい感じの衣装がカワイイ(笑)。

撮影スタートはオープニング映像のあとMC二人が客席をバックにトーク。モニターでは画面が映ってるんですが前方思いっきり顔映っててよかったあそこでなくて。。。カメラのそばでPDさんがカンペを持ちつつ二人を盛り上げるために超いい笑顔~。二人の会話はカンペの流れ通りでしたが暗記してるのでしょう、自然な感じでさすが二人ともプロ。

それではゲストに登場していただきましょう的に拍手~。もうスヒョンくんたち登場?と客席浮き足立ち中央通路を期待感いっぱいでのぞくも???ハイカットーみたいに中断してなんだ来ないんじゃん(>_<) スミマセン勿体つけて~とPDさん、ここからかなり待ちましたっけ?そろそろ駅に着いたところか?とかNHKの門を入ったところか?とかって冗談ですよね(爆)いずれにしてもキャスト待ちでしばらく待ち~のもう一回映像明けのトークから再開、いよいよキャスト本人のご登場です!(鼻息)

わたしの位置からは通路はあまり見えずだったのですが、反対側の方の顔の表情で来たのがわかり興奮! でもアタマがちょこっと見えたくらい?(笑)通路を通って正面に向いた三人を後ろから見る感じ? おお本人、本物です(>_<)

真っ先に目を奪われたのはハンガインさんの美しさ! ドラマの時は顔真ん丸~とか思ったけどなんのなんの、顔小さいしキラキラ瞳が大きくて、ななめ後ろから見る鼻筋が芸術的に美しくしかも黒のロングドレスは足が思いきり透けててとにかく細いし足長いし! 少しウエーブのかかったロングヘアを片側にたらしているお姿は女神様というか人魚姫のよう。ユジョンちゃんは健康的な生足にょっきり出した黒のミニワンピ。スヒョンくんはモスグリーン(写真見たらもっと青っぽいかな?)のコーデュロイ上下。パンツの裾は少し短めで茶色の靴。

三人の衣装についてはMC方々なにもコメントせずでちょっともったいないなあと思いました。ハンガインさんの衣装は透けた下は超ミニだったの回ってみてもらったりとか上から下までしっかり撮って欲しかったのに。ともかく放送されてからほぼ1年経過して女性は変わるなあ、ますます美しくなってて。スヒョンくんは映画のためかな?モリスタイルがオンザ眉毛(笑)、でもますます凛々しく、時にコミカル(笑)、終始笑顔を絶やさずの好青年オーラを発してました。あと日本語もたまにちょろっとつぶやいたりとかも^^

立ったままひとりずつまずは一言コメント。最初スヒョンくん言い終わったとき客席若干リアクション戸惑いPDさんの拍手合図で慌ててパチパチ~って感じに。その後の二人はスムーズでしたがスヒョンくんがあれではもう一回撮り直すかなあと思ったらハイオッケーですって(笑)。その後一同ステージ上に移動。ひとつずつのソファーに、舞台左から田代さん、虻ちゃん、すこし空いてスヒョンくん、ガインさん、ユジョンちゃん。キャストには韓国スタッフさんが撮影合間たびたびついてメイク直ししたりも。

撮影準備中、三人をじっくり観察しようともステージとの間にあるテレビカメラがジャマでわたしの位置からはユジョンちゃんの顔は見えにくく確認できるのは生足くらい(始まる前はひざかけしてました)。。。トーク中はちょくちょくガインさんもスヒョンくんもユジョンちゃんの方を向いてうんうん頷いたりするんで二人の顔はよく見えましたけど。アップで映してくれるモニターと肉眼とでステージを見守ります。

最初、キャストのアップを順番に映しますのでリアクションをお願いします~的にハンディカメラさんが近づいて撮影、スヒョンくん笑顔~(グッジョブポーズとか?)、ガインさん片手振り、ユジョンちゃん両手振り~と超カワイイ!これ3巡くらいやったかしら(爆)だんだんネタ切れお疲れ気味で、見てて最初が一番元気で良かったかな(笑)。

いよいよゲストを迎えてのトーク撮影スタート、最初に田代さんから簡単な作品紹介があってから初恋を中心にしたハイライトシーンをどうぞと映像数分。VTR中はみんな見入ってて、ユジョンちゃんの出てきた場面では本人照れ笑い、大人二人は笑顔~みたいな微笑ましい様子。これってOAでは三人の表情ワイプで捉えたりするのかな? それともスタジオにいる人だけ見られる特権か? ヨチングくんのシリアス場面ではスヒョンくん真剣表情(凛々しい~)。

トークはどんなんだったろう、ユジョンちゃんには子役時代から視聴率も良くて実感ありましたか?とか(放送前の撮影だったので放送後まわりの反応で実感と)、寒い時期の撮影で苦労されましたか?的な質問に、スヒョンくんは寒くてカラダが動かず台詞を言うのも難しかったとか、ガインさんはカラダにたくさん(30も?)ホッカイロを貼って撮影、低温火傷の跡がまだ残っているとかなんとか。

ユジョンちゃんのプロフィール紹介でトンイの子役で出演していた映像が流れ、号泣シーンにガインさんはキヨオー(かわいい)と。2年半前のドラマなのに本当に子どもらしくてかわいくてって。いまは少女というより女性らしくなりましたもんね。

まだ幼いのに初恋など恋愛感情は想像して演じるのですか?的な質問でユジョンちゃん、チングオッパがよく呼吸を合わせてくれて、楽しかったし気楽に演じられたと。PDもいろいろ教えてくださってと。このあたりだったか、王の子役ヨチングくんから映像メッセージが。

いつ撮ったんでしょう、色黒健康的で髪型も"会いたい"とはちょっと違うみたい。スヒョン兄は何度か撮影現場に来てくれて明るい子ども時代とダークな大人時代と性格を区別しようとか相談したんだとか。ユジョンちゃんへはあまり会えないけど(あいまい)日本でのプロモーションがんばれみたいにエールを送り最後はアンニョン~と。(スヒョンくんもモニターに向かってアンニョン手振り)ユジョンちゃん、チングオッパには数日前授賞式で会ってお互い背が伸びたねとか学校の話とかして一緒にご飯も食べたそうな^^

(追記)ここまで書いておいてなんですが、イベント潜入レポ内容はいつものようにメモを取ったわけでなく(ガサガサするのは怪しいんで;;)記憶のみに頼ってますのでかな~り実際とは異なる点(順番、内容)も多いと思われますので話半分で(スミマセン・爆)、正確で詳しい内容についてはナビコンさんのサイトで超詳しい潜入レポをご覧ください~(丸投げ手抜き・爆)。

「太陽を抱く月」放送直前SP番組収録現場潜入レポ(前半)(こちら
「太陽を抱く月」放送直前SP番組収録現場潜入レポ(後半)(こちら
記者会見レポも準備中とのこと、楽しみ~(他力本願・爆)


あとはキムドフンPDからのコメントもありました。
ここじゃなかったかもですが原作は人気ベストセラー小説と、韓国版の上下巻がババンと映り、架空の時代の話なので自由に撮れました的なことを。そういえばスタジオトークではは原作本の話はあまりというかほとんど出なかったですね。まあNHKなので他局が絡む人気ドラマ"成均館スキャンダル"と同じ原作者で~なんて話に繋げたくなかったのかもしれませんが、原作とドラマはかなり展開が違っているので(ヨヌは記憶喪失にならないし)、どちらも楽しめます的に(わたしはむしろ先に原作を読んじゃった方が俄然ドラマを見る面白さが増すのでオススメです)せめて日本版が発売されていますくらいのコメントはあっても良かった気がしましたが。

キムPDコメントの続き。だいたいのイメージでは朝鮮時代(あいまい)なのにその時代には鏡は存在しなかったけどフュージョン史劇ならそれもあり。メロドラマだけでは10,20代以上の視聴者層を捉えられないと、王が信念を持って国をなんたらするような大人向け要素も加えた的なことを話されてました(てきとう~)。

この後たしか延々中断したんでしたか、日本側機材の準備かなにかで。
虻ちゃんはトイレ退席? スヒョンくんもユジョンちゃんも途中でちょっと退席したのにガインさんはずっと座ったままでしたがちょっと不機嫌そうでもありそっとあくびしたり、いよいよ始まるかと思ってからも長かったし。こういう公開録画の参加は日本では初めてでしたが現場スタッフ大変そう。気持ち切り替え映像明けからまた収録再開。

ちょっと思い出したこと。大分待たされ疲れて若干イラッとしてきた頃、リンの"時間に逆らって"のOSTピアノイントロがスタジオ内にふいにすべりこんできて~、PDさん"太陽を抱く月のOST です"と言うと女性ADさん(かわかりませんがNHK側の韓国人スタッフの女性)も片言の日本語で"お楽しみください~"と、しばし聞き惚れました。そういやスヒョンくんがOST歌った話題まるで出なかったな。前は日本でCD出す噂もあったのに、地上波にあわせてとかかな?謎。

他に流れた映像は主役以外の重要キャラたち。
ヤンミョン君、、、てちょっと君付けみたい(笑)。子役は"イ・ミノ"表記でいくみたいですね。別のイミンホくんとの区別だったりするのでしょうか? もしNHKで花男のイミンホくんがなにかで紹介される場合もイミノなのかな?ちょっと気になる・・・。

あとキムスヒョンくんとハンガインさんのプロフィール紹介も。
映画でも活躍でと、"去年の「建築学概論」~"とか田代さん言ってて、えっ今年じゃん!とか思ったらオンエア来年ですもんね~。

そんなこんなであっという間に時間も過ぎて、見どころをひとりずつと、、、なんて言ったか肝心なところなのにすっかり忘れました(>_<) 最後はキャスト三人声を合わせて"見てください~"的なコメントで締め。ちょっと揃ってなかったんで撮り直すかなあと思ったらここもハイオッケーですと収録終了~(爆)。

その後はアトラクション。事前に配られていたAB表裏のカードを使って二択のクイズ大会! 勝者5名様にはキャストのサイン入りポスターを直接本人からプレゼントと。5/100、20人に1人とそこそこの確率(笑)。しかし問題は

第1問.ハンガインさんがスタッフに差し入れしたものは?(超端折ってますが)
A:サムゲタン B:おでん
、、、、、けっこう自信を持ってA挙げたんですけど答えはB(>_<)
知らなかったけどおでんじゃ平凡だしなあと思って、いきなり第一問で脱落! でも気が付けばテレビカメラが回ってます。これも特番でオンエアされるのか?だったらむしろ早めに消えてホッ(笑)。

ここかなりAが多くていきなり超少数に。みんな引っかかりましたよね~;;

第2問.視聴率○%突破を記念してスヒョンくんがしたことは?(超質問あいまい)
A:、B: 忘れた、、、答えはダンス! スヒョンくんえっ、僕が?みたいなリアクションで~、でもここで踊ってくださいコールに妙な動きを披露(爆)。そんなことあったっけ、ジェウンが剣の舞っていうのはありましたけど。。。

このあたりで数人決定したかな?

第3問.ユジョンちゃんがドラマで人気が出たため行けなくなった場所は?
A:スーパーマーケット B:お風呂
答えはB! チムシルバン(サウナみたいなもの)では裸になるのにサインを求められるのはちょっとと(笑)。

あと残りはジャンケンして5人決定~。
ガインさん、ユジョンちゃん、スヒョンくん、ガインさん、ユジョンちゃんの順で5名に授与。やっぱしっかりカメラに映ってそう。全国放送で面が割れるくらいならポスターもらえなくても諦めがつく(>_<) あ、でも当たったポスターのサインはひと目見てみたかったなあ、当たった方帰りに探せば良かった(爆)。

クイズ大会終了でMC田代さんと虻ちゃん退場~と思ったけどクイズの前に退場だったか?すでに記憶曖昧。。。

これから記念撮影、なるべく中央に寄って後ろの方は浅く座って近づくように~とPDさん。後ろのプレスの方も一緒に映るのかな?と思ったら退場してくださいと(だよね~)。マスコミカメラがぞろぞろぞろぞろ再入場して、キャスト3人を真ん中に記念撮影!あちこちから一斉にフラッシュで、なんだかスターになった気分。"ヨギバジュセヨ~(こっち見てください)"的な声にわたしまで視線向けたりして(笑)。なかなか楽しい経験でした! でもこの記念写真、たしか最初のMCで公式ガイドブックに使われますって聞こえたような気がしたんですが空耳だったか、公式サイトだったか?

番組収録自体はたぶん11:00くらいから終わりは13:20、ずっと背もたれもなく座布団一枚の上に座ってたんでとにかくおしりや腰が痛いのなんの。合間にちょこちょこ座りながらストレッチしたりしましたが後半きつかったです~。でもキャスト方々は姿勢良くずっと座ってたので(しかも女性陣はお肌露出系)すごいなあ、プロだなあ。

最後はPDさんから、どんどん宣伝してみんなで盛り上げましょう的な挨拶で締め。
お土産袋に入っていたプリントにも"ブログやツイッターなどで情報発信されてる方は今日の収録の様子やドラマの魅力などをぜひ発信してください、一緒に盛り上げていきましょう"とありましたし今回の80倍の確率だった番組収録に参加できたのも"選考の結果"、みんながみんなブログやツイッターをしてる方でもなさそうでしたが広告料かけずに熱心にPRしてくれる素人の口コミ効果もまんざらバカにしたものでもないのでしょう(笑)。もちろん頼まれなくても全力で応援させていただきますが!

下記の写真はブログ掲載用にとNHKが用意したもので、参加者は指定のURLからDLして利用してくださいとのこと。こういうことって他でもあるのかな、気が利いてて嬉しいなあ。想い出の記念写真も自分はマメですが自己満足^^

ss20121209-photo01.jpg ss20121209-photo02.jpg ss20121209-photo03.jpg

ss20121209-photo04.jpg ss20121209-photo05.jpg 

ss20121209-photo06.jpg
わかります?(爆)

今日の収録の放送は来年1月13日(日)21:00からですがそれ以外にもまだまだプロモ放送が予定されているとのことでまとめてアップ~↓

12/19(水) 17:00~17:40 BS1 「ほっと@アジア」 ※「ほっと@エンタメ」コーナー
12/19(水) 18:20~18:30 BSプレミアム他 ミニ番組「太陽を抱く月」ナビ
12/22(土) 14:00~15:00 総合 「土曜スタジオパーク」 ※「まるNフラッシュ」コーナー
01/11(金) 12:20~12:43 総合 「BSコンシェルジュ」 ※「びぃコン通信」コーナー
01/13(日) 21:00~21:44 BSプレミアム 特別番組「太陽を抱く月」放送直前スペシャル
01/20(日) 21:00~    BSプレミアム「太陽を抱く月」 
01/21(月) 22:00~22:25 Eテレ 「テレビでハングル講座」 ※インタビューコーナー


なんだかこう見るとあっという間に本放送の1/20(日)になりそうですねえ。
待ちきれない方はぜひ原作をお読みいただけるとフュージョン史劇ファンタジーの世界観も理解でき、あんなシーンこんなシーンがどう映像化されるのかと妄想テンション高々でドラマを待つ楽しみも増しますので超オススメです! どうせ放送は週1話でどっちにしろ続きが待ちきれなくなるのは明らかですし、早めに読むに限ります(爆)。

韓国ではもともと人気の小説だったからこそドラマ制作が決定、一時絶版になっていたのがドラマ放送直前に再販されたわけで、順序からして小説を先に読んだ方がある意味自然。「宮」や「成均館スキャンダル」を後追いした時代を経ていまや先に原作が読める超ありがたい状況を楽しまない手はないです~。ということで年末年始にいかがでしょう↓

 

また思い出したら追記するかもですがとりあえず潜入レポは終了です~。

ss20121209-11.jpg
Thank you? コマスミダ~(笑) 今日の想い出に^^

来年の本放送は日本語吹き替えですが、字幕の文字数では伝えきれない情報を得られ、母国語で自然耳から聞くことで映像にも100%集中できるのでわたし的にはけっこう楽しみだったりします。(もちろん再放送は日本語字幕で!)大人俳優の声優さんは誰になるんでしょう?早く知りたいなあ、NHKさま情報更新待ってます!
別窓 | [太陽抱月]日本版関連 | コメント:3 | top↑
'太陽抱月'の三主役キム・スヒョン、ハン・ガイン、キム・ユジョン 試写会見写真集め
話題作‘太陽を抱く月’の主役キム・スヒョン、キム・ユジョン、ハン・ガイン(左側から)が9日東京、渋谷のNHK本社で来年1月20日から放送を始める‘太陽を抱く月’の特別番組公開録画後記者会見をしている。

[聯合ニュース 2012-12-09 19:53] 元記事はこちらから

ss20121209-2.jpg

あとは同様テキストなので下にまとめアップ~

'太陽抱月'の三主役キム・スヒョン、ハン・ガイン、キム・ユジョン 試写会見写真集め…の続きを読む
別窓 | [太陽抱月]日本版関連 | コメント:0 | top↑
‘太陽抱月’キム・スヒョン、ハン・ガイン、キム・ユジョン、日本NHK特集録画
話題作‘太陽を抱く月’の主役キム・スヒョン、キム・ユジョン、ハン・ガイン(左側から)が9日東京、渋谷のNHK本社で来年1月20日から放送を始める‘太陽を抱く月’の特別番組公開録画を終えた後記念写真を撮っている。

イ・テムン通信員

[聯合ニュース 2012-12-09 14:39] 元記事はこちらから

ss20121209-1.jpg

※収録が終わり一般が退場させられスタジオ出たところで時計を見たら14:20、イテムン通信員様お早いお仕事で~。画像は勝手ながら加工していますが思いあたる位置の方は元記事サイトから無修正記念写真がDLいただけます^^

これからちょっこしずつレポアップしようかと~
別窓 | [太陽抱月]日本版関連 | コメント:0 | top↑
[2012年放送関係者①]大衆をひきつけた放送3社ドラマ フォーカス
放送関係者最大話題期間は年末授賞式が布陣している12月。 2012年の最後の月を送っている現在の大衆を笑って泣くようにさせた、数多くの人々をひきつけた放送3社ドラマのフォーカスは何か。

◇ KBS '烏鵲橋(オジャッキョ)','棚ぼた','セヨンが'家族劇の大勢

今年の一年KBSドラマは週末劇が最高強勢を成し遂げた。 昨年から始めて今年2月放映終了した'烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟'は最後の放送36.3%(AGBニールセン、全国気分/以下洞である)を記録して有終の美をおさめた。 前作'愛を信じます'もやはり20%後半台の視聴率を記録して大人気をおさめたが旋風的な人気の開始は'烏鵲橋の兄弟'だった。

2011年KBS演技大賞で男女新人演技賞を始め優秀演技賞、作家賞など何と6冠王を記録した'烏鵲橋の兄弟'はその人気を引き続き維持してKBS週末ドラマの旋風的な人気の出口を開いた。

本格的なKBS家族劇大勢を占めたことは'棚ぼたのあなた'(以下棚ぼた)。 いわゆる'シーワールド'を向かったキャリアウーマン チャ・ユンヒ(キム・ナムジュ扮)の孤軍奮闘を描いたこの作品は多少陳腐になる素材を愉快でコミカルに解きほぐして視聴者たちの熱烈な支持を受けた。

特にキャリアウーマンで生きていく女性たちの社会的苦難をつねって家族の愛を描くと同時に個性あふれるキャラクターに各種カメオ出演でコミック要素まで武装したことは家族ドラマというジャンル内'棚ぼた'二種類は最も大きいポイントになった。

その結果'棚ぼた'は9月9日最終回放送を45.3%という視聴率で終えて名実工業が'国民ドラマ'隊列に上って2012年最高のドラマと指折り数えられた。

その後に続いて現在の放映中の'私の娘ソヨン'という劇序盤'ノングルダン'の牙城をつなぐことができないという憂慮を踏んで視聴率上昇の勢いを記録して人気を呼んでいる。

自身を冷遇した娘イ・ソヨン(イ・ボヨン扮)に対するイ・サムジェ(チョン・ホジン扮)の涙ぐましい'父性愛'を描いた家族劇'私の娘ソヨン'という初回19.3%で去る2日32.6%視聴率を記録、2012年KBS週末ドラマの牙城を継続している。

これでKBSは'烏鵲橋の兄弟'-'棚ぼたのあなた'-'私の娘ソヨン'で2012年一年中家族ドラマを平定した。

◇ SBS 'サラリーマン楚漢志'から'ドラマの帝王'まで'ジャンル的新鮮で'

SBSは2012年新鮮で多様な素材を持って視聴者たちを探した。 'サラリーマン楚漢志'から現在の放映作'ドラマの帝王'まで。 いわゆる'明らかなジャンル'に限定されていたドラマに嫌気を感じたような大衆に多少実験的ということができる2012年SBSドラマは新鮮さをプレゼントするのはもちろんで古いドラマの素材を一歩導いたと見られる。

先に1月放送された'サラリーマン楚漢志'は新薬開発を置いて大企業間に広がる暗闘と競争を入れたことで、大韓民国サラリーマンの哀歓と成功を入れると同時に中国歴史小説'楚漢志'中うんざりしなさい末期ハンウとユバンの話を借用して目を引いた。 単純な権力暗闘と主人公の成功ストーリーに終わることができる話を'楚漢志'と構成しながら風変わりな興味を誘発したこと。

2012年ドラマを話しながら省けない作品があると'追跡者THE CHASER'(以下追跡者)。 幼い娘を失ったあるお父さんが真実を暴く過程で巨大な権力と向き合うことになるという映画的ストーリーがブラウン管に移されながら手に汗握る緊張感を誘発した。

特にトップスターないしアイドルが主をなす最近放送界のトレンドを果敢に抜け出してソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、パク・グニョンなど中堅演技者が主軸を成した'追跡者'は硬いストーリーとともに彼らの内面空白が光を放ちながら'名品ドラマ'の派閥を形成した。

そうであるかと思えばインターネットとスマートフォンの大衆化で現代を生きていくこれらに省けない生活の一部になったサイバー世界を素材にした'幽霊'もある。 サイバー世界と人間関係を置いて孤軍奮闘する内容を描いた'幽霊'は推理ジャンルにオンライン世界という素材を加えて視聴者たちの緊張感を誘発して話題に浮び上がったことがある。

また、現在の放映中の月火ドラマ'ドラマの帝王'は大衆が簡単に接するのが難しい放送界、特にドラマ製作会社を背景にしていて'風変わりな素材'の命脈を継続している。

過去ドラマ'オンエア','彼らが生きる世の中'など間接的にドラマ製作に対する内容を入れた作品が存在したがこのようにドラマ製作を置いた暗闘を描いた作品は初めてであるから最近'ドラマの帝王'は明らかな素材に疲れた視聴者たちの心情をなだめる役割をしている。

◇チョジョンソク、イソンミン...'スター養成所' MBC

2012年MBCはとりわけドラマを通じて新しく注目されるスターを作り出した。 キム・スヒョン、チョジョンソク、イソンミンら。

キム・スヒョンは'クリスマスに雪が降りますか','ジャイアンツ'を通した子役出演以後'ドリームハイ'の中ソンサムドン役に主役を演じて視聴者たちにすでに目で存在を知らせた状況。 だが、彼の代表作品は'太陽を抱く月'だ。 彼は'太陽を抱く月'でその年齢帯演技者の間に当然優れた演技力を持ったことを立証して今年最高のスターで君臨することになった。

また'ザキング トゥハーツ'の中チョジョンソクは助演にもかかわらず深い印象を残して視聴者たちをひきつけた。 劇中大尉ウンシギョンを演じた彼はイジェハ(イ・スンギ扮)を補助すると同時に王女イ・ジェシン(イ・ユンジ扮)とロマンスを形成して女心を揺さぶった。 映画'建築学概論'中ナプトゥギ役割ですでに忠武路の耳目を集中させた彼がお目見えした落ち着いている性格のウンシギョンは風変わりな感じをかもし出してチョジョンソクに対するまた他の発見と指折り数えられる。

'ゴールデンタイム'中イソンミンは2012年最高の発見といえる。 彼は'ザキング トゥハーツ'で国王イ・ジェガン役に出演して既存の身近なおじさんイメージを脱離したのを踏み台で'ゴールデンタイム'のチェ・インヒョク教授役を担って全盛期をむかえた。

純朴で整理されなかった外形のチェ・インヒョク教授が持つカリスマとヒューマニズムにこれを消化したイソンミンの内実ある演技力は視聴者たちをホリックシキミョ新たに注目される俳優に選ばれることになった。

そうであるかと思えばMBCは子役俳優を'スター'で作るのに一助となった。 '太陽を抱く月',週末ドラマ'メイクィン',水木ドラマ'会いたい'等を通してヨ・ジング、キム・ユジョン、キム・ソヒョン、パク・ゴンテが大衆的人気を得ることになったこと。

これらは'成人演技者キラー'と呼ばれるほど幼い年齢にもかかわらず優れた演技力を保有した次世代スターだ。 さらに'子役俳優が引き続き演技してはいけないのか'という話を聞くほど。

既存子役俳優が成人演技者が本格的に登場するのに先立ち話の展開を説明する程度の役割に過ぎなかったことに比較すれば途方もない発見に違いない。 今年子役俳優はMBCの多様な作品を通じて名実共'スター'席を横取りしたしドラマ視聴率を引き上げるのに大きい役割をしている。

[ファイナンシャルニュース 2012-12-06 16:33] 元記事はこちらから

ss20121208-1.jpg ss20121208-2.jpg ss20121208-3.jpg

※各局演技大賞楽しみだなあ。
わたし的予想はKBS「棚ぼた」「カクシタル」、SBSはドラマ界のリアルを描く「ドラマの帝王」は希望、MBCはやっぱ「太陽抱月」かなあと、でも「会いたい」ほか「ザキング」もあったか!悩む~(>_<) というわけで年末はテレビにPCスマホを駆使してリアル視聴忙しい!(爆)


あ、五本指はノーコメント・・・
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
年初ドラマは冷や飯? 依然として強い‘太陽抱月’演技大賞抱くか
今年MBCドラマはストライキ余波と内紛の中でもそれなりの成果を出した。

その中でも今年の初め40%に肉迫する視聴率を記録した'太陽を抱く月'は断然引き立って見えた。 今年この記録を破ったMBCドラマがないのみならず本放送はもちろん再放送に欠放スペシャルまで広告完勝は記録を立てて広告でだけ約130億収益をおさめたと分かった。 '太陽を抱く月'で熱演した演技者の存在感もより一層大きくなった。

主人公キム・スヒョンは初めての映画'泥棒たち'で千万観客を動員する記録を立てたし現在の映画'隠密に偉大に'を撮影中だ。 それこそ症候群を起こして今年最も熱く浮び上がったスターだ。 上半期収益だけ百億ウォン台になるという分析が出てくることもした。

ハン・ガインは映画'建築学概論'まで興行させて完璧な復帰申告式を払った。 '悪い男'以後演技活動が一度もなかった演技力論議で気苦労をしたりもしたが演技力論議で気苦労をしたりもしたがハン・ガインは相変わらず美貌と存在感で代表美女女優の位置づけを固めた。

チョン・イルは悠悠自適、風流男児、表面では虚々実々..誰より自由に風のように生きるように見られるがその内面に孤独だということと苦痛を飲み込んでいる陽明というキャラクターをまともに表現やり遂げて好評を受けた。 'ハイキック'の世間知らず少年を脱いで出して安定的演技で視聴者たちを驚かせた。

子役スターも眩しかった。 興行不敗ヨ・ジングは子役だと呼ぶことも申し訳ないほどの演技力と存在感で成人俳優まで圧倒するという評価を受けている。 '会いたい'でも切ないメロ演技で女心を泣かせた。 キム・ユジョンとキム・ソヒョンも子役界のスターだ。 美しい容貌はもちろん整った演技力に連日好評を受けている。

よく年初ドラマは年末授賞式で冷や飯の境遇を免れないと話す。 だが'太陽を抱く月'が持っている影響力と存在感は年末まで続いていて授賞式で良い成果を得ることができるものと見られる。

MBC演技大賞は昨年ドラマ大賞と名前を変えて人でない作品に大賞を授けた。 今年も作品に大賞を与えれば'太陽を抱く月'は有力な大賞候補でなければならない。

[ニュースエン 2012-12-08 09:15] 元記事はこちらから

ss20121208.jpg

※年末に発表される演技大賞は視聴者記憶の新しい下半期ドラマの受賞が主流、年明け早々最初の放送だった「太陽抱月」はそう考えると一番不利だけどなんか今回は持っていきそうな予感大! 映画に他局ドラマに引き継がれた"初恋コード"の先陣、年明けには日本の国営テレビNHKでの放送も決まっている話題性も文句なし~。ドラマとして大賞受賞、キムPD始め主・助演陣が華やかなステージに立つ姿を想像してしまいます^^

でもウネちゃんの"会いたい"健闘も期待しています~。
別窓 | [太陽抱月]終映後コラム・批評 | コメント:0 | top↑
キム・スヒョン、‘太陽抱月’日本プロモーションで出国...NHK編成確定
俳優キム・スヒョンがドラマ‘太陽を抱く月’プロモーションで日本に出国する。

キム・スヒョンは来年1月日本NHK正式放映を控えたドラマ‘太陽を抱く月’プロモーションのために出国、来る8日と9日両日間日本、東京で放送出演およびファンたちとの出会いを持つ予定だ。

今年の初め最高視聴率42.2%を記録して‘国民ドラマ’で登板した‘太陽を抱く月’は去る8月日本衛星チャンネルKNTVでの放送当時キム・スヒョンに向かった現地の熱い関心があふれるなど大きい話題を集めたことがある。

熱い反応に力づけられて日本地上波放送であるNHKでは週末黄金時間帯である日曜日9時編成を確定作って来る1月20日初放送を控えている。

また、初放送に先立ちドラマ ハイライトとキム・スヒョン、ハン・ガインなど主演俳優の特別インタビュー映像が入れられた‘太陽を抱く月-スペシャル’の放送を確定作ったと分かってより一層期待を集めている。

ドラマ‘太陽を抱く月’で初恋を懐かしがる純愛好きと国を治めるカリスマを同時に備えた王‘このフォン’役を完全に消化して絶賛を受けたキム・スヒョンは今回のNHK放送を通じて日本での位置づけをより一層強固に確かめると予想される。

一方キム・スヒョンは今年の初め‘太陽を抱く月’に続き1300万観客を動員した最高話題作‘泥棒たち’でドラマと映画は興行に成功したし最近‘青龍映画賞’で人気スター賞を受賞して高い人気を証明した。

[ファイナンシャルニュース 2012-12-05 14:02] 元記事はこちらから

ss20121205-1.jpg

※スヒョンくん公式サイトによると来日は7日? 8日はNHKの公開収録として9日の出会いってなんだろう。ともかくもう少しで生スヒョンくん楽しみだ!
別窓 | [太陽抱月]日本版関連 | コメント:0 | top↑
ドラマ「太陽を抱く月」NHK BSプレミアムにて2013年1月20日スタート!
やはりこの話題はブログに残しておかねばと!

ドラマ「太陽を抱く月」NHK BSプレミアムにて2013年1月20日スタート!
毎週日曜 午後9時00分~ 全20話 日本語吹き替え版
公式サイト(こちら

少女時代のホ・ヨヌ:キム・ユジョン(声:沢城みゆき)
少年時代のイ・フォン:ヨ・ジング(声:新垣樽助)
少年時代の陽明君:イ・ミノ(声:小松史法)
少女時代のポギョン:キム・ソヒョン(声:渋谷はるか)
少年時代のキム・ジェウン[ウン]:イ・ウォングン(声:保村真)
少年時代のホ・ヨム:イム・シワン(声:佐藤拓也)
少女時代の旼花王女:チン・ジヒ(声:小林由美子)
チャン・ノギョン:チョン・ミソン(声:岡寛恵)
大妃:キム・ヨンエ(声:弥永和子)
成祖:アン・ネサン(声:山路和弘)ほか

特別番組放送決定! 「『太陽を抱く月』放送直前スペシャル」
BSプレミアム 1月13日(日)午後9時00分~9時45分
出演:ハン・ガイン、キム・スヒョン、キム・ユジョン
虻川美穂子(北陽)、田代親世(韓国エンタメナビゲーター)


キャスト名、少年時代の陽明君イミノってなってますが、そのうち他の表記に倣ってイミンホに変わるんでないかと踏んでます(爆)。

そしてラッキーにも公開収録に行けることになり、一足早く特別番組の様子をこの目に焼きつけてまいります! 当日ネタバレNGがでなければ潜入レポ敢行! どうぞお楽しみに~って生スヒョンくん、ユジョンちゃんを前に舞い上がってメモれないかも(>_<)

韓国で放送が始まったのは今年の正月早々1月4日、それからMBCのストの影響があったりで3月中旬まで。日本では週1話放送だと6月2日までか、、、ってわたしのセンイル!(爆) スローテンポではありますが半年も楽しみが続くのは嬉しいかも。その後は地上波だろうし、ぜひ次はヨチングくんも大人ジェウンにソンヒョンやみんなそろって来日ファンミとかお願いしたいなあ。

リアルタイムやKNTVですでに視聴済みな方は多いでしょうが、初めて見る方、ぜんぜん期待してない方、しばらくスヒョンくんは出ないのかとガッカリされてる方もまずは第1話、いや放送直前スペシャルはお見逃しのなきよう! もうきっと一週間が待ちきれなくなること必至です^^ 
別窓 | [太陽抱月]日本版関連 | コメント:0 | top↑
| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。