いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ワンドゥギ'キム・ユンソク・ユ・アイン、チェ・ファジョン見えるラジオ出演
映画‘ワンドゥギ’主演俳優キム・ユンソク(43),ユ・アイン(25)がSBSパワーFM ‘チェ・ファジョンのパワータイム’に出演する。SBSは30日“各種試写会で良い反応を得ている映画‘ワンドゥギ’広報で、キム・ユンソクとユ・アインがラジオに出演することにした。 ラジオで見られなかった2人の俳優の率直な話を聞くことができるだろう”と明らかにした。

キム・ユンソクとユ・アインは映画‘ワンドゥギ’撮影裏話、映画内容と関連した私の人生のメントに関する話などを分ける予定だ。

10月4日見えるラジオに進行される。

[ニューシス 2011-09-30 18:33] 元記事はこちらから

ss20110930-2.jpg

※大先輩キムユンソク氏と一緒にラジオ出演なんて、アイン舞い上がりそうだなあ(爆)。これは楽しみです~^^
スポンサーサイト
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
[初めての反応]'ワンドゥギ',完璧なキャスティングに温かい笑いと感動
ぴったりな服を着た主助演俳優らのおいしそうな演技一品

教室一番後隈に席を占めたトワンドゥギ. 試み時かまわず'こいつ! トワンドゥギ'を叫ぶ担任ドンジュ先生. 'どうかドンジュちょっと殺して下さい'というワンドゥギの切実な(?) 祈祷にもドンジュのいじめは終わりがない。 さらに門だけ開けばお互いの家が見えるとても近い'隣近所の人'だ。 このように始まった誤った出会いが最高の結果を持ってくる。

映画'ワンドゥギ'というキムニョリョン作家の同名小説を映画化した。 最近評壇と大衆を全部ひきつけた'広場を出ためんどり','るつぼ'などと同じように'ワンドゥギ'もやはり原作を映画化したwell made作品に名前を上げても充分だ。 原作を見なくても映画の面白みを感じるには充分だ。 '広場を出ためんどり','るつぼ'がそのように。

'ワンドゥギ'の最も大きい魅力はぴったりな服を着た主助演俳優らのおいしそうな演技だ。 少なくともキャスティングだけは100点満点だ。 ユ・アインは反抗的ながらも小心なワンドゥギ役を完全に消化した。 演技でない実際の姿でないかという錯覚を起こすほどだ。

キム・ユンソクもやはり差し出がましくて、独特の教育哲学を持ったドンジュ役に適当だった。 "小説を書く時思い出させたことでその俳優らだ。 シンクロ率100%それ以上のキャスティング"と絶賛した原作者の心が十分理解された。

ベテラン キム・ユンソクを相手に覇気のユ・アインは全く押されないで、自身の存在感を表わした。 特に2人の俳優の呼吸と均衡感が重要したのでユ・アインの存在感がより一層光を放った。 ここにワンドゥギのお父さんパク・スヨン、ワンドゥギのお母さんイジャスミン、お隣りおじさんキム・サンホなど周辺人物らも適材適所に笑いと感動をプレゼントする。

ことごとにワンドゥギを困らせるが誰より彼を愛しむドンジュ、そのような先生が面倒だが誰より彼を信じて頼るワンドゥギ、このように二人を軸に展開する話は温かさを伝えるのにあつらえ向きだ。 さらに学生と先生の関係が崩れた現実を考えれば'ワンドゥギ'はファンタジーに近い。

ここにワンドゥギとユナ(カンビョル)の荒っぽいラブライン、ワンドゥギのラブレターを書き写すドンジュ先生などあちこちで笑いが出てくる。 また、多文化家庭、外国人労働者、障害家族など幅広い話で多彩な見どころを作った。 もちろん多くの話は可能性と深さの不足を持ってきたりもする。 だが、映画の温かさがクゴンマジョも勝ち抜く。

ある言論関係者は"一言で温かい。 映画全体に温もりがいっぱいしみこんでいる"として"愛らしいワンドゥギ、寒い季節の変わり目に風邪薬でも良いようだ"と好評した。 また他の言論関係者は"すべての配役に完璧なキャスティングがなされた"として"ユ・アインもキム・ユンソクと演技対決で押されないで均衡感をよく合わせた"と評した。 12才観覧可、10月20日封切り。

[ノーカットニュース 2011-09-28 17:54] 元記事はこちらから



※「空と海」以来の映画、アインがこんなに誉められてて嬉しいし誇らしい^^
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
「ワンドゥギ」釜山国際映画祭オープン シネマ前売りオープンと同時に売り切れ
最高の演技派俳優キム・ユンソクと[成均館スキャンダル] ‘コロ病’症候群の主人公ユ・アイン、これらの幻想的な演技呼吸で完成された愉快で胸暖かいメントリングで話題を集めている映画<ワンドゥギ>(提供/配給CJエンターテインメント|製作(株)ユ比喩フィルム、オナドムビス??|監督イハン). アジア最大の映画祭の釜山国際映画祭オープン シネマ部門公式招請作の<ワンドゥギ>が28日(水)午前9時前売りがオープンされるやいなや4,400席余りの大規模座席があっという間に売り切れ事例を記録、釜山での<ワンドゥギ>熱風を予告している。

世の中に背を向けた小心な反抗児‘ワンドゥギ’と世の中にさからうオジラプ先生‘ドンジュ’、お互いにメンターとメンティーになった二人の男の愉快で胸暖かい話を描いた<ワンドゥギ>. 言論試写会とVIP試写会を通じて初公開された以後キム・ユンソク、ユ・アインの好演と2人の俳優の完ぺきなアンサンブル、いかにも強情そうだったり人為的でない愉快で暖かい笑いに対する賛辞があふれているなかで、釜山国際映画祭チケット販売が始まるやいなや驚くべき速度の売り切れ事例を記録して熱を帯びた雰囲気を継続している。

10月9日(日)海雲台数えたタームに位置した映画の殿堂野外劇場で初めての上映を控えている<ワンドゥギ>は前売りがオープンされるやいなや約4,000席規模の座席があっという間に売り切れたし、10月10日(月)メガボックス海雲台で進行される400席規模の上映チケットもやはりオープンと同時に売り切れ行列を記録して<ワンドゥギ>に対する高い期待感を立証した。

最も大衆的ながらも作品性ある映画をお目見えするセクションのオープン シネマ部門に招請された<ワンドゥギ>に対する気がかりなことと関心で激しい競争終わりにチケットを得ることになったネチズンは“前売り成功! このようにはやく売り切れたこと見ればユ・アインの力が大きいように”(pinkybirds),“アラームまで合わせて前売りするのに脂汗をかきました。 とにかく前売り成功!”(totoreport),“前売り練習までして待機したところ7秒後に完了! 私は勝利者だね!”(khrboss)等<ワンドゥギ>に対する期待感とときめきをそっくり表わした。 キム・ユンソク、ユ・アインの完ぺきな演技呼吸と原作小説それ以上の愉快な笑いと暖かい感動で好評を引き出している映画<ワン得が>. アジア最大の映画祭り釜山国際映画祭をすでに熱い雰囲気にしている<ワンドゥギ>熱風は釜山を基点により一層強まると期待される。

映画<ワンドゥギ>の原作のキムニョリョンの同名小説は2008年出版新年20万部が販売されたのに続き今まで70万部以上の販売高を記録したし、演劇でも上演されて11次アンコール公演に突入するなど出版界に続き公演界でも興行作で登板して話題化されたことがある。

青少年から成人まで多様な読者層をひきつけたベストセラーを原作で悪口を口について生きるが個性と人間味あふれる教師‘ドンジュ’に変身したキム・ユンソクと荒いが深い内心の反抗児‘ワンドゥギ’に帰ってきたユ・アインの新しい姿、そして2人の俳優の完ぺきな演技呼吸がより増して期待を集める映画<ワンドゥギ>. どこでも見られなかった意外性あふれる斬新なキャラクターと彼らが表わす愉快で胸暖かいストーリー、ウィットあってユーモラスな台詞が観客らに忘れることのできない笑いと感動の瞬間をプレゼントするだろう。

時には不倶戴天の敵のようで時には暖かい家族のような二人の男ワンドゥギと同舟の特別なメントリングで愉快な笑いと面白味、胸暖かい感動をプレゼントする映画<ワンドゥギ>は来る10月20日観客らを探す予定だ。

[財経日報 2011-09-30 00:00] 元記事はこちらから

※すごい、大期待作ですね~。いいなあ観られる方;;

そっか、配給CJ三でしたね(笑)。早く日本公開日決めて欲しい~。
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
'ワン得が'ユ・アイン'ソンス'コロよりすばらしかった、学生時代反抗経験おかげ?
俳優ユ・アインが"全てのものにさまよった学生時代が'ワンドゥギ'に多いに役に立った"と話した。 その間の作品でも模範生よりは反抗的なイメージを主に見せた彼は'ワンドゥギ'でも反抗的気質を持った高2学生トワンドゥギに変身した。

ユ・アインの新しい顔、トワンドゥギは不遇な家庭環境に勉強もできないが戦いだけはその誰にも負けない学生だ。 コプチュインお父さんと知的障害を病む叔父を触るのが嫌いで世の中と背を向けて生きるがお隣り隣であり担任のドンジュ先生(キム・ユンソク)が介入し始めながら人生が変わる。

反抗的な役割をたびたびしたおかげで今回の役がやさしかったかも知れない。 だが、それよりは学生時代本人も反抗児であった時があるので今回の演技に多くの役に立ったと話す。 ユ・アインは"すでに多い所で記事化されて知らされたが全てのものにさからった時期があった"として"だが、そのおかげで'ワンドゥギ'に会ってとても役に立ったようだ"と回顧した。

映画の中でユ・アインは涙を流して、大きく一度笑ってみて、荒っぽく愛して、キックボクシングをしたりもする。 アクション、メロ、感動まで幅広い演技領域を全部見せるわけだ。 その中ともすると走って、パッと触ればげんこつを突き出すなかで肉体的にも大変な点が多かった。 しかしユ・アインはキックボクシングを習ってたくさん合うシーンを演技したことに対して気楽だったと話した。 彼は"合う演技がさらに気楽だ。 見る方々が感じられたかも知れないが殴らないで合うのにそれがさらに痛快で解消される部分があったよ"と楽しかった撮影所感を明らかにした。

だが、劇中フィリピンの母親を置いた混血児で出演する理由に深みのある表現に限界を感じたという。 ユ・アインは"事実混血という事実を知ることになった時10代高校生には大きい混乱だ。 その感情を深く表現するには自分自身に限界があったのではないかという気がする"と惜しい点を告白した。 また、混血児を演技するために撮影の時ごとに皮膚の色を濃く扮装しなければならなかったことも大きい苦衷だったと伝えた。

しかしこういう努力があったのでユ・アインは'成均館スキャンダル'の時よりさらにすばらしく見える。 '成均館スキャンダル'のコロは女心を揺さぶる魔力のカリスマを持っていましたがワンドゥギは'演技が上手だよ'という気がする演技を見せられなかった。 だが力を抜いて、きれいな顔に戻ったユ・アインはからだにぴったり合う'ワンドゥギ'をお目見えする。 ユ・アインの容貌や他の魅力でない演技を見ても満足するほどの成長だ。

[スポーツソウルドットコム 2011-09-27 17:16] 元記事はこちらから

ss20110927-5.jpg

※早く見たい~(>_<)
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
[現場] 「ワンドゥギ」ユ・アイン“演技したくなくて逃げたことがある”
ユ・アインが<ワンドゥギ>中自身のキャラクターに深い共感を表わした。

ユ・アインは27日ソウルcgv往十里で開かれた<ワンドゥギ>の記者懇談会で“私も青少年時期には彷徨をたくさんした”としながら“それでワンドゥギを演技するのに役に立った部分がある”と話した。

また、ユ・アインは“彷徨をたくさんしながら学校を止めた。 演技を19才に始めたが20才の時は演技がしたくなくてやめるといって故郷大邱に逃げたこともある”と話した。

引き続き彼は“(映画、ドラマの)内キャラクター大部分が反抗児であった。 環境が不遇だったり社会に不満が多い人物をたくさん演技した”と話しながら“私が考える青春がそうだったり私も似た現実に置かれていてまだつやつやしているように世の中を受け入れることができない面がある”と率直に話した。

この日ユ・アインは“トレンディーなメロ物をしてもかまわない私でもう欲も出る”としながらメ物にも引き続きキム・ユンソクは“だが、私席では話をよく聞かなければならない”と話して皆を笑うようにさせた。

一方、ユ・アインは<ワンドゥギ>で不遇な環境で育って、少しずつ世の中の外に進む小心な18才反抗児トワンドゥギ役に熱演を広げた。 キム・ユンソクと共同主演した映画で来る10月20日封切りする。

[マックスムービー 2011-09-27 21:04] 元記事はこちらから

※アインの青春よ再び!
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
‘ワンドゥギ’監督“ ‘ソンス’見たとすればユ・アイン キャスティング悩んだかも…”
秋の劇場街に小説熱風が吹いている。 コン・ジヨン作家の同名小説が原作の‘るつぼ’が封切り5日ぶりに全国100万観客を突破したのに続き、70万部以上の販売高をあげたキムニョリョン作家の小説を映画化した‘ワンドゥギ’(製作ユ比喩フィルム、オナドピクチャーズ/監督離韓)が封切りを控えている。

‘ワンドゥギ’(製作ユ比喩フィルム、オナドピクチョス/監督イハン)は世の中と塀を作った18才高校生トワンドゥギ(ユ・アイン)と差し出がましい‘トンジュ’先生イドンジュ(キム・ユンソク)の胸暖かい話を描いた映画. ‘成均館スキャンダル’で大きな愛を受けたユ・アインと‘追撃者’ ‘タチャ’で演技力を認められたキム・ユンソクの出会いに関心を集めた。

27日午後2時ソウル、城東区CGV往十里で開かれたマスコミ試写会でユ・アインは“同じ年頃らのように心をつかむことができなくてさまよった時期があった。 二十歳頃には1年ぶりに演技をあきらめて大邱に逃げることもした”として“過去の記憶がワンドゥギを演技するのに多くの役に立った”と話した。

これにイハン監督は“ユ・アインは初めて会った時からワンドゥギと似ていた隈があった”として“ ‘成均館スキャンダル’を見たとすればキャスティング過程で悩みが多かっただろう。 かえって以前出演映画らで見せてくれたユ・アインの自然なワンドゥギがキャスティングに決定的だった”と明らかにした。

この日公開された映画は屋根裏部屋で互いに向かい合って生きていくワンドゥギと‘トンジュ’の愉快な教頭、そして移住労働者、障害者など周辺の疎外されたこれらを共に抱こうとする温みが穏やかな感動をプレゼントしていた。

一層余裕がある演技を披露したキム・ユンソクは“肉体的に大変な場面がなくて気楽だった。 だが、小説を読んだ70万読者の頭の中にそれぞれ違ったドンジュのイメージがあるという考えが負担になった”として“シナリオに合うキム・ユンソクが表現できるドンジュに焦点を合わせた”と説明した。

キム・ユンソク、ユ・アインをはじめとしてパク・スヨン、キム・ヨンジェ、イジャスミン、キム・サンホ、パク・ヒョジュ、カンビョルなどが出演する‘ワンドゥギ’は来月20日封切り予定だ。

[経済トゥデイ 2011-09-27 17:49] 元記事はこちらから

※前の映画って「俺たちに明日はない」かなあ「アンティーク」かなあ。
アインの失われた10代の想いがぎゅっと詰まった感じ、早く日本語字幕で見られるといいなあ。


10月のアインのセンパ(こちら)、ワンドゥギ日本語字幕上映とかすればいいのにねえ、、、なんて残念ながら行けないけど(>_<)
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
[現場] 「ワンドゥギ」言論公開、キム・ユンソク-ユ・アインの愉快なメントリン
映画<ワンドゥギ>が27日言論に初公開された。

27日cgv往十里(ワンシムニ)で開かれたマスコミ試写会には主演キム・ユンソク、ユ・アインとイハン監督が参加した。 <ワンドゥギ>は十八才高校生反抗児ワンドゥギの成長痛を愉快なタッチで描いた映画だ。 ユ・アインは世の中から落ちて隠れて過ごそうとするワンドゥギで、キム・ユンソクは彼だけの経た方式でワンドゥギにメンターになる担任先生ドンジュを演じた。

キムニョリョン作家のベストセラー同名小説の映画化した<ワンドゥギ>は成長映画の形式を借りてきて世の中の関心から遠ざかっている階層の隅々を明るくて暖かい視線に照らす。 不遇な環境で育って色々な不幸を抱いて暮らすワンドゥギが少しずつ世の中に適応していく姿は過度に軽いこともすさまじくもなくて情感あるように近づく。 外国人労働者、多文化家庭、障害者など多少重いこともある素材も愉快な絵で賢く解きほぐした。

ユ・アインとキム・ユンソクが演技したワンドゥギ-ドンジュの関係は私たちが十分経験して見てきた師弟関係とは少し違う。ドンジュは学級でワンドゥギの不遇な環境を遠慮なく掘り起こして、ワンドゥギはそのようなドンジュを殺してくれと祈祷までする。 もちろんコミカルなタッチがいっぱいしみこんでいる。 おかげで二人がどうのこうのする姿がずっと笑いをかもし出す。

主演2人の俳優の演技も良い評価を聞いた晩夏だ。 若い世代の反抗心を代弁することになじむユ・アインは前より円熟した顔で劇を導いていく。 キム・ユンソクはすぐにでも駆け寄りそうだった前作らの野性を閉じたまましらじらしい日常の演技を披露する。 2人の俳優の呼吸も悪くない。

この日マスコミ試写会を通じてイハン監督は“原作があたえる良い心がわい曲なしで伝えられたら良いという考えで作った”と伝えた。

ユ・アインは“軽く見えることができるがその中に含んでいる内容が決して軽くないということを感じることができたら良いだろう”と話した。

キム・ユンソクは映画の中短いロマンスに対して"これからすることになるメロの予告篇だと考えてくれ"と話して皆を笑うようにさせた。

一方、映画<ワンドゥギ>は来る10月20日封切りを控えている。

[マックスムービー 2011-09-27 18:29] 元記事はこちらから

ss20110927-1.jpg

※仕上がりもとっても良さそう!満足げなアイン、いい顔です^^

ss20110927-2.jpg ss20110927-3.jpg ss20110927-4.jpg

ユンソク兄~、これからもアインをよろしく!

別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
キム・ユンソク・ユ・アイン'ワンドゥギ',10月20日封切り確定
キム・ユンソク、ユ・アインが主演した映画'ワンドゥギ'(監督イハン)が来る10月20日封切りを確定した。

'ワンドゥギ'という荒いが深い内心を持った反抗児ワンドゥギ(ユ・アイン扮)が人間味あふれる教師ドンジュ(キム・ユンソク扮)に会って次第に変化していく姿を描いた映画で、2人の俳優の演技呼吸、意外なキャラクター、ユーモラスな台詞が引き立って見える。

映画でキム・ユンソクは特別な教育哲学を持ってちょうど言葉を頻繁に使いながら暮らす独特の先生ドンジュを演じた。 ユ・アインは反抗的な姿裏面にイェリコ純粋な魅力を持ったワンドゥギ役で演技した。

'ワンドゥギ'の原作のキムニョリョンの同名小説は2008年出版されて今まで70万部以上の販売高を記録したし、演劇でも移されて11次アンコール公演を記録するなど出版界と演劇界両側で好評受けた。

一方'ワンドゥギ'という来る第16回釜山国際映画祭オープンシネマ部門上映作に選ばれて10月9日海雲台、センタムシティに位置した映画の殿堂野外劇場で上映される。

[イーデイリー 2011-09-26 18:31] 元記事はこちらから

ss20110926-1.jpg

※あ、1週間とか公開延びた? 宮千秋楽の時もしや先行有料試写会あるかなあと狙ってたのにこりゃ無理かなあ残念なり(+_+)

11月末までロングランしてて欲しい~(爆)
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
パク・ミニョン“愛? ドラマでするでしょう”イ・ミンホ言及注目
パク・ミニョンがボーイフレンド イ・ミンホに対して一歩遅れて言及して目を引く。

9月24日放送されたKBS 2TV '芸能家中継'ではパク・ミニョンの画報撮影現場が公開された。

この日公開されたインタビューはパクミニョンとイ・ミンホとの熱愛事実を公式認定する前だ。 'シティーハンター'で最も記憶残る場面がなにかという質問を受けたパク・ミニョンは"ソファーキスが美しかった。 お互いが好むのを分かることは分かるが始める恋人のようで良かった"と話した。

しかしソファーキスはきわどいラブラインだけ見せただけ実際キスでは続かなかった。

これに対してパク・ミニョンは"視聴者の立場である時腹が立った。 しかし惜しくてももどかしい気持ち味出るようにおもしろくて(製作スタッフが)そんなことをいれたよ"と冗談を言った。

特にひきつづき演技活動を広げるパク・ミニョンに"このように忙しくてボーイフレンドにいつ会うのか"と尋ねるとすぐにパク・ミニョンは自然に"ドラマで(愛を)するでしょう"と答えた。 パク・ミニョンは'シティーハンター'で現在のボーイフレンドのイ・ミンホと深い恋人関係であった。

引き続き"クリスマス日通りを手を握って歩き回りたい"と風を表わしたりもして視線を集めた。 周囲で調べてみればどうするのかという質問には"それでできないでしょう"と才覚があるように答えた。

パク・ミニョンはイ・ミンホとソウル 江南に位置したあるフュージョン レストランで秘密デートを楽しんでいる。

[ニュースエン 2011-09-25 08:27] 元記事はこちらから

ss20110925-1.jpg

※いまも交際は順調なのかなあ、いつも空気のように一緒に過ごせるドラマが終わってそれぞれ日常に戻る、これからが大切ですね^^
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
ユ・アイン“無作法でない、自信があるように話すことは難しいが..”
俳優ユ・アインがファッション マガジンとともに強烈な魅力のインタビュー画報をとった。 10月新しい映画<ワンドゥギ>の封切りを控えているユ・アインは今回のインタビュー画報を通じて強くて経たイメージをお目見えした。

ユ・アインはとのインタビューで"性格が艶がないようだ"という周囲の誤解に対して"芸能人は全てのものが誤解だ。 'や無作法でない'と自信ありげに話すことは難しいのかも分からない。 ただし場合なくはなくて誰にも被害を与えたことないと言いたい。 あくどい人がさらに優しくて優しいこともある。 私はかえっていつも他人事に涙流す弱い人"としながら、自身を囲んだ偏見に対して内心をさらけ出した。

映画<ワンドゥギ>で荒いが内心深い反抗児高校生の役割を受け持った彼は"個人的に10代に対する未練が大きい。"として自身が大事に保管してきた10代の姿、過去の記憶らを思い出させて演技に没頭したと話した。 映画<ワンドゥギ>は十八才の反抗児'ワンドゥギ'と彼を世の中の外で引き出そうとする独特の先生'ドンジュ'の愉快で胸暖かい話を描いた映画.

インタビューを進行した編集者はユ・アインに対して'直接的な、しかしそれで飾り的でない、魅力的な俳優'であったとし彼との出会いに対して評価した。 普段文を書くことに格別な関心を見せてきたユ・アインはこの分野に関する今後の欲と計画を明らかにすることもした。

俳優ユ・アインのインタビューと画報は 10月号で確認することができる。

[ニュースエン 2011-09-21 10:19] 元記事はこちらから

ss20110921-2.jpg

※アインの書く文章、ツイッターはわけわからんけどミニホはなんか詩的でステキだったからエッセイ本とか書いたらいいのに。

ss20110921-3.jpg
別記事から写真だけ
別窓 | [ユアイン]その他話題 | コメント:0 | top↑
| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。