いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
成均館スキャンダル、アイドルファンだけ見ると? 意外(?)な視聴者が度々増える!
成均館(ソンギュングァン)スキャンダルがいよいよ視聴率2桁対に進入した。 絶頂に向かって走って行く‘東夷’と‘ジャイアンツ’間で予想外の大きい収穫を作り出している。

28日放送された‘成均館スキャンダル’ 10回では泥棒寃罪をこうむったユンヒを助けるための成均館よく金4人衆の孤軍奮闘が続いた中でソンジュン(パク・ユチョン扮)-ユンヒ(パク・ミニョン扮)-ジェシン(ユ・アイン扮)の三角ラブラインが本格化して目を引いた。

29日視聴率調査会社TNmSによれば‘成均館スキャンダル’ 10回視聴率は10.1%を記録して、‘東夷’と‘ジャイアンツ’の鯨の争いの中でも着実に上昇の勢いを継続している。

‘成均館スキャンダル’をアイドル歌手をはじめとする美男青春スターらを前に出したロマンス物でだけ感じた視聴者たちがさわやか溌剌な青春物らしいながらも当代の時代状況を深く扱って出して全体流れを失わない硬い構成にますます陥っていること。

特に政調時代改革を望む王と彼に対抗する既得権勢力の権力争い、市廛商人と老論の結託など朝鮮時代の状況ながらも現時代に投影される問題を指摘することによって若い君主とそれぞれ違った個性の青春らがどのようにこれを解いていくのか関心を集中させている。

だから序盤にはアイドル スターのファンたちが主視聴者だったら、ますます意外(?)な視聴者たちも次から次へ増えている。

‘成均館スキャンダル’関連記事にかかったコメントらまた“成均館儒者らの話が現実の話と妙に重なる瞬間. このドラマが本当に良くなりましたよ。 そうだ私とともに考えて、葛藤するこれらがここにあるんだね...するそのような強固さだといいましょうか。(sopy48)”、“初めからアイドルメンバー出てくる軽いロマンス物で片付けたのに、このように深みのある話を含んでいるとは..老論両班(ヤンバン)らが政調に対して後談話(?)するのを聞けば必ず盧武鉉大統領思い出しましたよ(eddie)”、"'成均館スキャンダル'という題名が照れくさいほど良いドラマと考えます。(mayonnaise)“など賛辞一色だ。

いつのまにかまともになった‘well madeドラマ’と評価されている‘成均館スキャンダル’がどれくらいさらに多い視聴者たちを引き込んで月火劇競争構図に波乱を起こすことになるのか期待が高まっている。

[ENS 2010-09-29 12:53:23] 元記事はこちらから

20100929-14.jpg

※'成均館スキャンダル'で照れくさかったら"トキメキ☆"までついてどうしましょう(爆)。
原作はドラマとはまた微妙に違うみたいだし、現代まま"成均館儒者たちの毎日"でもイイ感じ~。


「宮」の時はそれなりに原作で様子はわかってたけど「成均館」はまるで予備知識がないんで毎回新鮮!今後もチカラ入れて情報収集いたします~。

スポンサーサイト
別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
成均館スキャンダル‘よく金4人衆’青春の壁…時代の壁…
KBS月火劇‘成均館(ソンギュングァン)スキャンダル’は表面では史劇と学院物が結びついた青春史劇だ。舞台は朝鮮最高留学教育機関の成均館(ソンギュングァン)だ。ここに入学した儒者は既得権者だが正道を歩くパク・ユチョン(イ・ソンジュン),女性よりきれいな線を持ったソン・ジュンギ(ク・ヨンハ),荒いが正義感に燃えるユ・アイン(ムン・ジェシン)とこれらと同じ部屋を使う男装女パク・ミニョン(キム・ユンヒ、キムユンシク)等だ。瞬時見れば男装女が作り出す明らかなロマンスになる可能性がある。 これらF4は‘花より男子’の史劇バージョンと考えることもできる。

だが‘成均館スキャンダル’は結構重たい話を引き出している。深みある留学が出てきて、これを通じてこれらは乱れている世の中、党派争いで四分五裂された当時社会の解決方法を探す。期待した程の視聴率が出てこなくなっているが、このドラマに注目しなければならない理由だ。

‘よく金4人衆’で呼ばれるあなた若い儒者らは境遇は各々違うが世の中を変えたい情熱だけは純粋だ。イ・ソンジュンはチョン・ヤゴンを左遷させた老論の領収であり左議政イ・ジョンム(キム・ガプス)の息子で原則と真心を持ったが権力の中心で権力を批判しなければならない困難がある。

お父さんのくやしい死後衰退した家を世話したキム・ユンヒは社内よりさらに優れた頭を持った。 身分制社会で成均館にさえ入ってくることはできない女の身分という漸移男装をすることになった動機だ。

コロ・ムンジェシンもやはり実兄が金などの地社(息子思悼世子に対する悔恨の情を入れた英祖の親書)を守ろうとしたが老論によって無惨に殺害された時席を守るために沈黙で一貫したお父さん大司憲ムン・クンスを目撃した。 そして朝鮮には希望がないとし夜には洪壁書で覆面しながら朝鮮に向かって厳しい忠告を与えている。

弱さク・ヨンハは金持ちの家息子で朝鮮版‘カサノバ’生活をする‘花高尚な人’だが何が定義で原則認知だけは確実に把握している。ここにこれらとはことごとに対立する成均館の葬儀(学生会長)ハインス(チョンテス)はソンジュンとユンヒを苦境に陥れる人物で骨の中まで序列主義者だ。

成均館のこのような多様な青春の分岐を1ヶ所で縛ることができる力は成均館博士のチョン・ヤゴン(アン・ネサン)から出てくる。 南人実学思想佳人彼の教えは今日の私たちにより大きい響きを与える。 チョン・ヤゴンは変わり者先生のようだが文だけ習ってはいけなくて悟りの重要性を強調する。 君子は器に閉じ込められていてはいけないという真理を説明する。

政調は思索党派と派閥で乱れていた時期に不偏不党と和合を夢見るが巨大な老論の壁に遮られている。 それで政調が朝鮮を導いていく成均館博士で成均館に送ったチョン・ヤゴンに視聴者たちは大きい期待をかけていることだ。

成均館に入学した青春らが時には挫折して時には好機も働かせながら原則と真理を積んでいきながらどのように世の中を変える力を得て、現実の不正をどのように跳び越えるのかを観察するのは非常に興味深い。

大射礼(弓を射ること大会)でユンヒが弓も捉えられない状態であきらめないで標的のホン心を当てるほど熱心に練習する強い挑戦精神まで持ったし、ソンジュンもこういうユンヒを助けなければならないという事実を知っている。 財神もまた、ホン壁書で活動して腰に弓をむかえた状態でもユンヒ、ソンジュンと共に組を作ったという共同体的使命感で大会場所に喜んで現れる情熱を持った。 それならこれらが跳び越えることのできない壁はない。

[ヘラルド経済 2010-09-28 10:07] 元記事はこちらから

※ミーハーさはまるでなく、まるで「宮」のような、、、もしかしたらその抱える重さを考えるとそれ以上に化けるかも?

別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
'成均館スキャンダル'矛盾正す.. 本出版予定
18世紀成均館(ソンギュングァン)儒者らの生活と活動状況を入れた本が成均館関係者によって出版される予定だ。成均館を背景にしたKBS 2TV月火ドラマ‘成均館スキャンダル’上の歴史上の矛盾も正す。

成均館、カンドンミン企画出版部長は28日TVリポートに“二十余日後に関連した本を出す”としながら“‘パンジュンジャビョン’の詩を翻訳しておいたし‘太学紙’に反するドラマ上の矛盾も使うかもしれないと思う。超高価ある程度なった”と執筆中である本に対して明らかにした。

‘パンジュンジャビョン(〓中雑詠)’は政調時代後半二十年近く成均館学生で在籍したツヤが220編の詩を執筆して構成した本だ。朝鮮時代総合教養書の‘太学志’やはり成均館儒者らの人生を反映した本で良く知られている。

カン部長は“ドラマにまともに反映にならないと思ったし成均館を知らせることができる機会と考えた”としながら“本の前部を編集中であり題名はまだ決めなかった。私費を入れて本を出版する”と執筆動機と計画に対して話した。

一方粘り強い上昇の勢いに乗っているドラマ‘成均館スキャンダル’に力づけられて原作小説‘成均館儒者らの毎日’と後続作‘奎章閣(キュジャンガク)各神々の毎日’やはり書店街で旋風的な人気を呼んでいる。

[TVリポート 2010-09-28 16:57]  元記事はこちらから

20100929-13.jpg

※ドラマに便乗(失礼)、関連本発売も人気のバロメーター^^

別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
‘成均館’、TVは泣いて本は笑って…
視聴率不振かかわらず書店街火の粉…“異例的呼応”

原作ほどのドラマはない(?)

KBS 2TV月火ドラマ‘成均館(ソンギュングァン)スキャンダル’(脚本キム・テヒ・演出キム・ウォンソク)とこの作品の原作の小説‘成均館儒者らの毎日’に対する反応が両極端だ。 ドラマ視聴率は低調だが原作は書店でベストセラーで人気を得ている。

28日まで放送した9回の間‘成均館スキャンダル’は一桁数視聴率を抜け出せずにいる。 アイドル スターミッキー・ユチョンとソン・チュンギ、ユ・アイン、パク・ミニョンを前面に出したが7.7%(TNmS集計・全国基準)から始まった視聴率は9回まで放送する間1.1%ポイント上がるのに終わった。

だが、小説の状況は違う。 チョンウングォル作家が書いた原作の‘成均館儒者らの毎日’ 1,2冊はもちろんシーズン2人‘奎章閣(キュジャンガク)各神々の毎日’ 1,2冊までベストセラー5位中に上がっている。

教保文庫が28日集計した9月第4週主幹総合ベストセラーで‘成均館儒者らの毎日’は各々2位と3位に上がった。 その後に続いて‘奎章閣各神々の毎日’やはり4~5位だ。 同じ期間小説部門集計ではこの小説が1位から4位まで一気に収めた。 書店関係者たちもこのような反応は異例的という反応だ。 教保文庫関係者は“‘成均館儒者らの毎日’は出てきて3年が過ぎた小説なのにドラマ後光効果を正確に見るようだ”として“ドラマや映画が出てくれば原作がベストセラーに進入するのに今回のようにシリーズ全部が10位中に入ったのはまれなこと”と明らかにした。

ドラマと原作に対する相反した反応は‘成均館スキャンダル’視聴者掲示板でもそのままあらわれる。 ドラマに対する評価よりドラマと原作の中エピソードとキャラクターを比較する意見が多い。

‘成均館スキャンダル’製作関係者は“原作をどのように脚色して表現するかとのドラマが終る時まで製作スタッフが持つ宿題”として“原作と離す訳には行かないがもう一つの話でドラマを見るならば他の面白味を探すことができるだろう”と話した。

[スポーツ東亜 2010-09-29 08:38] 元記事はこちらから

20100929-12.jpg

※火曜日は二桁に乗せてきましたし原作もいいけどドラマもね状態~。
これは続編も読みたいですぞと鼻息荒くなりますがまずは最初のをともかく翻訳発売して欲しいです~;; 佐島先生ファイティン!


別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
[文化を探して] “ここはきわめておごそかな‘成均館’がある班村です”
政治・権力闘争熾烈…儒教立った朝鮮最高教育機関

この頃月火ドラマ中で最も人気多くのプログラムを挙げろと言うなら<成均館(ソンギュングァン)スキャンダル>だと話しても過言ではない。

ドラマを見れば“ここはきわめておごそかな‘成均館’がある班村です”という一言に兵士たちだけでなく官僚も近所にも行けない。こちらがすぐにきわめておごそかな降霜の道理がある‘成均館’だ。

ドラマは既に私たちが分かっていた文読む若い儒者らが集まった成均館の姿だけでなく、朝鮮最高の教育機関として青春らが耐えられなければならなかった政治・権力競争を含んでいる。 一方では主人公らのロマンスを史劇だが難しくなく扱って視聴率を上げている。

本来‘成均’という意味は調和を作り出して交わるという意味だ。当時成均館は政治・権力闘争の中で善意の競争をした所で女の出入りを禁じた。これらすべてのものが似合った時降霜の道理がきわめておごそかな朝鮮最高機関になることだ。

成均館は全国の数多くの人材中の色々な段階の試験を経て厳選された約200人の学徒らが最後試験を受けるために勉強した所であり国の管理になろうとするなら経なければならない重要なところだった。

当時朝鮮の国交であった儒教によれば人間がしなければならないこと中で最も重要なのは両親にヒョをつくすということだった。 この親孝行をつくすところは管理になることでこれを通じて立身揚名を成し遂げることができた。

管理になれば家系図に記録されて死んだ後にも官職名前が墓碑に彫られて永遠に保存された。 このようにすることで一族を天下に知らせられる場合があるので朝鮮人はこれよりもっと行われた親孝行はないと感じた。

朝鮮両班家子弟は管理になるために成均館を経なければならなかったし、それが王道であった。 成均館で選ぶ人員は200人余りで3年に一回ずつ過去を見てその中33人だけ管理資格を与えて合格させた。 これを見れば管理になるのが容易でなかったことを察することができる。

成均館で伝えられる孔子と弟子の対談中、弟子が孔子に儒教の最高経典の<市警>の精神が何かと尋ねると孔子が“考えることに邪悪だということがないことだ(事務社、思無邪)”と答えた。この話はすなわち自身が属した共同体利益より自身の利益をさらに前に出すならばそれがすぐ買われることになるという意だ。

これと共に孔子の儒教思想を敬う成均館は政治・権力闘争の中競争が激しかったが、私的に立たないで功績に立って一番上高尚な人の精神を習う最高教育機関だった。

[天地日報 2010-09-29 10:26] 元記事はこちらから

20100929-10.jpg 20100929-11.jpg
(左)空に向かって鋭く付き刺さっている大成殿右側軒端の線は成均館の威厳を現わす。
(右)成均館の教育を担当した明倫堂は総18間で左右に夾室があって中間に党がある構造だ。

※すごいところみたいだなあ。

「宮」記事がないのをいいことにガムシャラに「成均館」記事集めてます・・・。

別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
ジュンギホリック、コロ病...'成均館'廃人浮かび上がった!
KBS 2TV月火ドラマ'成均館(ソンギュングァン)スキャンダル'(以下成均館)が視聴率10%を初めての突破して人気始動をした。 29日視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば28日放送された'成均館'は全国基準10.2%の視聴率を記録、放送一ヶ月ぶりに二桁に進入した。

10%視聴率が'大当たり'ではないが意味を持つ理由はMBC '東夷'とSBS 'ジャイアンツ',同時間帯二つの大作が各々20%台視聴率を出してすでにテレビ劇場を占領した状況で編み出した成果であるためだ。 '成均館'が小幅だが着実に上昇の勢いを守ってくることができた原動力はすぐに'コロ病','ジュンギホリック'にどっぷり浸かった廃人らだ。 よく金4人衆、'ギャラン ソンジュン'(パク・ユチョン扮) '対物ユンシク/ユンヒ'(パク・ミニョン扮) '弱さヨンハ'(ソン・ジュンギ扮) 'コロ・ジェシン'(ユ・アイン扮)等はもちろん太る金4人衆の親分であり悪役の引き受け(チョンテス扮)とソンジュンを片思いするヒョウン(ソ・ヒョリム扮)まで色とりどり魅力のキャラクターらがまんべんなく愛を受けている。

パク・ユチョン、パク・ミニョン、ソン・ジュンギ、ユ・アインなど青春俳優らは多様なキャラクターらをからだにぴったりな服を着たように立派に消化して劇の面白みを増す。 このためにドラマ掲示板とファン カフェなどにはいわゆる'コロ病','ジュンギホリック'に苦しめられている廃人らの声が絶えることない。

特にユンシクが女であることを分かっても黙黙と秘密を守って彼女のそばを守っているのをムン・ジェシンは居間の女心を固く捕まえた。 コロ病という話まで出てくるほどジェシンにどっぷり浸かった女性視聴者たちが増えていること。 荒くて男性の魅力が充満するが分かってみれば中が深いことをコロキャラクターを引き受けたユ・アインまで一緒に人気が沸き上がるところだ。

だけではない. 'ジュンギホリック'を訴えるこれらも頻繁にあることだ。 劇中女色帝王で登場するヨンハはすべてに軽くていたずららしいように見られるが非常な頭を持った。 また、女よりもきれいな皮膚結果美貌(?)を持った代表的な'花高尚な人'だ。 ユンシクが女という心証を持って真実を暴こうと努力するがいつも失敗するところだ。 だが、原色のただ服を着てウインクを飛ばして歩いていく姿自体だけでも絵同じで女心を揺さぶるのが常だ。 適切なユーモアとセンスまで整えて魅力は倍加される。

視聴者たちは全く違うキャラクターだが二人の魅力に賛辞を送るところだ。特にそれぞれの役割を水が流れるように消化しているユ・アインとソン・ジュンギの演技力も期待以上という評.ドラマ ファン カフェなどにはユ・アインとソン・ジュンギの場面だけを別に集めた映像や放送画面キャプチャーなど多様な掲示物らが上がってきて廃人らを熱狂させるところだ。

今後ソンジュンとユンシク、ジェシンの間のラブラインとよく金4人衆の友情がどんな方法で展開していくのか好奇心が集められる中で各キャラクターらの魅力やはり'成均館'の主要観戦ポイントになる展望だ。

[OSEN 2010-0-29 16:38] 元記事はこちらから

20100929-9.jpg

※アインくんがこんなに男っぽいなんて見ていてドキドキです(*^^*)。
「成均館」は、ユチョン、ジュンギくん、チョンテスさん、いぶし銀中年俳優陣含めて絶対誰でもお気に入りができるはず~というか一人なんて選べない~という至福のドラマです(爆)。


別窓 | [成均館]ヨリム寄り記事 | コメント:0 | top↑
'成均館スキャンダル',ソン・ジュンギが注目される理由
男装女コンセプトを容認する程の'女よりさらに美しい'ソン・ジュンギ

'成均館(ソンギュングァン)スキャンダル'のよく金4人衆が話題だ。 見るだけでもおしっこをチャルグムジャルグムたれるという美男4人衆. 他の見方をすれば'花より男子' F4の史劇バージョンを見るようだが、事実4人衆中にキムユンシク(パク・ミニョン)は男装女という点で'コーヒープリンス1号店'をさらに似ていた。 ドラマが持っているメッセージは党派で分かれた既成世代に対する若い青春らの挑戦あるいは抵抗を含んでいるが、実質的にドラマに力を付与するのはこの4人衆がミッションの中で見せるぐつぐつあるロマンスだ。

あたかも'キャンディ'のアンソニーとテリウスを連想させるイ・ソンジュン(パク・ユチョン)とムン・ジェシン(ユ・アイン),そしてアーチとステアを合わせたようなク・ヨンハ(ソン・ジュンギ)が男装女で成均館に入ってきたキムユンシク(本来はキム・ユンヒ)と微妙な関係で構成する。 いつも傾いていてふるまう反抗児ムンジェシンはキムユンシクが事実は女という事実を目撃とは彼女を保護するためにありったけの力をふりしぼって、イ・ソンジュンは友情にだけ分かった胸ときめきがどこか恋愛感情であったということを悟って行く。 ク・ヨンハは早くからキムユンシクが男装女という心証を持っていたが、すぐにその点に興味を感じながらこれらと同じ方に立つ。

話はこれらよく金4人衆と成均館葬儀ハインス(チョンテス)との対決を含んでいるが、おもしろいのはこれら後方に王と権力を掌握した老論勢力との対決が連結されているという点だ。 王は成均館儒者らにミッションをおろすが、そのミッションはまた、王が老論勢力を弱化させようとする方式で提示される。 すなわち成均館は大学だが、当代の調整の縮小版だ。 この案で広がる事件はささいに見えても一つの政治的な行為に描かれる。

おもしろいのはよく金4人衆中で唯一ク・ヨンハというキャラクターが眼に触れるという点だ。 事実ク・ヨンハはこのような対決構図の中に当事者で立っているというよりは傍観者のように周辺に立っている人物だ。 そのような彼がなぜこのように注目されるということだろうか。 それは先にこのキャラクターが違うキャラクターらとは違ってだいぶ現代的であるためだ。 イ・ソンジュンは典型的な官吏子弟の姿で、ムンジェシンもまた、典型的なその極端の反対側に立っている反抗的なキャラクターだ。 だが、ク・ヨンハはゴマ方正に近い軽いということを表わすキャラクターだ。 彼に学問や政治のようなものはどこか滑稽に見える。

彼が人生の条件で前に出す'面白味'という次元はク・ヨンハという朝鮮時代のキャラクターを昨今の若者たちの感性と連結する重要な輪だ。 どこか世の中を早く分かってしまった若い青春らは人生で唯一の慰安の種として面白味を探す。 彼は儒者らの物を盗んだという謀略に陥った金允植のために捜査をするのではなく、自身がなくした物を探すために探偵遊びをすることになる。 彼はここでも直接的に問題を解決していくのではなく、そばでその過程を見守ってうれしがる役割だ。 虚無主義的まで感じられるク・ヨンハというキャラクターが魅力的に感じられる理由には明らかに、昨今の現実が青春らに賦課する虚脱感が入っている。

もちろんク・ヨンハというキャラクターを起こすのはソン・ジュンギという美男があったためだ。 彼がすごい演技力をお目見えするのではないが、少なくとも彼が持ったイメージはク・ヨンハというキャラクターとあまりにもよく似合う。 その上ドラマ的に見る時ソン・ジュンギはこのややもすると理解することはできない'男装女遊び'をそれさえも理解するようにさせる重要な役割をする。 '女よりもさらに美しい'彼のイメージがあったので誰か見ても女のパク・ミニョンが男装女で活動することが容認されるということだ。

それでもク・ヨンハというキャラクターがただ虚無主義に陥った青春を代弁することで注目されるという話ではない。 重要なのはこの何一つ真剣に悩みそうでないキャラクターがキムユンシクに会って徐々に真剣になり何か人生に意味あることをしていくその変化に対する期待感だ。 そしてこの期待感は現実に打ってさまよう青春ら自ら現実を越えようとする欲求を刺激するという点で意味がある。

[OSEN 2010-09-29 09:06]  元記事はこちらから

20100929-7.jpg 20100929-8.jpg

※アーチー&ステアかあ! なんだかんだ絡んでもヒロインの良き理解者で終わりそうだな~(爆)。

別窓 | [成均館]ヨリム寄り記事 | コメント:0 | top↑
'成均館スキャンダル','私たちはならないのだ'世代に捧げる青春の頌歌
小説'成均館(ソンギュングァン)儒者らの毎日'を原作にしたドラマが製作されるといった時、'コーヒープリンス1号店'の男装女ロマンスや'花より男子'のような美男青春物以上を期待した人はそんなに多くなかっただろう。美男らだけ並んでいる10代専用ファンシードラマで誤解しやすい'成均館スキャンダル'(以下'ソンス')に"アイドル メンバーで目を引く青春物とだけで片付けたが、このように深みのある話を含んでいるとは思わなかった"という賛辞が続いている。

'ソンス'は改革を望む政調とそれに対抗した既得権の争い、市廛商人と老論の結託など朝鮮時代の状況の中青春らの奮闘を基本仕組みでする。 これの中で広がることらが現時代の問題を連想させて視聴者たちの共感を引き出す。

過去'ソンス' 5話でキム・ユンヒ(パク・ミニョン)は女という事実が坦路や危機に処した。家の没落に売られる危険に直面したユンヒはお金のためにやむを得ず大科に出て行って成均館に入城した。その間ユンヒは学習の喜びと一緒に自身が生きていく理由をまた知ることになった。また、自身の存在価値を感じさせる人々も交際するようになった。時代的特性上、ユンヒのつかむ大罪に該当して家族みんなが大きい罰を受けることになる。 だからユンヒはチョン・ヤゴンにひざまずいて涙で訴えた。

ユンヒの涙が視聴者たちの心をジーンとさせた理由は彼女が切実なためであり社会の疎外者であるためだ。ユンヒは貧しい。その上女だ。したがってユンヒは"貧者と女は成均館に似合わない"という既存の社会支配原理に抵抗する人だ。

28日放送された'ソンス' 10話でユンヒは貧困のために本を盗まなければならなかった少年の代わりに汚名を負って、"この国が変わらない以上そのような少年らはずっと生じるほかはない"と話す。そしてチョン・ヤゴンに質問する。"女は官員になれないといいましたか?ところで立派な男たちが官員になったこの国朝鮮は今、なぜこのようですか?"

ユンヒの発言はこの前国を揺さぶった'外交官子供特典事件'などと関連して示唆する点を提示する。視聴者たちは"政調がノ・ムヒョンを連想させる","権力者お父さんを置いたソンジュンの煩悩、社会的弱者のユンヒの勇気がたくさん考えるようにさせる"等の意見を出しておいた。

暗鬱な時代だ。絶望がうねる。青年たちは"私たちはならないのだ、多分"として世の中と時代を恨む。こうした時に人生に対する質問を投げてそれに対して真剣な答えを得ようと思う'ソンス'中青年たちの切実なことはより一層光る。

あるブロガーの言葉通り"世の中は若者たちを裏切って進むが若者たちはその世の中を切ってかき分けて行く"一時間ドラマがこの時代の人々にあたえる慰労で充分でないだろうか。

[レビュースター 2010-09-29 15:53:54]  元記事はこちらから

20100929-5.jpg 20100929-6.jpg

※久々に記事読んで泣かされました;; 「成均館」深すぎる;;

別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
ソン・ジュンギ、広告界'大事なからだ'…しないCFが何なの?
KBS 2TV月火ドラマ'成均館(ソンギュングァン)スキャンダル'(脚本キム・テヒ/演出キム・ウォンソク)の‘魅力満点花高尚な人’ソン・ジュンギが広告界ブルーチップで急浮上している。

'成均館スキャンダル'を通じて自己発光花美貌、カムチクウインクと殺人微笑、リアルな演技、色々韓服スタイルなどで好評受けて熱い人気を得ているソン・ジュンギが広告界でも脚光を浴びていること。 ソン・ジュンギは男性ファッション、カジュアル ブランド、主流、化粧品まで渉猟して次世代CFキングとしての地位を固めている。

現在のソン・ジュンギは男性ファッション ブランド イ・ジオ(EZIO)とカジュアル ブランドTBJの専属モデルで活躍している。温かい容貌とスタイリッシュなファッションでファッショニスタの容貌を発揮、衣類ブランド モデルとしてその魅力を発散していること。

また、ソン・ジュンギは最近ロッテ主流の‘初めのようにクール’のモデルになって、アフタースクールのユイとともに ツートップ体制で呼吸を合わせている。 特に最高の女スターらが主流をなして、禁男の領域でも通じる焼酎モデルで活動、より一層目を引くことも。

一緒に自他共認皮膚ハンサム ソン・ジュンギはグローバル コスメチック ブランド‘トニーモリ’の新しい顔になって、化粧品モデル隊列電撃合流した。 ビューティーブック‘皮膚ハンサム プロジェクト’でベストセラー作家にも登板したソン・ジュンギは“幼い皮膚と明るい微笑を持っていてトニーモリがプレゼントしようと思う暖かい美しさを最もよく表現するモデル”という絶賛を受けて、ブラウンアイドガールズとともに化粧品モデルとして活動を始めた。

ソン・ジュンギの所属会社sidusHQは“現在、ソン・ジュンギに対する広告界の多大な関心を皮膚で感じている。言葉どおり広告界のラブコールが殺到している中”としながら“特に、<成均館スキャンダル>放映と共により一層高まった人気を実感している。広告界でソン・ジュンギのきれいで元気なイメージをたくさん愛されるようだ。本当に感謝するだけだ。大きい期待ぐらい、今後もより一層多様で活発な活動にお伺いできるように努力する”と伝えた。

多彩な魅力で広告界の神聖に浮び上がったソン・ジュンギは現在、ドラマ'成均館スキャンダル'と共に'ミュージックバンク','日曜日が良い-ランニングマン'を通じて多様な姿で熱い愛を受けている。

[OSEN 2010-09-29 08:02] 元記事はこちらから

20100929-4.jpg

コメント省略で~。

別窓 | [成均館]ヨリム寄り記事 | コメント:0 | top↑
「成均館スキャンダル」 vs 「イタズラなキス」 アイドルは育つ
老化でない成長が進行されるので青春は可能性でいっぱいである時期だ。 KBS <成均館スキャンダル>とMBC <イタズラなキス>はこの青春らの話だ。 環境と性格、路線まで他の少年らと少女は成均館という空間中で、天才少年と平凡な少女はある屋根の下でお互いがどれくらい違ってから確認したり発見する。 この差で誰かはまだ熟さなかった信念を育てていって誰かはときめく愛の感情を感じて少しずつ高まる。 <10 アジア> ウィ・クンウ記者とキム・ソニョンTV評論家がロマンスと成長で圧縮できる <成均館スキャンダル>と <イタズラなキス>を比較して見ることができる場を作った。/編集者注

“知恵は答でなく質問にある。”成均館博士チョン・ヤゴン(アン・ネサン)のこの教えはKBS <成均館スキャンダル>の人物らを動かす動力だ。 イ・ソンジュン(ミッキー・ユチョン)を成均館儒者の道に導いたことは過去試験場での答案のためでなく果たしてこの試験が一族と党色にしばられないのかに対する質問のためで、一緒に成均館儒者になったキム・ユンヒ(パク・ミニョン)が新国の吉凶の儀式と大射礼など大型の行事の主人公になったことやはり貧しい人と女は成均館に似合わないという既存権威に質問を投げるためだ。 彼らの質問に対する世の中の答は結局真理ではないのでまた他の質問を呼ぶがチョン・ヤゴンの言葉通り知恵は答でないその質問の過程にある。 そしてこの地点で <成均館スキャンダル>の政治史劇としての要素と青春物としての要素が遭遇する。

質問して質問してまた、質問するドラマ

事実ロマンス小説 <成均館儒者の毎日>ウル原作にするといった時、人々がこのドラマに期待したことはKBS <花より男子> と同じ美男青春物だとか、MBC <コーヒープリンス1号店> と同じ男装女とのきわどいロマンスだっただろう。 だが、原作小説が歴史的脈絡を希薄にさせる方式で現代的感じのロマンスを実現したとすれば、 <成均館スキャンダル>は近代化の岐路に立った政調時代から現代的意義を積極的に解釈する方式で同時代に対する話を解きほぐす。 改革を望む君主と彼に対抗する既得権勢力の構図はKBS <韓城別曲-正>のようなノ・ムヒョン時代に対する隠喩に近くて、市廛商人と老論の結託で現代政治家と財閥の蜜月を思い出させることは難しくない。 だが、こういう描写が同時代の軽薄な複製に終われないことがあるのは、善と悪の二分法で簡単に分けることはできない悩みの余地を残すためだ。 朝鮮は官吏の国という左議政(キム・ガプス)の信念は王権を強化しようとする政調のそれよりどんな面ではさらに進歩的だ。 だが、問題はその信念が一つの独断になって絶対王権ぐらい腐敗した老論の絶対権力を作ったという事実だ。 それでも王権強化を正当化するならば賢明な王の政調以後の時代が不確かだ。 過渡期の国に正確な答はない。 して、質問して質問してまた、質問しなければならない。

青春、猶予でない成長する時間

<成均館スキャンダル>でその役割をするのは実際に人生の過渡期を送る成均館の儒者らだ。 まだ現実政治に出ることはできない彼らは必然的に自分だけの正しくて正しくないということに対する基準を作る。 そしてその定規が現実の中に合わない時ごとに彼らはまた新しい質問と悩まなければならない。 キム・ユンヒの無罪を明らかにするための捜査でよく金4人衆は儒者らの物品を盗んだ犯人を捜し出すが、盗みではなくてはお母さんの葬儀さえろくにすることはできない汚い世の中という犯人の話に反論できない。 だが、イ・ソンジュンの言葉通り盗みが正当化されることができることでもない。 これは本に出てきたどんな原則一つで是是非非を分けることができる問題でないので引き続きその矛盾に対して悩むしかない。 そしてその過程で彼らは成長する。

<成均館スキャンダル>がこのよく作った成長物であることは、成長という話の完全な重量感を見せるためだ。 よく金4人衆をはじめとする儒者らは猶予の時間を買う青春だが決して現実と乖離した有閑知識人ではない。 彼らはそれぞれそれなりの信念と哲学があるが他の人々との疎通あるいは争いを通じてそれをさらに丈夫ながらも柔軟に作っていく。 原則主義者イ・ソンジュンはすべてのことを理性的にだけ扱うことができないということを認めてキム・ユンヒに申し訳なくて話して、老論を憎悪するムン・ジェシン(ユ・アイン)は党派の名前よりはどんな意を抱いたのかさらに重要だということを老論イ・ソンジュンに学ぶ。 同じように朝鮮に対する強い偏見を持っていたキム・ユンヒやはり偏見向こう側の世の中を見る見識を育てる。 時にそれはお父さんと対決すること(イ・ソンジュン)のように苦しい経験を伴うが成長という質問をのがさない激しさを通じてこそいつも未完成だが‘さらに’良い方向に進行されることができることだ。 彼らが前に作っていかなければならない朝鮮がそうすべきであることのように。 いや、ドラマの中朝鮮が隠喩する今こちらで私たちがそうすべきであることのように。

文ウィ・クンウ

少女の愛は夢で始まって少年の愛はいたずらから出発する。 MBC <イタズラなキス>は例えばその夢想と現実の間あるいはいたずらと真心の間に位置したドラマだ。 全てのものが不足した少女と全てのものが完ぺきな少年のロマンスが夢想といたずらに近いファンタジーならば、彼らの話が現実と真心に向かって行くようにさせるのは成長のコードだ。 ロマンスと成長、二つの要素が並んで歩調を合わせる時にだけ <イタズラなキス>の話ははじめて完全な違う姿になる。 ハニ(チョンソミン)の唯一の長所がスンジョ(キム・ヒョンジュン)の唯一の欠乏を満たして進行される特有のロマンスが成長の性格とかみ合わさっているためだ。 この作品が原作漫画を脚色しながら最も著しい特徴はすぐにその成長物としての性格がさらに強化されたという点だ。

<イタズラなキス>、成長とロマンスの不均衡

<イタズラなキス>の序盤部がそのように緩くなったことはその成長とロマンスの均衡を失って無理なロマンス ファンタジーに重点を置いたところで始まった。 スンジョをより完ぺきな王子様で作るために童話のような‘森の精霊’想像シーンが動員されたし、その中で彼はとうとうたる天才少年でなくみな育った男おとなのように退屈に見えた。 彼がハニに原作よりさらに頻繁に黒子のような助けを与えるという点でもそうである。 スンジョを成長の余地が殆どない完成型人物に近く描くほどハニは彼の助けを受けるばかりである迷惑キャラクターになって、その依存的な関係は正しくなされたロマンスも成長も成し遂げることができない。 <イタズラなキス>が転換点を用意するのはスンジョとハニが卒業を控えて進路に対する悩みを始めてからだ。 MBC青少年単幕劇 <나도 잘 모르지만>で見せたように成長叙事に長期があるコ・ウン様作家はスンジョとハニの大学進学エピソードを原作からより真剣で比重あるように描き出す。 この過程で完ぺきなキャラクターのように見えたスンジョの唯一の欠乏が‘夢’であったのがあらわれて、夢見ることが特技のハニははじめて彼の欠乏を満たしてくれる可能性を持つことになる。

ハニは夢がないスンジョに“私はおもしろく、残った幸せに”買おうとしていたおばあさんの教えを聞かせる。 人生がとてもはやく退屈になってしまった彼にこの話は大きい影響を及ぼして、彼は自身の日常をしきりにおもしろくさせるハニに関心を持つ。 あの話でさらに重要なのは“残った幸せに”という部分だ。 まだ“私はおもしろく”段階の理解にだけ留まっているスンジョがさらに成長するために必ず必要な部分がすぐにその他人に対する関心と理解だ。 劇中で彼のキャラクターを説明するのに最も多く使われた台詞の中の一つは平凡な‘他の人らを理解することはできない’という話だった。 孤高な第一人者スンジョは他人にはなかなか関心がない。 彼を動かすのはバカだが人を楽しくする能力だけは卓越したハニだ。 彼女はスンジョの閉じられた訪問をしきりにたたいて彼を外界に引き出す。 随時試験前日、大学に行かないとして部屋に閉じこもったスンジョの浸った訪問、その閉じられた心の前でハニは話す。 “文ちょっと開けてみて。 君は何でもできるじゃない。 良い頭の人々ために使わなくちゃ。 持ったのが多くの人は分けなければなければならないと考えて。 私は分けたくても持っていなくてできないから...”その話についにスンジョの心が開かれる。

間違って挟んだ初めのボタン、まだ正す可能性はある

劇中盤部に入り込んで強化された、他人に対する理解と関係結ぶことという成長の観点は周辺キャラクターらにも徐々に適用される。 たとえばハニに対するジュング(イ・テソン)の片思いはドラマ序盤には誇張されたコミック的要素で使われたがある瞬間からはスンジョに対するハニの片思いと同じ重さの真正性を獲得する。 ミンア(ユンスン)とジュリ(ホンユンファ)やはり原作よりさらに濃厚な連帯感でハニとともに並んで成長して行く。 6回で使い道なくなった問題集をすがすがしく投げてしまった三人のの友人のミュージカル場面が序盤のミュージカルシーンと違い劇中によく溶け込んで行ったことは、話がそれだけ安定しているというまた他の証明事例だ。 7回でハニが話した。 “二人が互いに同時に好むのはほとんど奇跡であること同じで。 いつかはその奇跡が私にも起きるだろうか?”が話を <イタズラなキス>でも適用してみれば成長とロマンスを黄金割合で調整するということは非常に難しいことだ。 今年はMBC <パスタ>だけが唯一の生存者であった。 たとえ‘初めのボタンはよく挟めなかったが’、遅くても決してあきらめないハニ キャラクターのように最後まで最善を尽くすように願う。

文キム・ソニョン

[10asia 2010-09-29 09:52] 元記事はこちらから

20100929-2.jpg 20100929-3.jpg

※曜日は違えど比較されがちな二作品ですがだいぶ「成均館」と差がつけられた感じ。でも「イタキス」にはがんばって欲しい~!(とかいって全然視聴できてないですが;;)

このあと時間も少なくなってきましたが「成均館」ネタ続けますー。

別窓 | [成均館]本室から移動未整理 | コメント:0 | top↑
| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。