いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
チョ・インソンのマスクにパク・ヘイルの目つきを持った新人俳優イ・ジェフン
あたかも軍隊に行ったトップスターチョ・インソンがまた休暇を出たようだ。 新人俳優イ・ジェフンの容貌はチョ・インソンのマスクに目は映画俳優パク・ヘイルと似た。

イ・ジェフンは17日開封されるキムジョグァンス監督のクィア中編映画‘友人の仲?’に出演する。 ところでかわいらしいながらも男性的な魅力を同時に持ったこの俳優が映画で演技した役割が同性愛者のソクだ。 劇中ソクは俳優ソジフが演技したミンスと愛する仲だ。 二つの愛は女性観客らの間では美しく描かれた。 20代男性同性愛者の愛をハプニングを中心に扱った今回の作品のために多くのことを経験した。

“率直に同性愛者に対しては私に害を及ぼさなければ大丈夫だと考えるほど無関心でした。 今回の作品をしながら風変わりな経験をしましたよ。 同性愛者演技のために同性愛者が探すところにも行ってみて実際同性愛者も会えて多くの話を交わしました。 今は同性愛者に対する偏見を持った方々を説得したい程社会的少数者の彼らを理解することになりました。”

自然に与えられた役割をしただけというイ・ジェフンは幼い時期から注目されるのを好む子供であった。 演技者になる夢を見たが演技は後ほどしてもかまわなくないかというご両親の勧誘に大学(高麗大生命工学科)に入学した。 しかし夢は置くことにはならなかった。 各種独立映画に出演して演技学院に通って最初から韓国芸術総合学校演劇院演技科に入学した。 今年開封された独立長編映画‘略奪者ら’で俳優キム・テフンの子役を通じて印象深い演技力を見せたイ・ジェフンはキムジョグァンス監督の目に入った。

“‘略奪者ら’でキムジョグァンス監督様も会ったし現在所属会社代表様も会うようになりました。 以後今回の映画は私の演技スペクトラムを広げることができる機会になりましたよ。”

映画は同性愛者らの話を描いたが美しくて愛らしいほどだ。 おかげで映画の中イ・ジェフンの姿に恋した姉ファンたちがだいぶできた。 いくつかの試写会後ファンたちが追いかけて贈り物攻勢を降り注ぐことさえすると新人としてはあっけにとられるだろう。 だが、イ・ジェフンは相変らず短編映画などで自分の演技をより一層磨きあげてスターよりは真に自然な演技を披露することができる俳優になるための授業にまい進する計画だ。 それが俳優イ・ジェフンの抱負だ。

[世界日報 2009-12-09 09:33] 元記事はこちらから

ss20120617-11.jpg

※一昨年の記事ですが(爆)。もうとっくに姉ファン多かったんだなあ。アンティークと公開時期は違うけど同性愛演技リサーチの時ってジェウクとかぶってたりしないかな?ゲイクラブですれ違ってたりして^^
スポンサーサイト
別窓 | [イジェフン・映画]友だちの仲? | コメント:0 | top↑
イ・ジェフン-ソジフ、クィアメロ美男カップル浮かび上がった(インタビュー)
'そっと'美男がスクリーンに浮かび上がった。 84年生まれ同年齢のソジフとイ・ジェフンはキムジョグァンス監督の二番目クィアメロ短編映画'友人の仲?'でゲイ カップルで息を合わせた。 '友人の仲?'はキムジョグァンス監督が'少年、少年に会う'の連作線上で演出した短編映画で軍隊に行った恋人を面会間同性恋人の切ない遭遇を描いた作品だ。

軍隊に行った立派な男'ミンス'役はソジフが、恋人を面会するために前方を探した女らしい性格の'ソク'駅をイ・ジェフンが引き受けた。 イ・ジェフンは映画'略奪者ら'等を通して演技した経験があるがモデル出身のソジフは今回の映画が初めての演技デビュー作。容易ではない同性愛演技に挑戦した二人は"私が最も愛する人がすぐに目前に迫るという感じで演技した"とする。

ソジフは"初めには消えるところもあったが、誰もがすることはできない作品なので演技をしようとする人には魅力的な作品だと考えた"と出演理由を明らかにした。 イ・ジェフンもやはり"多くなくて期待もされて俳優としては試すだけのことはあった挑戦だと考えた"とする。

同性愛映画という先入観を捨てれば明るくてさわやかなメロ映画と口をそろえる二人の主演俳優は劇中キスシーンとベッド シーンなど程度高い演技を消化した。

“大胆な表現を私がやり遂げることができるか心配になる部分もありました。 それで監督様と十分に相談してキャラクターに対する説明や状況に対して相談しました。 疎通する時間が多いからなのか実際に撮影する時は悩みがなかったです。”(イ・ジェフン)

"キスシーンは思ったより非常に大変でなかったです。 ただしイ・ジェフンが体力的に枯渇していて苦しがるのを見るのが残念だったんですよ。 監督様が時間を割愛して感情を捉えるのに無理がなかったようです。"(ソジフ)

クィア映画に出演することに対する周辺の反応は意外に多様で寛大だったと。 ご両親が保守的にもかかわらず俳優として演技をすることに対して激励を惜しまなかったとイ・ジェフンは話す。 ソジフもやはり友人らの意地悪な冷やかしだけないなら快く出演決定を下したという。

今回の映画に出演して出てイ・ジェフンは"性的少数者を眺める視覚が広くなった"とする。 彼らの痛みと愛に対して理解して共感できる部分が大きくなったと。 これに対してソジフもやはりモデル活動当時から同性愛に対する拒否感はなかったと。 ただし好みの問題と自由な姿を見せた。 同性愛演技のために鍾路一帯のゲイ カフェに行って彼らの行動と語り口などをつくづくと見守りながら研究をしたりもしたという。

新人俳優としてクィア映画で顔を知らせることが負担はならないだろうか。 イメージが固定されたり先入観を与えないだろうかということに対する心配は持っていないと二人は話した。

"俳優はたとえ強い印象を持つようになっても次の作品でまた他のキャラクターを引き受けて新しい人物を演技して既存のイメージを破ってしまって新しい人物で見せなければなければならないと考えます。 多くの人々が新しい作品でも既存のイメージが思い出されるならば俳優が演技をよくできないことでしょう。 俳優が解決するべきことだと考えます。"(イ・ジェフン)

固定されたイメージを破るのは俳優が甘受しなければならない部分であることのようです。 カメレオンのような俳優と言うならイメージは演技として破らなければならないでしょう。

実際にショッピングが好きで女らしい性格のイ・ジェフンと男らしくて無愛想なソジフはよく似合う一組だ。 だががっしりした二人の青年は"実際には女が好きだ"と繰り返し強調した。 クィアメロという異色ジャンルを通じて破格的な申告式を払った二人の美男俳優が多い作品で多様な姿を演技する姿を想像してみる。

[ジョイニュース24 2009-12-16 07:54] 元記事はこちらから

ss20120617-6.jpg ss20120617-9.jpg

ss20120617-7.jpg ss20120617-8.jpg

※あ、イメージ固定の心配はないって言ってましたね!(爆)
しかしけっこう当時友だちの仲記事チェックしてたけど主演の二人までは掘り下げておらずむっちゃ昔っから好みのタイプだったのにわたしのパボパボ(>_<) 


とはいえ高地線の男らしいイジェフンが第一印象ってのが良かったのかもしれん(爆)。ただでさえ最新インタビュー記事アップできてないんで過去まで手を広げる余裕ナッシングですが野望として過去記事もりもり集めようと思います~。

ss20120617-10.jpg

も一個別記事から写真~。
さりげなく腰に手をまわしてるし(爆)二丁目でもてそうだなあ^^
別窓 | [イジェフン・映画]友だちの仲? | コメント:0 | top↑
| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。