いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ユ・アイン、"コロのように愛を受けられないこと分かったが…"(インタビュー②)
俳優ユ・アイン(26)はSBS月火ドラマ'ファッション王'(脚本イ・ソンミ、キム・キホ演出イ・ミョンウ)で成功に対する欲望を最優先でするカン・ヨンゴルで熱演した。 少しはチジラで下手だったヨンゴルは素晴らしい主人公を期待した視聴者たちにいぶかしさを抱かせた。

インタビューが進行されれば進行されるほど'ファッション王'と劇中人物に対するユ・アインの表現は正直になって深くなった。 それだけユ・アインは作品に愛着があったし俳優として最善を尽くしたとのことが分かった。 彼は'ファッション王'を囲んだ論議に対してかえって当然だという反応だった。

ss20120610-9.jpg ss20120610-10.jpg 

ユ・アイン、"コロのように愛を受けられないこと分かったが…"(インタビュー②)…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
ユ・アイン、"ヨンゴルが死ぬから'ファッション王'しましたよ"(インタビュー①)
KBS 2TV '成均館スキャンダル',映画'ワンドゥギ'。 出演した作品ごとに太い存在感を抱かれた俳優ユ・アイン(26)。彼は先月放映終了したSBS月火ドラマ'ファッション王'(脚本イ・ソンミ、キム・キホ演出イ・ミョンウ)で成功のために水火分けない若いCEOカン・ヨンゴル役に熱演した。

最近ソウル、中区、南山洞のあるカフェで会った彼は天上俳優であった。 彼とインタビューを進行すればするほどもしかしたらカン・ヨンゴルが彼が今まで受け持ってきた配役中最もユ・アインらしい役割でなかったかという考えるように作った。

'ファッション王'でカン・ヨンゴルは死んだ。 富と名誉を成し遂げて毛皮を体に巻きつけたままプールで愛を追って銃に撃たれて死んだ。 銃声音はユ・アインが夢見た成功に対する虚しさを感じさせた。 "カン・ヨンゴルらしかった" "虚しかった"という背中結末に対する意見が入り乱れていた'ファッション王'。 開かれた結末は当事者ユ・アインにどのように近づいたのだろうか。

ss20120610-6.jpg ss20120610-7.jpg

ユ・アイン、"ヨンゴルが死ぬから'ファッション王'しましたよ"(インタビュー①)…の続きを読む
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
[インタビュー] ‘ファッション王’イ・ジェフン、“チョン・ジェヒョクは本当に魅力的なキャラクター”
八色鳥魅力持った欲多くの俳優イ・ジェフンの演技情熱は‘ごうごう’

“より一層慎重で真の気持ちで演技に臨みたくて、欲もたくさんできた。 この情熱が冷めないように自分自身を引き続き鞭打ちする”

映画‘高地戦’、‘建築学概論’を通じて忠武路最高の‘ブルーチップ’で急浮上すると最近放映終了したSBSドラマ‘ファッション王’でテレビ劇場まで占領した俳優イ・ジェフンの恐ろしい疾走が目につく。

すらりとした背丈に彫刻のような容貌を誇って数多くの女性ファンらの心をときめくようにさせて、視聴者たちと観客らの心を一気にひきつける優れた演技力を通じて芸能界最高の演技派俳優で位置づけているイ・ジェフンは八色鳥魅力を持った俳優と言っても過言ではない。

現在主役を演じて熱演を広げている映画‘占いら’撮影と‘ファッション王’終了直後押し寄せる数多くのインタビューを消化して忙しい毎日を送っているイ・ジェフンを江南区、新沙洞に位置したあるカフェで会って率直ながらも淡泊な話を交わした。

次はイ・ジェフンとの一問一答.

ss20120610-1.jpg ss20120610-2.jpg

[インタビュー] ‘ファッション王’イ・ジェフン、“チョン・ジェヒョクは本当に魅力的なキャラクター”…の続きを読む
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
イ・ジェフン"'ファッション王'は私に幸運の作品でしょう" [インタビュー]
昨年映画'番人'と'高地戦'でスクリーンで猛活躍を広げて新人賞6冠王というタイトルを握ったイ・ジェフンが今年はドラマ'ファッション王'の主演チョン・ジェヒョクでテレビ劇場まで征服した。

劇中ファッショングループ財閥2世チョン・ジェヒョク役割を受け持ったイ・ジェフンは愛とこと二つとものがさないために孤軍奮闘する時では野望があふれて、時には痛ましいキャラクターを成功的に演技して視聴者の挨拶の実績を確かにとった。

最近ソウル江南区、狎鴎亭洞に位置したあるカフェで向き合ったイ・ジェフンはチョン・ジェヒョクの艶がない姿よりは'建築学概論'のやわらかいスンミンの姿に近かった。 彼は'ファッション王'撮影はつらいスケジュールで大変だったが、反面自身をもう少し大衆に知らせた有難い作品だと評価した。

ss20120609-7.jpg ss20120609-8.jpg

イ・ジェフン"'ファッション王'は私に幸運の作品でしょう" [インタビュー]…の続きを読む
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
イ・ジェフン“デビュー6年目、まだ俳優というタイトルが見慣れなくて恥ずかしい”(インタビュー)
去る2007年短編‘夜は彼らだけの時間’を通じて演技者でデビューした後ずっと端役と独立映画界をのぞき込んで映画‘略奪者ら’ ‘友人の間?’、‘キム・ジョンウク探し’ドラマ‘三人姉妹’の出演で演技力を確かめたし、‘番人’と‘高地戦’そして今年前半期メロ熱風を火高温‘建築学概論’を通じて自身の存在を忠武路に刻印させた。 まさに今年でデビュー6年目迎えた俳優イ・ジェフンの話だ。

このようにスクリーンとブラウン管を縦横無尽猛活躍したイ・ジェフンは最近放映終了したSBSドラマ‘ファッション王’を通じて新しい可能性を伺えた。 まだ‘俳優イ・ジェフン’という言葉が見慣れなくて口の外で取り出すこと恥ずかしいというイ・ジェフン。 彼は“誰にでも俳優とのタイトルを気楽で自然に話せる時までまだ行く道が遠い”と話した。 このように演技に対する情熱だけは誰にも遅れをとらないイ・ジェフンは今後どんな姿で私たちを幸せにするのか期待感が生じる俳優だ。

芸能界関係者たちはイ・ジェフンに対して“演技にあって非常に真剣で、集中度が高い”と評価する。 彼を知っている人ならば全く反論の余地がない評価だ。 遠く‘夜は彼らだけの時間’と‘略奪者ら’から近く‘建築学概論’までイ・ジェフンという俳優の要諦は‘真剣さ’だった。

イ・ジェフンの5年間演技人生を支えるようにした力がそれだけだと考えれば誤算だ。 ‘ファッション王’は単純でない複合多面的なキャラクターを消化できるということを証明した作品だ。 この作品でイ・ジェフンは財閥後継者役を担って、成功に対する欲望と、敵がい心、嫉妬、愛情など多様な感情船を行き来する姿で強烈な印象を植え付けてくれた。

やさしくなかった彼の挑戦に対して少なくない人々は憂慮の視線を送ることもした。 “俳優人生にあって‘ファッション王’は良い経験と楽しい思い出であり、重要なフィルモグラフィーに残りそうです。 俳優イ・ジェフンにいてこの大切な経験が大衆にもう少しなじむように近付けるように大きい役割をしたことのようです”と話すイ・ジェフンの話を聞こうとするなら自ずと頭がうなずくことになった。 ソウル 江南にあるカフェで向き合ったイ・ジェフン。彼の孤独で激しい戦いを終わらせた心情、見えなくても見えた。

ss20120609-2.jpg ss20120609-3.jpg

イ・ジェフン“デビュー6年目、まだ俳優というタイトルが見慣れなくて恥ずかしい”(インタビュー)…の続きを読む
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
ユ・アイン"イ・ジェフンの手に死にたかった" [インタビュー]
俳優ユ・アインは率直だ。 そしてよどみない。 だが無礼でない。 礼儀正しい。 彼を見れば賢いという気がする。 現実的な言葉を解きほぐす過程でも人生にやつれたということよりかえって魅力あるという言葉が飛び出してくるようにさせるユ・アイン。

ドラマ‘ファッション王’カン・ヨンゴルを通じて大衆が隠したかった欲望、そして底辺一つまで全部見せたユ・アイン。 ‘結婚できない男’パク・ヒョンギュ、‘成均館スキャンダル’コロに続き‘ファッション王’カン・ヨンゴルまで。 彼が演技したキャラクターは全部平凡なように平凡でないものなどだった。

6月の開始を南山すそに位置した閑静なところでユ・アインと一緒にした。 続いたインタビューに疲れることもするものの、彼は真剣で愉快に自身の考えを表わした。

ss20120607-3.jpeg

ユ・アイン"イ・ジェフンの手に死にたかった" [インタビュー]…の続きを読む
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
イ・ジェフン"カン・ヨンゴルを殺した犯人がジェヒョク? そうするわけがない" [インタビュー①]
SBS月火ドラマ'ファッション王'(脚本イ・ソンミ、キム・キホ、演出イ・ミョンウ)がたとえ視聴者たちに'メンタル崩壊'を抱かれたとしても少なくとも取り出すことはあった。

まさにイ・ジェフンとユ・アインという二人の男俳優の発見だ。 特にイ・ジェフンの場合はそのために'ファッション王'を見るというインターネットユーザーの反応もあるほど微妙な感情線を立派に消化して冷たい財閥男で愛に首をくくるチジルラムの姿を演技して私の好評を受けた。

去る4日午前10時ソウル、狎鴎亭洞のあるカフェでインタビューのためにイ・ジェフンに会った。 映画'建築学概論','ファッション王'そして封切り予定の'占いら'に至るまで三作品を相次いで撮影したという彼だったが表面では活気の中に落ち着いているということを隠した姿だった。

彼に一番最初に尋ねた質問はやはり'ファッション王'に関することだった。 映画'建築学概論'を通じて忠武路の新しい期待の主になっていた刹那にこのドラマが彼に残したことは傷だったのだろうか。 光栄であったか。

"初めてミニシリーズを引き受けてイ・ジェフンの名前である作品だと意義が大きいです。 TVという媒体で演技するという負担、'上手に出来るだろうか'という心配もあったし体力的にも大変だったが初めて見て下さった視聴者の方が最後まで一緒にして下さったとのことだけでも満足します"

イ・ジェフンが参加した'ファッション王'は先立って言及した通りいわゆる'担いだぶうっと結末'で最後まで視聴者たちに課題を抱かれた。 その課題はまさにカン・ヨンゴル(ユ・アイン扮)をチョン・ジェヒョク(イ・ジェフン扮)が殺したのか、でなければカヨン(シン・セギョン扮)が殺したかに対したことだった。

"ジェヒョクにはヨンゴルを殺すほどの動機がなかったです。 その時ジェヒョクはすでに一路からは失敗したがカヨンをそばに置いていることだけで満足して感謝した状況です。 その上にジェヒョクはカヨンがニューヨークにいるヨンゴルを再び会わないという言葉に感動を受けましたね。 ある程度補償を受けた部分があってヨンゴルを殺すつもりだという考えはしなかったでしょう"

引き続きイ・ジェフンは問題の'ファッション王担いだぶうっと結末'に対する物足りなさも表わした。

"撮影最終回ですべての話を解きほぐして終えたかったです。 ところで編集する過程に18分程度を持ち出して見たら親切に説明できる部分が消えたことでしょう"

また、イ・ジェフンは"視聴者たちがある程度解釈を持って最終回を見てあげられるという考えはしたがヨンゴルの死にカヨンを犯人で推測することは全く考えることができなかった"と話して最終回以後視聴者たちの熱かった反応を知っていたことを暗示した。

このようにイ・ジェフンに'ファッション王'はこのように多くの話題を作った作品だ。 彼が引き受けたチョン・ジェヒョクというキャラクター、これを表現する彼の演技はいつも放送翌日話題になったし好評が続いた。

しかし'ファッション王'が終わった今視聴者たちも、イ・ジェフンも知っている。 チョン・ジェヒョクはそのように幻想の中の完璧な男ではなくて同じ財閥だが'パリの恋人'中ハン・ギジュのようにロマンチックな人物でもないというのに。

それならここで入る疑問一つ、いったいなぜイ・ジェフンはあえて'ファッション王'を、そしてチョン・ジェヒョクを選択したことであろうか。

[TVデイリー 2012-06-05 18:33]  元記事はこちらから

ss20120607-1.jpg ss20120607-2.jpg

※ヨンゴルのことは眼中なしか・・・。

ものすごい数の取材を受けたようでインタビュー記事が山盛りですがファッション王話題からスタート! 愛雨も同時期の屋根部屋やザキングも放送局決まったのにファッション王だけ音沙汰なく、どこでもよいのでノーカット字幕放送お願いします~(>_<)
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
'ファッション王'イ・ジェフン、最後まで繊細な感情表現'好評・賛辞'
去る22日放映終了したSBS月火ドラマ'ファッション王'が'バリでの出来事2'または'東大門での出来事'という汚名を聞いたが新鋭イ・ジェフンの再発見という所得も得た。

実際にイ・ジェフンは最後の回まで一寸の前も予測することはできない繊細な表現力で視聴者の好評を受けて一躍期待の主に浮び上がった。

'ファッション王'最終回ではヨンゴル(ユ・アイン扮)の背信で事業危機を迎えたジェヒョク(イ・ジェフン扮)がチョ社長(チャン・ミヒ扮)の提案でヨンゴルの会社をわい曲する記事を言論に公開、ヨンゴルを窮地に追い出した。

また、ジェヒョクはヨンゴルを困らせるなというカヨン(シン・セギョン扮)を壁に責め立てて"いつまで君は自身をだますの? 私がそんなに恐ろしい? いや、私が恐ろしいのでなく私に向かう君の心が恐ろしいことと違うか"としてもう一度自身の真心を伝えた。

反面ジェヒョクは全てのものを失ったヨンゴルが自身の会社持分を与えるからカヨンのファッションショーをお願いするという言葉にギョッとするがすぐヨンゴルの持分を取得して事業に成功しようとする強い意志とカヨンを助けようと思う心を同時に繊細に描き出した。

このようにイ・ジェフンは初回から最後の20回まで鋭い'チャドナム'から可愛くて少年のような姿、やわらかい'ミルクナム'と至高至純なひまわり'純情男'まで多彩な姿を行き来して繊細な目つきと密度ある表情演技を披露して高いキャラクター没入度を見せて視聴者の好評を引き出した。

特に彼は成功に対する野望と大きな抱負を持った財閥後継者で熱演、既存ドラマの中明らかな財閥とは相反した姿で真正性ある演技力と多様な感情船を細かい内面演技で表現して劇の完成度を助けるのに寄与した。

放送直後視聴者たちは"イ・ジェフンを見ることでもとてもほほえましかった","'ファッション王'で最も素敵な演技を見せた俳優","イ・ジェフンの目つき総集合のドラマ"等の反応を見せた。

[OBSプラス 2012-05-23 15:32:43] 元記事はこちらから

ss20120523-5.jpg

※にやにや。たとえ10%未満の視聴率であってもイジェフンの魅力に陥ったお茶の間視聴者は数知れず~。

でもなあ、男男カップル萌えとしてはもっとヨンゴル、ジェヒョクが互いを殺したいほど憎しみ合っても良かったのになんて思ったり(爆)。幸せそうなカヨン、ジェヒョクを目撃したヨンゴルは二人をつけ狙いカヨンの目の前でジェヒョクを撃ち殺し絶望のまま銃で自殺、後にはおろおろするカヨンだけが残るとか!(爆)
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
放映終了'ファッション王',それでも失敗作ではない
SBS月火劇'ファッション王'で常勝疾走したユ・アインがお金に対する欲望で仕事と愛、自身の命まで失って多少衝撃的な結末で放映終了した。

大小の酷評を受けた'ファッション王'だった。 若い俳優が総出動して放送前から視聴者の期待を受けたが、興行することができなかった。 それでも失敗作だと決めつけるには多少無理がある。

去る22日放送された'ファッション王'でカン・ヨンゴル(ユ・アイン扮)はチョン・ジェヒョク(イ・ジェフン扮)の悪意の言論プレイで一瞬にしてすっからかんになった。 結局、自身が愛した女性イ・カヨン(シン・セギョン扮)もジェヒョクに奪われて、愛を失った苦しさに酒で夜を明かしたヨンゴルは正体が分からない暴漢の銃に撃たれて死を迎えた。

'ファッション王'はストーリー面で良くない評価を受けたのが事実だ。 'ファッション王'のシノプシスは東大門市場から出発して世界的なデザイナーで成功する若者たちの話を描いたドラマだ。 しかし'ファッション王'にはデザイナーの話や派手なファッション小道具らよりは登場人物らの絡まって混ざった乱雑な(?) メロラインに焦点を合わせた。

序盤カヨンはヨンゴルが好きで、ヨンゴルはチェ・アンナ(ユリ扮)の素敵な姿に憧れる。 そうするうちにアンナはヨンゴルに好感を感じる。 しかし彼にはボーイフレンド ジェヒョクがいた。 ジェヒョクはこういうアンナにヨンゴルを嫉妬するが、結局カヨンを愛する。 しかしカヨンはヨンゴルに愛していると告白するが、最後にはジェヒョクと共にする。 このように4名の主人公は'ファッション業界従事者'という本業を後にしたまま本能的な愛にだけ青春を捧げた。

それでも幸いなのは俳優らの好演だった。 子役俳優でデビューして映画'ワンドゥギ'でスポットライトを受けたユ・アインは'名不虚伝'演技で視聴者の愛を受けたし、シン・セギョンも一層さらに成長した演技力に好評をかもし出した。 2011年映画新人賞6冠王というタイトルを持ったイ・ジェフンも起伏が激しい感情演技を立派に消化したし、初めての演技挑戦であるのに'発煙期'という指摘がなかったユリも本当に俳優に一歩さらに近寄った。

また'ファッション王'放映前からすでに地位を固めた相手作MBC '光と影'は視聴率20%(AGBニールセン、全国基準)を上回って月火ドラマトップを維持している状況の中でも'ファッション王'は着実に9~10%の視聴率を見せた。 'ファッション王'はチャン・グンソク-ユナ主演のKBS 2TV '愛の雨'に2位をただ一度も渡さなかった。

一方23日午前視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによれば'ファッション王'最後の回議視聴率は全国基準9.6%を記録した。 後続ではソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、コ・ジュンヒ主演の'追跡者ザチェーサー'が電波に乗る。

[OSEN 2012-05-23 07:44] 元記事はこちらから

ss20120523-4.jpg

※好意的な記事やっとこ見つけた(爆)。
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
'ファッション王'放映終了記念、このドラマに向かって最も多くあふれたコメントら
SBS月火ドラマ'ファッション王'(脚本イ・ソンミ、演出イ・ミョンウ)がカン・ヨンゴル役のユ・アインの死で仕上げされた。

今まで'ファッション王'は本放送になる時ごとに報道機関とインターネットユーザーらの叱責を受け入れた。 演技力論議は基本ではあるがストーリー展開に関する部分まで人とすれば'頭からつま先まで'指摘を受けた計算だ。

これに'ファッション王'がユ・アインを犠牲にさせて放映終了したこの時点で'ファッション王'を困らせてきた、もしかしたら視聴者たちを最も困らせてきたいくつかのコメントらを集めてみることにする。

ss20120523-3.jpeg

'ファッション王'放映終了記念、このドラマに向かって最も多くあふれたコメントら…の続きを読む
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。