いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
パク・ミニョン、'ドクターJIN'出演確定"1人2役引き受ける"
俳優パク・ミニョンがMBC週末ドラマ'ドクターJIN'(仮題)にキャスティングされた。

19日午前パク・ミニョン所属会社キングコングエンターテインメントによればパク・ミニョンはMBC週末ドラマ'神々の晩餐'後続に放送される'ドクターJIN'に女主人公で出演を確定した。

'ドクターJIN'は日本の同名漫画を原作にした作品で、韓国最高の外科医ジンヒョク(ソン・スンホン)がタイムスリップ年現在で過去1860年代朝鮮時代で時間を遡って起きるエピソードを描く。

劇中パク・ミニョンは2012年現在では有能な内科医ユ・ミナで、タイムスリップした朝鮮時代では没落した一族の貴族のお嬢さんホン・ヨンレで登場、互いに似ていたように他の魅力のキャラクターを演技する。

現在を生きていくユ・ミナは明るくて闊達な性格の所有者で多少感情的だと‘ウクミナ’というニックネームを持っているが、幼い時から難しい人々を見ればそのまま行き過ぎることができない暖かい心の所有者だ。 また、朝鮮時代を生きていくホン・ヨンレはミナと驚くべきであるほど似ていたが性格は180度異なる没落した一族の貴族お嬢さんで、慎重で強靭な性分と暖かくて暖かい性格で誰より強い母性愛を発揮する女だ。

これに'ドクターJIN'の演出を引き受けたハンヒPDは"'成均館スキャンダル','チャミョンゴ'などの時代劇と共に、'シティーハンター','光栄のジェイン'などの現代劇まで渉猟したパク・ミニョンが'ドクターJIN'のヒロイン役に最も適合した俳優と考える"として"着実に作品活動をしてきて演技力を認められただけ現代劇でも史劇でもあまりにも良くしてくれると考えられる"と話した。

一方、'ドクターJIN'はソン・スンホン、キム・ジェジュン、イ・ボムスに続き女主人公でパク・ミニョンが合流して'神々の晩餐'後続で来る5月26日初放送される予定だ。

[マイデイリー 2012-04-19 08:22] 元記事はこちらから

ss20120421-8.jpg

※ユチョンのお相手ソンスでブレイク以後、イミノくんとのシティーハンターといいなにげに韓流スター街道まっしぐらという気がちょっと不安(爆)。
スポンサーサイト
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
イ・ミンホ・パク・ミニョン再結合? 両側"憶測..事実無根"
イ・ミンホとパク・ミニョンさん側が再結合説を否認した。

4日午前イ・ミンホ側所属会社関係者は"憶測だ。 先立って明らかにしようが二人は演技者として助言を惜しまない関係"として"各自の道を尊重しながら恋人よりは良い同僚で過ごしている"と明らかにした。

パク・ミニョンの所属会社関係者もまた"再結合説は全く事実でない"として"決別以後演技者先後輩に帰ったがそれだけだ。 根拠がない話"とこれを一蹴した。

この日某媒体は二人が最近出会いを持ったとし去る年末別れた二人の再結合説が流れ出ていると報道した。

一方去年SBSドラマ'シティーハンター'に出演して縁を結んだイ・ミンホとパク・ミニョンは実際恋人で発展したという便りが知らされて熱い関心を集めたが約5ヶ月ぶりに決別した。 以後パク・ミニョンはKBS 2TV '光栄のジェイン'などに出演して忙しい活動を継続したし、イ・ミンホは次期作を苦心したあげく最近SBSドラマ'神の'出演を決めた。

[スターニュース 2012-04-04 08:33] 元記事はこちらから

ss20120404-7.jpg

※へ~、そんな記事出たの知らなかった。両サイド否定してるならそういうことなんでしょう。にしてもイミノくん'神の(神医?)'決めましたね~、キャスティングに難航したキムジョンハクプロの大作だったかと記憶しますがキムヒソンとの共演、韓流ドラマの匂いぷんぷんですが今後も静観~。
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
イ・ミンホ、パク・ミニョン決別、“良い同僚の関係に残ることにして”
イ・ミンホ、パク・ミニョン決別、両側所属会社決別認定

俳優イ・ミンホ(25)パク・ミニョン(26)カップルが決別した。

25日パク・ミニョン所属会社関係者は“二人が各自作品に集中しながら忙しいと見ると以前のようにしばしば会えなくて間が願うといった。 イ・ミンホと良い先後輩関係に残ることにした”と決別事実を認めた。

イ・ミンホの所属会社関係者もやはり“熱愛説報道以後お互いが用心深がったし各自スケジュールが忙しくてさらに多くの進展はなかった”として“今は良い同僚に残ることにした”と立場を明らかにした

パク・ミニョンとイ・ミンホは去年ドラマ‘シティーハンター’を撮影しながらお互いに好感を持って恋人で発展したし去年8月清潭洞一帯でデートする姿が捉えられて熱愛事実を認めた。

KBSドラマ‘光栄のジェイン’を終わらせたパク・ミニョンは現在の次期作を準備中であり、ドラマ‘シティーハンター’で中国で大きい人気を引っ張っているイ・ミンホは中華圏ファンミーティングなど活発な海外活動をしている。
[ニュース韓国 2012-01-25 22:40:26] 元記事はこちらから

ss20120125-12.jpg

※このネタ忘れてた! 熱愛発覚は信じがたかったけど決別ですか、、、まだお二人若いしね。共演して昼も夜も一緒にいて盛りあがっても終わってしまうとなかなか関係持続するのって難しいんだろう。その点うちのシンチェは~(爆)。

おやすみなさい・・・
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
パク・ミニョン“愛? ドラマでするでしょう”イ・ミンホ言及注目
パク・ミニョンがボーイフレンド イ・ミンホに対して一歩遅れて言及して目を引く。

9月24日放送されたKBS 2TV '芸能家中継'ではパク・ミニョンの画報撮影現場が公開された。

この日公開されたインタビューはパクミニョンとイ・ミンホとの熱愛事実を公式認定する前だ。 'シティーハンター'で最も記憶残る場面がなにかという質問を受けたパク・ミニョンは"ソファーキスが美しかった。 お互いが好むのを分かることは分かるが始める恋人のようで良かった"と話した。

しかしソファーキスはきわどいラブラインだけ見せただけ実際キスでは続かなかった。

これに対してパク・ミニョンは"視聴者の立場である時腹が立った。 しかし惜しくてももどかしい気持ち味出るようにおもしろくて(製作スタッフが)そんなことをいれたよ"と冗談を言った。

特にひきつづき演技活動を広げるパク・ミニョンに"このように忙しくてボーイフレンドにいつ会うのか"と尋ねるとすぐにパク・ミニョンは自然に"ドラマで(愛を)するでしょう"と答えた。 パク・ミニョンは'シティーハンター'で現在のボーイフレンドのイ・ミンホと深い恋人関係であった。

引き続き"クリスマス日通りを手を握って歩き回りたい"と風を表わしたりもして視線を集めた。 周囲で調べてみればどうするのかという質問には"それでできないでしょう"と才覚があるように答えた。

パク・ミニョンはイ・ミンホとソウル 江南に位置したあるフュージョン レストランで秘密デートを楽しんでいる。

[ニュースエン 2011-09-25 08:27] 元記事はこちらから

ss20110925-1.jpg

※いまも交際は順調なのかなあ、いつも空気のように一緒に過ごせるドラマが終わってそれぞれ日常に戻る、これからが大切ですね^^
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
イ・ミンホvsパク・ミニョン、熱愛説に対処する姿勢'なぜ違ったか'
SBSドラマ'シティーハンター'中カップル、イ・ミンホとパク・ミニョンがいきいきとした交際を始めた。

23日 午前ある媒体の報道によれば二人は去る7月末放映終了したドラマ'シティーハンター'を終わらせた後私的な出会いを持って異性の感情を育てたし約1ヶ月程度交際中だ。

ところで熱愛報道以後二人の対処姿勢は全く違う。 ひとまず熱愛報道直後続いた色々な報道機関からの確認電話にパク・ミニョン側は"交際中なのが事実だ"という肯定立場を守った反面イ・ミンホ側は"好感はあるがつきあうことではない","今しがた始めたところで熱愛ではない"という式のあいまいな(?) 返事を出したこと。

二人の熱愛の便りを最初報道した媒体は当然でもすでに放送関係者内外でドラマ'シティーハンター'放送当時から熱愛説を多く接した残りの言論ら立場でもイ・ミンホ側反応は簡単にうなずきにくかった。 いわゆる'内幕を分かる'関係者たちが見たらさらにいぶかしい状況.二人の正確な恋愛期間(両側の公式立場ではドラマ放映終了後から約1ヶ月)は別に置いても二人がすでに交際段階であることは公然の秘密だったためだ。

このように'クールに'熱愛報道を認めるパク・ミニョン側と違いイ・ミンホ側の肯定でも否定でもない曖昧な立場が記事化するやこれを接するネチズンやはり混乱に陥った。 'いったい付きあうと言っているのか、違うと言っているのか'として事実可否に対する気がかりなことが相次いだしついに"パク・ミニョン一人で付きあうと考えているのか"として一部パク・ミニョンに対する否定的意見も生じた。

結局イ・ミンホ側はこの日午後また、一部言論を通じて'言葉が伝えられる過程で誤解があったようだ。 今まさに良い感情を持った二人の関係を'熱愛'という表現で定義することが負担になった'という立場をまた出している状態だ。

結論的に'あ'違って'お'が違った話だ。 パク・ミニョン側が"好感を持ったし、交際中であることは事実であり始める段階とか美しく見てくれ"と一気に無駄ない立場を表わして熱愛報道に明確性と正確性を加えたとすればイ・ミンホ側は交際初期段階に対して'熱愛'という比較的強い表現を使うことに対して警戒するなど鋭敏で慎重に対処した結果だ。

それなら熱愛説に対処する両側の方式はなぜこのように違ったのだろうか。

芸能界生理上未婚のスターが熱愛説や結婚説に包まれる場合、あるいはそれが事実の場合自分たちの株価に及ぼす影響は実に大きい。 イ・ミンホが数年前ドラマ'花より男子'一つで一躍スターダムに上がっていくつかの作品出演だけで短時間に国内を越えてアジア圏まで跳躍した名実共人気スターであることをとやかく言うまでもない。 パク・ミニョンもやはり 去年から作品活動を加速化したあげくこの頃真っ最中最高株価を高めている女優.純粋に事業的な、経済的な側面だけで問い詰めるならば真っ最中上手く行く彼らの熱愛事実が知らされるのはありがたくないことであるところだ。二人の所属会社立場でもこれに対する計算が敷かれなければならないのは当然だ。

また、一つ、熱愛主人公らの性格や態度により生じた差でもある。 普段自分の意見を率直に表明して整えることがない性格で有名なパク・ミニョンの立場であえて自らが先に出て熱愛事実を公開はしなくても、マスコミの報道に対して否定したり黙殺無返答で一貫するスタイルでないという漸移だ。 その間パク・ミニョンはいくつかの熱愛説と整形手術など女優として敏感な私生活に対してまでも他の芸能人らに比べて比較的気兼ねなく対処して積極的でありクールに反応してきた。 それで彼女の所属会社もやはり所属俳優パク・ミニョンのこのようなキャラクターに対して誰より理解して尊重する立場で'クールな肯定'で対処できたことだ。

[OSEN 2011-08-23 16:56] 元記事はこちらから

ss20110823-1.jpg

※絶賛売り出し中のミノくんに彼女ができたのがバレてファンが激減でもしたら大変~という事務所側の思惑もよくわかりますけどね(笑)。芸能人の恋愛は密かにゆっくりじっくり育んでいくのがよいかと^^

しかしミニョンちゃんてなんか堂々としてる感じ~と思ったら1986年3月生まれでミノくんは1987年6月生まれと姉さん女房だ~って違うけど(爆)バレちゃったら男らしく認めないと! 来日ファンミでなにかコメントあるかしら~、参加される方レポお願いします!(爆)
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
[WE+インタビュー]パク・ミニョン"男俳優福?人気より呼吸"
丸い目つき、やや分厚いながら抜け目のない唇.パク・ミニョンは何食わぬ顔をしたように明るい印象を持った女優だ。デビュー作シチュエーションコメディ'よどみなくハイキック'から最近ドラマ'成均館スキャンダル' 'シティーハンター'に至るまでその間視聴者愛を受けた作品の中人物は彼女の表情のようにいつも明るくてりりしかった。

特にパク・ミニョンは先月末放映終了した'シティーハンター'で大統領府警護員湯気が立つが役に喉が渇いた視聴率という結実まで得た。

"幸いに作品を終わらせる時ごとに何か得てきました。'シティーハンター'はまず視聴率高い作品を残したとのこと?(笑い)俳優らどうし呼吸に面白味も感じましたし。初めて私より幼い俳優と共にする面白味が大きかったです。容易ではないアクションメロというジャンルを試みたのも満足です。"

パク・ミニョンはイ・ミンホと広げたラブラインに対する物足りなさを吐露することもした。

"堕落する魂ユンソンを救援する私もキャラクターの魅力のために作品を選択したのもあります。そのような面でラブラインがもう少し硬かったならば良かったという物足りなさが残ります。互いにどうのこうのする中で何かができて良くない状況ができた時切切であるようになる感情です。だが、他の解かなければならない話が多くて仕方なかったことと考えます。"

ナナとユンソンの再会を暗示した結末に対しては"それが最善だったようだ"と共感を表わした。

"半分開かれた結末なのにその状況では最善ではなかったでしょうか?突然とても楽しくなってアップなった状態で終われば笑わせたことのようです。チョン・ユンソンとの結末が良かったです。前に出ていって幸せに暮らしているだろうと考えて出るかを送るつもりですよ。"

'ハイキック'チョン・イル、キム・ボム、'ソンス'パク・ユチョン、ソン・ジュンギ、ユ・アイン、'シティーハンター'イ・ミンホなどパク・ミニョンはとりわけ俳優幸運な女優に選ばれる。

"感謝したことでしょう。皆良い人々と共にすることができるという点が福だったようです。人気を離れて呼吸がよく合った俳優に会ってパートナー福があったと考えます。"

パク・ミニョンはシチュエーションコメディを通じて一気にの顔を知らせたし、ひきつづき主演席を横取りしてスターダムに上がった。自ら'幸運'と称する程早く機会をつかんだ彼女だがすべての作品の結果が甘くはなかった。パク・ミニョンは失敗中で成長の土台になる教訓を得たという所にそれなりの意味を探した。 特に期待とは違い視聴率が振るわなかった'自鳴鼓'は彼女の演技人生のターニングポイントになったと。

"'ハイキック'以後'アイエムセム'時は俳優が何か何も分からないままノーは気持ちでとりました。監督様も新人なのにカメラの前で遊ぶのを可愛く見ましたがその後発展がなくて沈滞期が訪ねてきました。'チャミョンゴ'は私の演技ににクエスチョンマークを付けたという点で意味のある作品です。 'チャミョンゴ'をとりながら初めて'演技がこうしたことなのか'好奇心を抱いたし、偶然に会った'成均館スキャンダル'を通じて演技に対して真剣に考えることになりましたよ。"

その間絶え間ない作品活動で休むということなしに駆け付けたパク・ミニョンに休息は短い。'シティーハンター'放映終了後ハワイで休息を終えて帰ってきたパク・ミニョンは直ちにドラマ撮影に入る。彼女は後続作'光栄の才人'で難しい環境でも屈せず生きていく'クンジョンニョ'で視聴者を探す。

"事実'シティーハンター'以後休みたい考えが煙突同じでした。ところで'光栄の才人'台本を見て引かれましたよ。作家様が描く才人の感情船をよくついて行くならば'とてもなかなか良い才人が出てこないだろうか'という確信が聞きました。"

パク・ミニョンは既に受け持ってきたキャラクターと重なるがアンニャは指摘に"既存と似ているのではないか悩んだが新しいキャラクターを作り出すことができることという確信に出演を決めた"と口を開いた。

"ナナと才人、二人ともキャンディなのに食傷ぎみでないようにするなら変化に焦点を合わせなければなりません。多分3回から没頭してみれば私の違う姿を見ることができるでしょう。ナナと才人はすべてのことが違います。年齢帯似た女と同じ人ではないでしょう。職業、環境すべて違ったが同じキャラクターと受け入れられたとすれば私が不足楷書でしょう?また他のパク・ミニョンの誕生を見守って下さい。"

休息の代わりに演技を選ぶ程演技欲が格別なパク・ミニョン、まだ次期作をお目見えすることも前イ・コンマン"次には完全に緩む役割を、天気が寒くなれば新派もしてみたい"としてまた他の作品、キャラクターをいう。彼女が夢見る演技者はどんな姿であろうか。

"最大限キャラクターに没入する演技者?人々が作品が終わった後私が演技したキャラクターを見て他の俳優を思い出させないようにですね。ロールモデルは別にないがどんな作品すれば浮び上がる俳優らの長所をあまねく似ていたいです。俳優コン・ヒョジンの愛らしいということ、ハ・ジウォンのアクション演技、イ・ミスクの掌握力、ナタリー・ポートマンの根性まで。内面空白ある俳優たちの演技に刺激されて努力するつもりですよ。"

[世界日報 2011-08-13 08:38] 元記事はこちらから

ss20110813-1.jpg ss20110813-2.jpg ss20110813-3.jpg

※ソンスとの偶然(?)の出会いは運命^^
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
連続4作品..パク・ミニョン、なぜこのように上手く行くだろうか
俳優パク・ミニョンが今年10月放送されるKBS新しい水木ドラマ'光栄の才人'に女主人公で出演する予定だ。 今日放映終了するSBS 'シティーハンター'に続き再びミニシリーズの主演席を横取りした。 恐らくパク・ミニョンは'シティーハンター'鐘方以後正しくなされた余裕を楽しむ暇もなしで近い将来'光栄の才人'撮影に合流する展望だ。

パク・ミニョンの作品歩みを調べれば眩い。 去年8月、パク・ユチョン、ユ・アイン、ソン・ジュンギなどと共に出演したKBSドラマ'成均館スキャンダル'で年末'KBS演技大賞'で女優秀演技賞と人気賞などを握ったし休む間なしで映画デビュー作'猫:死を見る二つの目'撮影に突入した。 今年2月まで映画撮影にまい進した彼女はまた、直ちに'シティーハンター'に合流、イ・ミンホとともに作品の人気を牽引している。そうしたところ'シティーハンター'がまだ終わる前にすでに次期作の便りを聞かせていること。確かめてみれば去年夏から約1年間すでに 連続四個の作品にリレー出演しているわけだ。

忠武路やドラマ市場が女優飢謹に苦しめられている状況を勘案するといってもパク・ミニョンの作品歩みは驚くべきだ。 1年間にドラマと映画を行き来して主演で猛活躍していて運まで従いながら興行成績も悪くない。 ドラマ'成均館スキャンダル'は視聴率成績面で大当たりは出すことができなかったが数多くの廃人を量産して大きい話題になったし'シティーハンター'は放映期間ずっと水木ドラマ1位を守った。 次期作に予定された'光栄の才人'の場合、去年視聴率40%の大記録を使った国民ドラマ'製パン王キム・タック' PDと作家の新作という点ですでに業界では興行を確信している作品だ。

それならパク・ミニョンがこのように上手く行く理由は何か。去年'成均館スキャンダル'で演技力好評を集めた彼女は業界交渉1順位で登板した。 現在の色々な映画とドラマ側のラブコールが続いている状況. 関係者たちは"画面やスクリーンでより一層光を放つ容貌と年齢に比べて成熟した演技力を兼ね備えたのがキャスティング理由だ"と分析する。結局美しい容貌とともに同じ年頃らに比べて安定した演技力まで整えたのが彼女がこの時代最も'ホット な'俳優で浮上できた理由であること.

また他の関係者は"現在の市場でパク・ミニョンほどの演技力とセンスを整えた同じ年頃女優を探すのが大変だ"として"20代始め女優ら中演技力が検証されて興行やはりある程度保障できる人物が多くないのが事実だ"と伝えた。

[OSEN 2011-07-28 17:11] 元記事はこちらから

ss20110804-1.jpg ss20110804-2.jpg

※すごい順調ですね~、こら~ウネちゃんもうかうかしてられません(爆)。
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
ハム・ウンジョン・パク・ミニョン、本人出演映画合う?所見るように
1ヶ月差で封切りする国産恐怖映画二編が皆'ホラークイーン'格の'トップ1'女優らの公私多忙せいで困りきっている。6月9日封切りして80万観客を目前に置いている'ホワイト:呪いのメロディ'(監督キム曲・キム船)と7日封切りを前にして'猫:死を見る二つの目'(監督ビョン・スンウク)だ。

'ホワイト:呪いのメロディ'は劇中ガールグループ'ピンクドルツ'のリーダー'ウンジュ'を引き受けたハム・ウンジョン(23)が自身が属したグループ'ティアラ'の日本進出、MBC TV芸能プログラム'私たち結婚しました'出演などにより舞台挨拶を除いた広報日程をまともに消化できなかった。 このためにメディア インタビューは劇中トブルリン(高音部を代わりに呼ぶ)歌手'純例'に出てきたファンウスレ(32)がKBS 2TVドラマ'愛を信じます'日程を分けながらそれこそ'トブルリン'したし、ピンクドルツ メンバーのメイダニ(20),チンセヨン(18)等も加勢してかろうじて間に合わせた。

だが、広報のために難しくつかんでおいたいくつかの地上波芸能プログラムの場合、ハム・ウンジョンの出演が不可能になりながら自然に川を渡ってしまった。 映画広報に支障をきたしたことはもちろん芸能プログラム出演で認知度上昇を期待した新人は虚しがらなければならなかった。 その上にハム・ウンジョンが舞台挨拶に出て'ティアラ'が支援射撃に出たことは最大限の配慮だったとの評価だ。

'猫:死を見る二つの目'は問題がさらに深刻だ。 この映画は昨年KBS 2TV '成均館スキャンダル'に続き現在SBS TV 'シティーハンター'で'テレビ劇場の妖精'で席を占めたパク・ミニョン(25)の映画デビュー作でメディアの関心が集中した。 しかしパク・ミニョンの'シティーハンター'撮影スケジュールがとても窮屈で媒体インタビューが全く不可能になりながら自然に関心事の圏内から抜け出してしまった。 映画広報のための芸能プログラム出演は最初から初めから夢も見ることができなかった。 さらにパク・ミニョンは封切り初めの週末舞台要人も不透明な状況なので映画会社側を当惑させている。

'ホワイト:呪いのメロディ'の場合、ハム・ウンジョンが'トップ1'だったとしても'トップ2'のファンウスレの比重がそれほど離れていなかった。 その上俳優としてのネームバリューはファンウスレがかえって先んじるからメディアの関心度は決して低くなかった。

反面'猫:死を見る二つの目'の場合、パク・ミニョンが愛犬美容師'ソヨン'を引き受けて事件の真実を暴いた。 事実上一人で導いたわけだ。

もちろんキム・ドンウク(28)がソヨンの片思い対象である巡査'樽石'で出てきたがパク・ミニョンを後押しする役割に終わった。 また、神秘の少女キムイェロン(7)の場合、キムセロン(11)の妹という話題性はあったがとても幼い年齢と広報活動に乗り出すことは容易ではない。 結局、誰もパク・ミニョンの持分の代わりをしてくれることはできない後れを取る。

映画関係者は"出演俳優が映画が上映される中に他の分野で旺盛な活動をしてくれるのも広く見れば映画に役に立つがひとまず大衆の関心を集中させる勢力伸ばしが必要な初期には広報活動に積極的にでてくれることが映画を一緒にした同僚俳優やスタッフ、投資家らへの例の"として"去る2月韓国で最も忙しかったヒョン・ビンが映画'晩秋'封切り当時最大限多くのメディア インタビューと放送出演をしたことで教訓を得る必要がある"と指摘した。

進んで"一部俳優らの場合、作品が気に入らないと各種理由を上げて広報を忌避して、かろうじて出て行った席では広報しに出てきた出演作に対して遠慮なく不満をならべる場合まであって眉をひそめるようにする"として"本人がシナリオや監督を見る目がなかったと自省するべきで横になって唾を吐いてなるだろうか"と批判した。

一方、'猫:死を見る二つの目'を製作したファインハウスフィルムは"映画開封日が予定より1ヶ月程度前倒しになりながらパク・ミニョンのドラマ撮影と重なった"としながら"パク・ミニョンも最大限広報活動をするために努力している"としてパクミニョンをかばった。

[ニューシス 2011-07-06 15:31] 元記事はこちらから

ss20110710-5.jpg

※さっきのイノさん記事のオリジナル。「猫」公開が不本意に1ヶ月前倒しになったりミニョンちゃんも最大限広報努力しているそうで、ここ省略されたらずいぶんと印象違うんですけど~。ミニョンちゃんにキムドンウクくんも出てるなら日本で観られる日もそう遠くないかな^^
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
[パク・ミニョン]美しく見えれば良いことで偏見破ればより良いだろう
- <猫> パク・ミニョン-

<成均館スキャンダル>の男装女‘ユンヒ’が与えた青い程度ならば少なくともその余韻を少しは楽しむことができた。パク・ミニョンにはそのような余裕は好事のように見えた。直ちに恐怖映画<猫>の撮影が彼女に駆け寄った。初めての映画という期待をもう一度考える間もなしで彼女は今ドラマ<シティーハンター>の撮影で忙しい。 インタビューが終われば80人のスタッフが彼女を待っているドラマ撮影会場でまっすぐ行かなければならないといった。一つのキャラクターを撃破するような強いエネルギー.彼女は相次いだ挑戦がすぐにパク・ミニョンという固定イメージを無限変身させる解答だと確信した。<猫>とともにすでに次の映画が待たれる俳優パク・ミニョンに会った。

-初めての映画挑戦だ。

=即興的で相手のリアクションを見ながら演技するスタイルだ。 ドラマは瞬発力を要すると私に合ったと思ったし、それでドラマ側でたくさん食い込んだ。 映画をしてみると前にもっとしなければならないように見えたよ。 会社では嫌いだが(笑い),ロマンチックコメディもしてみたくてとても濃いメローもしてみたくて映像が美しい映画も残してみたい。 いつもドラマだけとって見たら余裕がなかった。 韓信韓信を最高のコンディションでとりたい。 今回その欲が出た。

-ジャンル色が強い恐怖映画に挑戦したのはちょっと意外だ。

=初めての映画だというのが象徴でずっと残ることだ。 皆“何年が過ぎても君が見たくない演技がずっと出てくるのだ”だよ。 ところで一度挑戦してみる必要があったジャンルという気がした。 なぜか前に年齢さらに取ればしないと思ったジャンルだよ。 私が上手にするのが何かもう分かるからそうした側にだけしようとしたと思ったよ。 自らをタイトに引き締める意味でもしてみるべきでしたかった。

-ジャンル特性上女性キャラクターは受動的で典型的にならざるをえない。

=ジャンルとキャラクターは相棒のように付いて回る。 ロマンチックコミック物の女がキャンディで男が王子であるように恐怖ジャンルならば弱い女が驚いてくれなければならない。 それでこそ観客も感情移入ができる。 カギはこの典型的なキャラクターをどのように自分化するかだ。 答が決まっているといって負担になったり、私は違うようにしてみるべきで、こういう考えはしなかった。 そのまま状況を楽しむならば思わずリアクションが出てくることで、それがたとえ違うところですでに見たこととしても正解だと考えた。 蹴られる私と共同作業した監督様、スタッフが作るから私の演技は確信があるようにした。 CGの力を信じている。 (笑い)

-ビョン・スンウク監督前作が<愛する時話すものなど>だ。恐怖の色が少し違う余地があるとみられる。

=監督様尋ねるとどのように恐怖映画をとられるかと思ったよ。<成均館スキャンダル>をとっている時会ったためか常套だけねじればすぐに高尚な人様だと思ったよ。そのような方が恐怖物をしようというと意外性があることだ。<よどみなくハイキック!>の笑わせた演技をしたパク・ミニョンが恐怖演技をするのも意外性だ。イ・チャンドン監督が恐怖映画製作をしたとのことも意外性だ。 <詩>きて<密陽>を製作する製作会社で恐怖映画だなんて少し知った似合うのではないか?その意外性ら、不協和音がかえって特異な作品を作ったと思った。このジャンルをよく知っている人より他の感性が出てくることも同じで。

-どうだったか。期待したとおりの効果が現れるか。

=とても簡単に見たことであった。 (笑い)普通10時間ならば後詩を取るのになんと私たちは17時間程度かかった。 監督様がそれだけディテールだから信頼できながらもとる時はちょっと大変だった。 私はその演技が合うようだが微細な差を度々つかみ出されると果たしてあれが正解だろうかと思う摩擦もあって、混乱もあった。 ドラマはまさにモニターできて監督様のディレクションが合うのかすぐ次与えれば知ることが出来る。 ところで映画は封切りの時まで待たなければならない。 確信を持つべきなのにそれが容易ではなかった。

-ユニ(<成均館スキャンダル>)があまりにも強烈なキャラクターだったが抜け出す時間もなしですぐにソヨンへ渡らなければならなかった。

=序盤にあまり荷が重かった。何の考えなしで頭を空けてこいとの注文を受けて、撮影前にパリに行ってきた。1週間、長くもなかった。半年の間とったが一週間休暇与えて今までしたことを空けてオということだ。やはり序盤にはちょっとさ迷った。毎度感じるのに以前キャラクターを捨てて他のキャラクターを着るのが容易ではない。幸いなことは<猫> 撮影がやさしくないので自ずから集中になったよ。 (笑い)

-最近スケジュールがずっとそうだ。<猫>終わるやいなやドラマ<シティーハンター>撮影を始めた。

=<猫>撮影終わったことで翌日<シティーハンター>台本リーディング行ったが、ア、私が今誰だろう.ユニだったか、ソヨンだったか。私も(<シティーハンター>)は突然明るくならなければならなくてそれでこんがらかったよ。ところで誰何かのせいにするか。私がすると決めたが。そういうのをティー出ないようにちらちらと追いつかなければならない。もちろんそのようなスケジュールを望んだのではない。最小限一ヶ月の空白は必要だ。

-撮影はどうだったか。猫を囲んだ殺人事件を暴く役割だが本人自ら閉所恐怖症という心理的トラウマがあるキャラクターであった。

=飼育だった。 (笑い)周辺に何もないセットに一日四食食事提供. ソヨンが閉所恐怖症がある設定だとセットも苦しくデザインされた。 もちろんそれが必要だった。 ところでそのような環境でとって見たら思わず精神的に憂うつになったよ。 本来明るい性格なのに確かにダウンして荒廃されたよ。 心理的にちょっと大変だった。

-<よどみなくハイキック!>’でデビューとともに注目されて引き続いたドラマ<自鳴鼓>で大衆の外面という苛酷なことも払った。<成均館スキャンダル>が演技思春期から抜け出す転換点といったが、<猫>以後今の自身はどうなのか.

=初めてちょうど駆け足した時より余裕ができた。 ところで大いに変わってはいない。 まだ演技がひもじくて新しいキャラクターもしたい。 この頃は20代半ばにも年を取るふるまうようだ。 (笑い)出た継続22才であること同じだが時間がとてもはやく流れる。 20代始めに別に活動しなかったので今は走る時間だ。 出演作DVDと台本が積もる時ごとに私が倹約するように時間を使ったんだなあと思って満たされる。

-本人が考える‘認められること’は何か.<シティーハンター>の場合、予想より低調な評価なのにそのような反応をハンドリングする余裕はできたか。

=選択から意外性があるほうだ。<猫>が意外だったように<シティーハンター>する時も皆が意外といった。ところで私はそのまま何、よく問い詰めない。したければ何でも即興的にする。ドラマはもう自ら基準ができた。キャラクターが良かったり作品がおもしろかったり二つのうち一つはなければならない。 <シティーハンター>は監督、作家に対する期待で皆引き止めるのにもしたし、私が選択した作品はそれが栄えようが違おうがさらに熱心にすることになる。

-俳優と言うなら自身の成功的イメージを保存しようとする側面も無視することはできない。ところで作品選択のパターンで見るならば毎度それを破ろうとする試みが見える。

=ずっと卵を破って出たい。本当にパク・ミニョンの姿はなんだ、するほど。限定されたイメージを作るのが商業的には良いが面白くなくなる。俳優を選択した最も大きい理由が多様なイメージを見せることができるということであった。偏見をずっと破るところでエネルギーと楽しみを感じる。<よどみなくハイキック!>の柳眉を見て<成均館スキャンダル>の、ユニを任せることにはならなかったが違う姿を見せると機会ができることだ。挑戦をするのが青春ではないのか。ジャンルを行き来して冷たい水と熱い湯を一回ずつ味わうのが結局私の演技にも役に立つ。

-そのような選択基準のために挑戦することも習得することも多い。からだが苦労だ。

=大変で死にそうだ。<シティーハンター>は本当苦労しないことと思ったが、‘アクション私も’になっている。(笑い)ところでそのまま台詞だけすることよりインパクトある場面が私をさらに熱心に仕事をできるようにしてくれる。それでも私は遠かった。ハ・ジウォン先輩は難しいことだけ尋ね歩くのではないか。この前授賞式で会ったがドレス着ているのにも運動選手だと思った。 (笑い)片方では偉かったり、片方では私がいくらしても先輩だけは下手だろうと思った。私がこういうことでは死ぬだろう、一件<成均館スキャンダル>しかなかった。先輩は何度を‘死んでこそ’したか。

-‘美しい’という基準が格別だからくることができる選択だ。

=私がそんなものかなりしないこと同じなのではないか。ところで<シティーハンター>もユ・トシンこうしたこと欲張りだ。ひらひら耳と美しく出てくるならば大変で死にそうでもする。プロが熱心にする姿は選択でなく義務と考える。俳優と言うならその役割に最善を尽くすのが義務だ。 それだけ結果を見せようとするなら努力をしなければならなくて、その努力を惜しまないと称賛を受けるべきことは違う。 それで自ら少し緩くなったと考えれば次の作品はとても大変なことを選ぶことだ。 私のキャスティング記事見て今回大変なことするよしたければ私が私を捕まえるかけたと思え。 次の作品を見れば前作をどれくらい熱心にしたのかそうでないのか知ることが出来ることだね。 (笑い)

-そのような意味で次の作品が気になる。

=この頃は私がちょっと増えるのが見えたからなのかマネジャーらも要求をたくさんする。 とても急でないならばたくさんしてみたい。 ところで大変だ。 やさしい役割にはたやすくは魅力を感じない。 刺激的なことだけ食べて見たら刺激的なのがおいしくて引くことだ。 男装演技をハニ少々タフではタフなようでもなく、王女役割をしてみると少々美しくては美しいようでなくて、恐怖映画をしていると少々涼しくては涼しさが感じられることもない。 年輪が積もるならば水が流れるように自然な演技を探すだろうが今はひとまず刺激的な挑戦をするようだ。

[cine21 2011-07-04 08:30]  元記事はこちらから

ss20110710-2.jpg ss20110710-3.jpg ss20110710-4.jpg

※ソンスから猫、そしてシティーハンターへとミニョンちゃんずっとがんばってるんだもん、その苦労が報われるといいな。
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
ハム・ウンジョン·パク・ミニョン、映画広報誠意がなく広報士泣きっ面
一ヶ月差で開封される国産ホラー映画2編が全て“ホラークィーン”の女性主人公の忙しいスケジュールのために苦労している。6月9日開封されて80万観客を目の前にしている『ホワイト: 呪いのメロディー』と7日開封を前にしている『猫: 死を見た二つの目』である。

『ホワイト: 呪いのメロディー』は劇中ガールグループ“ピンクドールズ”のリーダー“ウンジュ”を演じたハム・ウンジョンが所属グループ“ティアラ”の日本進出、MBC TV芸能プログラム『私達結婚しました』出演などにより舞台挨拶を除いた広報日程を消化し切れなかった。そのためにメディアインタビューは歌手“スンイェ”で出たファンウ・スルヘがKBS 2TVドラマ『愛を信じます』日程を切り詰めながら消化して、ピンクドールズメンバーのメイダニ、チン・セヨンなども加勢してなんとかやり遂げた。

しかし広報のためになんとか捕まえた幾つかの地上波芸能プログラムの場合、ハム・ウンジョンの出演が不可能になりながら自然になくなった。映画広報の打撃となったのはもちろん、芸能プログラム出演で認知度上昇を期待した新人達は虚脱感を味わった。なんとかハム・ウンジョンが舞台挨拶で“ティアラ”が支援に出たのは最大の配慮だったという評価だ。

『猫: 死を見た二つの目』は問題がさらに深刻だ。この映画は昨年KBS 2TV『成均館スキャンダル』に続いて現在SBS TV『シティーハンター』で“お茶の間劇場の妖精”として位置付いているパク・ミニョンの映画デビュー作として、メディアの関心が集中した。しかしパク・ミニョンの『シティーハンター』撮影スケジュールがとても忙しくマスコミインタビューが全く不可能になりながら自然と関心圏から外れてしまった。映画広報のための芸能プログラム出演は全くはじめから夢見ることもできなかった。その上パク・ミニョンは開封最初の週末舞台挨拶も不透明な状況で、映画社側は困惑している。

映画関係者は「出演俳優が映画が上映される時に他の分野で旺盛に活動するのも映画にプラスになるが、まず大衆の関心を集中させるのが必要な初期に広報活動を積極的に行うのが映画を共に製作した同僚俳優やスタッフ、投資者達への配慮」だとしながら「2月韓国で最も忙しかったヒョンビンが映画『満州』開封当時最大限に多くのメディアでインタビューと放送出演を行ったことから教訓を得る必要がある」と指摘した。

さらに「一部俳優達の場合作品が気に入らないということから様々な理由をつけて広報を避けたり、なんとか出て行った場所で広報しに出てきた出演作に対して直接的に不満をぶつけたりすることもあり、眉間にシワを作らせる」としながら「本人がシナリオや監督を見る目がなかったと考えるべきであり、仰向けに寝てつばを吐いていいのだろうか」と批判した。

[イノライフ 2011-07-09 11:23] 元記事はこちらから

ss20110710-1.jpg

※映画でプロモーションや舞台挨拶がないって致命的、ドラマを受けたら時間目一杯余力なしになるのは事前にわかることで公開時期を調整するなり何か手は打てたんじゃないのかなあ。

「シティーハンター」視聴率いいみたいだしミニョンちゃんもフクザツだ。
別窓 | [成均館]デムル寄り記事 | コメント:0 | top↑
| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。